任せきる心

2020/04/27 (月)  カテゴリー/本のご紹介

前回の記事をアップしてから、1か月以上経ちました。
絶好調のはずだった新規の仕事も、コロナの影響で軒並み延期。
さらに、6割保証されるとはいえ、今通っている事業所も自主休業中。
…ということで、収入は以前よりは減ってしまっているのですが、
こうやって記事を書く時間が取れていること、
仕事もしていないのにお金を受け取れること、
ここ数年、免疫力を強化するにはどうしたらよいのか?という興味が強く、
専門書を読み漁り、実践し続けてきたことが功を奏し、
めちゃめちゃ元気に、楽しい毎日を過ごせていることに感謝しています。

さて、今日は前回からご紹介し始めたあちらの本の続きです。

======================================

第二章 祈りの力
●出家とは何か
(略)
出家をして、仏様の子供として生まれ変わると、
もうどこへ行って、何をしていても怖くない。
反対に、大成功しても、それもまた仏様のお計らいです。
私がどこへ行って何をしていても、仏様は全部見ていらっしゃる。
そのように、すべてを仏様にお預けする、お任せすると、
生きるのが楽になって、毎日がとても楽しくなりました。
「南無観世音菩薩」「南無阿弥陀仏」「南無妙法蓮華経」……など、
お経には「南無」から始まることばをよく見ますね。
「南無」というのはサンスクリット語の「ナアム」から来てまして、
「私は身も心もあなたに任せます」という意味なんです。
何かを信じる、ということは、
何か大きな存在にすべてをまかせる、ということなのですね。
任せきる心、それが私を救ってくれたのです。

●出家まで
(略)
富士山の頂に登るのに、河口湖口とか吉田口とか、いろいろな登り口があります。
でもどこから登っても、最後は同じ頂上に着きます。
様々な宗教の違いというのは、そのようなものだと思うのです。
世界にはいろいろ宗教があります。
仏教のほかにもキリスト教、ユダヤ教、イスラム教、ヒンズー教などがあり、
仏教の中にも、いろんな宗派があります。
でも行きつく先は同じだと思うのです。
人間はなぜ生きているのか、どうすれば幸せに生きられるのか、
どう老い、どう死をむかえるべきなのか。
取り組む課題は、どの宗教もそんなに変わりありません。
(略)
先生は、
「出家したのだから、一人を慎みなさい。すべて仏様がご覧になっている」
と、言い直されたのです。
つまり、出家して、仏様の前に自分を投げ出したということは、
それ以後、どこへ行って何をしても、トイレへ行っても、何を食べていても、
仏様がご覧になっている。
陰でこそこそ悪いことはできないぞ、という教えなんです。
なんだか当り前のことに聞こえるかもしれませんが、
その後いろいろな経験をしていくうちに、
私はこれが非常に重い言葉であるということがわかりました。
私たち人間はいろいろ悪いことをしますが、
それはたいてい誰も見ていないからするのですね。
誰も見ていないと思って賄賂をもらい、誰も見ていないと思って不倫をし、
そして結局自分の悪行に足を掬われて苦しむのです。
ところが出家したり洗礼を受けたりしますと、もうそれ以後は仏や神が、
常に自分を見ているという畏れを感じるようになります。
世界中の人がそのような畏れを感じるようになれば、犯罪や戦争はなくなるはずです。
つまり「独りを慎む」というのは、仏教だけではなく、宗教の核心に触れた一言なのですね。
(略)私はそれまでもそれ以後も、いろいろな人に、
ずいぶんいろんなことを書かれたり、中傷されたりしましたけれども、
そういうことがあっても、前と違って私は少しも動揺しませんでした。
私は独りを慎んでいる。
わからない人がいても、それは相手が悪いのであって、自分は悪くない。
仏様がすべてを見ていてくださる。
そういう確信を持てたことで、私は何にも揺るがない境地を手に入れたのです。

======================================

まず、前半。
著者は出家をしておられるので、ベースは仏教になっていますが、
これは、何の宗教を信仰していても、全く同じことが言えると思います。

ここで大切なことは、
「すべてを仏様にお預けする、お任せすると、
 生きるのが楽になって、毎日がとても楽しくなりました」
「何かを信じる、ということは、
 何か大きな存在にすべてをまかせる、ということ」
の2つ。

