鉢呂元経産相とひど過ぎるマスコミ

2011/09/13 (火)  カテゴリー/マスコミ問題

先日、『日本のテレビは、残念ながら信用出来ない…』というタイトルで、
今のマスコミの現状を憂う記事を書きました。
そしてその際、取材記者の態度がひどい、横柄だということをお話しました。

つい先日、誕生したばかりの野田内閣から、辞任に追い込まれたのが鉢呂元経産相。
海外にお住まいの日本人の方は、ひょっとしたら断片的な情報しかご存じないのでは?と、
今日は、この辞任劇に関する情報を色々とご紹介したいと思っています。

まずは、辞任に追い込まれるきっかけとなった発言に付いて。
鉢呂元経産相の記者会見の様子をご覧下さい。




こちらは、ニュース動画です。




皆さんは、鉢呂元経産相の「死のまち」という表現について、
どのような印象をお持ちでしょうか?
もし私が誰もいないあの被災現場に立ったなら、
鉢呂元経産相と同じように、“死のまち”という印象を持ったのではないかと思います。
確かに、私のような一般人の発言と、経産相という立場の人の発言を、
同じ土俵で比べることは間違っていると思います。
そういった意味で言えば、鉢呂元経産相は“大臣”としての自覚が足りなかったのでは?と
言われても仕方がないと思います。
ただ、記者会見での様子を見ている限り、原稿を棒読みしているわけでもなく、
自分自身の言葉で発言しているようですし、私は悪い印象は持ちませんでした。
それよりも、2本目にご紹介したニュースでの、自民党の大島副総裁の、
「野田総理の任命者責任について、予算委員会での説明を強く求めていく」という発言の方が、
私には、とても気になりました。予算委員会では、予算審議をして頂きたいと思うのです。
野田総理の任命者責任を追及することで、無駄な時間を使ってもらいたくありません。


そして、最終的に鉢呂元経産相を辞任に追い込んだ問題。
福島の視察を終え、帰宅した鉢呂元経産相が議員宿舎前で記者たちに、
「放射能、つけちゃうぞ」と冗談を言ったらしいということなのですが、
もしこれが事実だとすれば、確かに“軽率”であると言わざるを得ず、
福島の被災者の方々からすれば、本当に腹立たしいことだろうと思います。
ただ、この発言についての報道は、「放射能、つけちゃうぞ」という表現に統一されておらず、
各社バラバラの表現になっていることから考えると、
この発言自体、公式会見ではなくオフレコの場所での発言でもあり、
音