日本人にとっては、「お天道様」が一番身近な観念でしょうか。
あるいは、「八百万の神」かもしれませんね。
まあ、なんでもいいんです。
つまり、「サムシンググレート」に全てお任せすることができるようになれば、
生きることが楽になり、毎日が幸せで満たされるということ。
これは、真実です。
というのも、実は私が今、こういう心境でここ数年生きており、
実際に、このような毎日を過ごせているからです。
「長生きしたい」「早く死にたい」とも思わず、
「死ぬときは死ぬでしょう。だからそれまでは、精一杯生き切る」ことを大切に、
毎日を粛々と、しかし楽しみながら生きています。

そして後半。
最初に、宗教の究極の目的について書かれています。
それは「人間はなぜ生きているのか、どうすれば幸せに生きられるのか、
どう老い、どう死をむかえるべきなのか」ということ。
この点を真剣に、真摯に向き合い考え続けることが、宗教の目的なのでしょう。

そして、その後に書かれていることにも、共感しました。
というのも、私が在蘭中、このブログを書いているとき、
私はオランダの日本人社会で、相当の「悪妻」として面白可笑しく、
駐在妻たちの話のネタにされていたらしいのです。
(誰が言い出しっぺなのかは、もちろん知っています)
今となっては、駐在妻たちのストレスのはけ口として利用されたことは、
正直、嬉しいことではないですが、その言い出しっぺの人も、
夫さんに対しても、日常生活においても、相当のストレスを抱えていた
可愛そうな人だったんだろうな…、と同情できるようになりました。(笑)

当時も今も、著者が書いているように、
「わからない人がいても、それは相手が悪いのであって、自分は悪くない。
 仏様がすべてを見ていてくださる」という思いで過ごしている私。
この地上のすべての人間が、本当の私を知らず、真実を知らず、
私のことを誤解したとしても、真実を見ていて下さる方がおられる!と思えたことは、
本当に私を強く、しっかりと支えるものとなりました。

そして、今、本当に毎日が輝き、楽しく、幸せで満たされています。
私の周りには「ピンチはチャンス!」と、とっても前向きな人ばかりが集まっています。
「これで世界中の価値観がガラッと変わる」
「これまでの価値観ややり方を通そうとすると、絶対に潰れる」
「ここで何を絞り出せるのかによって、この先が決まる」
…ということを、皆言っています。
企業のサバイバルだけではありません。「個人」が生き残れるかどうか。
必要とされる人となるために、今自分が持てるすべての力を出し切り、
自分がどう生きるべきか、真剣に考えるチャンスがやってきたのです。
私を含め、私の周りにいる人たちは、次の夢に向かって全力で走りだしています。
そして、みんなワクワクしています♪
コロナに対する不安で毎日を満たすのか、輝く未来を見据えて毎日を楽しむのか。
選ぶのは、あなた自身です。




~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん


                    ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
                    オランダ発の商品ですよ~♪

誰も死からは逃れられない

2020/03/15 (日)  カテゴリー/本のご紹介

大変ご無沙汰しております。
皆様、如何お過ごしでしょうか?

日本もコロナウィルスの影響が大きいのですが、
ヨーロッパ、とくに私の親友が暮らしているイタリア北部では、
大変な状況になっており、心配しております。
1日も早く、この状態が収束しますように…。

私の近況をお話しすると、毎日元気に楽しくお仕事をさせて頂いています。
たくさんの笑顔と喜び、そして自身の成長を感じながら、
1日1日を丁寧に、「当たり前のこと」が実は「当たり前」ではなく、
とても感謝すべきことである…と肝に銘じながら、生きております。

さて、今日は久しぶりに本のご紹介をしたいと思います。
今日ご紹介するのは、こちら。

老いを照らす (朝日文庫) [ 瀬戸内寂聴 ]


皆様もよくご存じの、瀬戸内寂聴さんのご本です。
今日はこちらの中から、印象的だった箇所をご紹介したいと思います。

====================================

第一章 老いと向き合う
●誰も死からは逃れられない
(略)
ここで、みなさんに死なない秘訣を教えて差し上げます。
それは死んでもいい、と思いなさい、ということ。
その代わり、今日したいことは今日しなさい。
いつ死んでも悔いのないように、充実した生活を送っていると、死は遠ざかります。
何もしないで死にたくないとだけ思いつめていると、死ぬんです。
お釈迦さまも、こうおっしゃっています。
「過去を追うな、未来を願うな。
 過去は過ぎ去ったものであり、未来はまだ到っていない。
 今なすべきことを努力してなせ」(中部経典)
「いま」というときは二度と訪れません。
過ぎ去ってしまった過去よりも、どうなるかわからない未来よりも、
はるかに切実で大切なのが、この「いま」です。
いまを全力で生きること。
これが大事だという教えです。

●美しく老いるとは?
一口に「美しく老いる」「美しく死ぬ」と言っても、
何をもって「美しい」とするのでしょうか?
それはたぶん人それぞれに違うのでしょう。違って当り前です。
人はみなそれぞれ違うのですから。
ただ、これだけは言えます。
老い方、死に方にはその人の哲学、全人格が現れる。
そしてそのような哲学、人格から見て無理のない、自然な老いや死を迎えた人、
老いや死を自分なりのやり方で受け入れた人、
死のその瞬間まで存分に生ききった人には、ある美しさが宿るのだと。
(略)

====================================

まず、前半から。
ここでは、「マインドフルネス」に通じる教えが書かれていますね。
「いま、ここ」を如何に大切に丁寧に生きるか。
それが、幸せに直結した生き方になるということを、
私は自身の経験から学びました。

過去を悔やむのでもなく、未来を憂うのでもなく、
ただ全力で「いま」を生き切ること。
それが、「死」に対する恐怖を遠ざけ、健康を手に入れる秘訣なのです。

正直、今の私は「いつ死んでもいい」と思って生きています。
それは、この世を憂いて、投げやりな思いからの言葉ではなく、
いまが充実しており、毎日が幸せで満たされているからこそ、
「今死んだところで、何も後悔することがない」から。

そして、後半。
ここでは、「老い方、死に方にはその人の哲学、全人格が現れる」という一文が、
とても印象に残りました。

私は今秋、いよいよ五十路に突入します。
これまでほとんど出て来なかった白髪も、少し見かけるようになりました。
体調は以前よりも随分良くなっていますが、顔の老化は止められず。(笑)

でも、「女」として勝負する気もないですし、老化に抗おうとも思いません。
所詮、人間は動物ですから、肉体は老いて当たり前。
それにいくら抵抗したところで、ストレスが溜まるだけでしょう。
なので私は、気持ちよく「老い」を受け入れています。
だから、不安も焦りもなく、毎日穏やかに暮らしています。

外見や肉体的な老いはそのまま受け入れはしますが、
人としての内面・人格は、老いないというか、
さらに成長し、磨きをかけて、
素敵なおばあちゃんになれるよう努力しています。
そして、「美しい死に方」ができるよう、
毎日を丁寧に、幸せいっぱいで生きていきたいと願っています。




更新の励みになりますので、応援クリックお願い致します!
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓          
   にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ     
  オランダやヨーロッパ情報ブログのランキングです♪


失敗からどう学ぶかで運は変わる

2020/01/15 (水)  カテゴリー/本のご紹介

本当に久しぶりの「記事更新」になります。(汗)
今日は、前々回の続きをば。

=================================

第8章 失敗からどう学ぶかで運は変わる
●やり残したことが、あなたの運を奪う
(略)
本来、未解決の重要な問題や未完の仕事に関することというのは、
そう簡単には頭から消え去らないようにできていて、
いわゆる偉大な発明家や、科学者、数学者といった
直感やひらめきを大切にしている人たちは特にその傾向が強い。
ところが私たち凡人は、いつの間にかその大切なことを忘れてしまうことが多い。
それには理由があって、凡人は日常のささいな問題だとか
やり残した仕事のことが気になって頭に残り、
それよりも重要なことが追い出されてしまうのです。
人は直近に問題があると、
未来のことをあまり考えられなくなってしまう性質があります。
(略)

第9章 恋愛運と金銭運の真実、そっと教えます
●選択肢を絞ると運がよくなる
(略)
賢いお金の使い道について私がいつも考えているのは、
自分の人生にとって、大事なことを決めておくということ。
私にとってのそれは、本と猫、そしていつか出会うであろう将来の妻。
この3つのためであればいくらでもお金を使おうと思っていますが、
それ以外の関係ないものに対してお金は使いません。
人間は選択肢が多ければ多いほど不幸になるという
「選択肢のパラドックス」があるからです。
選ぶことに時間がかかって疲れてしまったり、選び終わったとしても
他の選択肢を捨てることにストレスを感じてしまうのです。
(略)
迷えば迷うほど、人は自制心が働かなくなり、欲求に負けやすくなる。
つまりは運が悪くなっていくのです。

=================================

さて、令和2年最初の記事。
内容をご覧になり、どのようにお感じになったでしょうか?

まず、前半部分。
これは、私自身が実際に経験していることなので、
如何に真実を突いているのか、よくわかります。
もちろん、私は「凡人」です。(笑)

「未解決の重要な問題」「未完の仕事に関すること」など、
本来、頭から離したくても離れないはずの大問題を簡単にあっちにやってしまい、
正直、「大したことではない」と言っても過言ではない「日常のささいな問題」に、
自分がほぼ全力でフォーカスしてしまいがちなのです。

だから、私たちがすべきことは、
こういった「些細な問題」はさっさとやっつけてしまって、
本来、自分が全力で向き合うべき問題ときちんと対峙すること。
そうしなければ、限りある人生を浪費してしまいかねないのです。

そして、後半。
年末年始で、散財してしまった方もきっと多いでしょうから、
こういったネタも良かったのでは?

ここでも、大変参考になることが書かれています。
それは、「人生で何に対してお金を使うのか」の優先順位をつけておくということ。
「あるから使って、何が悪い!」という考えの方には、必要なことでしょう。
お金を使うにも、メリハリというものは大切なのです。

人間は選択肢が多ければ多いほど不幸になるという
「選択肢のパラドックス」がある……と書かれています。
これ、一見幸せで楽しい状態だと思いがちなのですが、
必ずしもそういった場合にのみ当てはまるわけではなく、
自分の治療方針の選択肢が多過ぎた場合を想定してみて下さい。
どうでしょう? どの治療方針にするのか、医師から一任されたとしましょう。
選択肢があまりにも多い…ことは、必ずしも幸せだとは言えないかもしれません。

ここで有名な「プロスペクト理論」を登場させましょう。
ビジネス書によく登場する理論なので、ご存じの方も多いと思います。
簡単に言えば「人は得をするよりも、 損する方に敏感に反応 する」というもの。
つまり、選択肢が多過ぎると、その中から自分が選択したものが、
果たして「最善」のものだったのか、迷いや不安がたくさん生じてしまうわけです。

私はここ数年、情報デトックスに取り組み、人生での迷いが激減しました。
自ら選択肢を減らす生活を選び、実践している私。
確かに、運が良くなったような気がします!(笑)

これにて、こちらの本のご紹介は終わりです。



~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん


明けましておめでとうございます

2020/01/01 (水)  カテゴリー/未分類

皆さま、明けましておめでとうございます!!
素敵な年始をお迎えでしょうか?

相当放置しているこのブログですが、
毎日が楽しくて幸せで、なかなか更新できておりません。
ごめんなさいね~。🙇
9381.png

毎日があまりにも楽しくて、なかなかブログを更新せず、
日々の幸せに埋没しておりますが、生きております!(笑)

とうとう、令和2年の幕が開きました!
今年は、東京オリンピックの年。
日本が世界中から「良い」意味でも「悪い」意味でも、
注目される1年となるのでしょうね。

昨年は、私にとって本当に素晴らしい1年になりました。
言ってみれば、“人生で最高に幸せな1年”でした。
とはいえ、今年も“人生で最高な1年”になるように、頑張ります!!
こうして毎年毎年、“人生で最高の1年”を積み重ねていった先には、
めちゃめちゃ幸せな人生が完成しそうで、ワクワクします♪

令和2年が、皆様にとっても私にとっても、輝ける1年となりますように。
本年も宜しくお願い致します。




更新の励みになりますので、応援クリックお願い致します!
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓          
   にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ     
  オランダやヨーロッパ情報ブログのランキングです♪


ニュース番組を見ると運が悪くなる

2019/10/20 (日)  カテゴリー/本のご紹介

随分、間が空いてしまいました。(汗)
あまりにも毎日が幸せで楽しく、やりたいことがたくさんありすぎて、
ブログを書くために時間を割くのが、ちょっと億劫な今日この頃。(笑)
「書きたい!」との気が向いたとき、書いていこうと思います。

さて、今日からご紹介するのは、こちら。

ネガティブな人ほど運がいい! ?


ご存じ、メンタリスト DaiGo氏の著書です。
真剣に読む…というよりは、気楽に読めると思って借りた1冊。
タイトルが、なかなか興味深いでしょ?(笑)
この本の中から、印象的だったところをご紹介しましょう。

====================================

第4章 「運がいい人」がやっている意外な習慣
●ニュース番組を見ると運が悪くなる
(略)
人間は、(略)物事のネガティブな面に目を向けがちなので、
起きた出来事を必要以上に悪く見てしまう傾向があります。
運を悪くしたくなければ、普段から目や耳に入る
ネットやマスメディアの情報には気をつけたいものですが、
そもそもどうして、見ているだけで気持ちが暗くなるようなニュースを
好んでテレビ局は流すのか不思議に思ったことはありませんか。
(略)
これには理由があります。
ネガティブなニュースを見た後は、「恐怖管理理論」と言って
その恐怖から逃れるために人間は気晴らしをしようとします。
その気晴らしが「買い物」なのです。
だから、テレビ局は殺人事件の後にCMを流すわけです。
そうすると視聴者の反応も高まるから商品も売れるわけですね。
ですから、殺人や自殺のニュースもそのまま惰性で見続けているような人は、
ウェルテル効果によって自分の人生に悪影響を及ぼしていることに
気づいたほうがいいでしょう。
(略)


第5章 他人から上手に「運」をもらう方法
●「もってる人」はこれを強く信じる
(略)
NBAのバスケットボールリーグの選手を調べた実験など面白くて、
いわゆるスター選手と、そうではない選手の違いを調べると、
実は違いはひとつしかないということがわかりました。
それはなにかというと、彼らがなにかを強烈に信じているか
そうでないかという結論に落ち着くのです。
だからトップのスター選手というのは、
宗教にズッポリとはまった信仰心の厚い人か、
強烈なエゴの持ち主かのどちらかなのです。
言い換えれば、神を強く信じるか
自分を強く信じている人が成功しているということです。
(略)

====================================

まず、前半のパート。
私自身、マスコミ系で仕事をしていた時期があるため、
この話が如何に真実か、本当によくわかります。
特に、オランダ生活を終えて帰国した頃から現在に至るまで、
テレビ番組の劣化はひどいと感じています。
ということもあり、ここ数年、私の生活からテレビを排除しました。
先日の台風のニュースも、ラジオでは聴いていますが、
実際に「動画」という形で目にすることはしていません。敢えて。

ネガティブな情報を取り込まないように、精神を乱さないように、
日々気を付けて生きるようにしています。
自分の益となる情報だけをテレビから取り込むのは、至難の業。
だから、自分に悪影響を及ぼしそうな情報を回避するため、
「情報デトックス」を続けています。
皆さんも、マスコミの餌食にならないよう、気を付けて暮らしてくださいね。

そして、後半。
この事実、面白いですよね。
自分自身に「強烈な自信」を持てているか、
あるいは、「熱い信仰心」を持っている人が、
「スター選手」になり得ている。

とにもかくにも、何かを強く信頼できている人が、
メンタル的にも強さを発揮できるのではないかと推察します。
皆さんは、如何でしょうか。

次回も、こちらの本からのご紹介です。




~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん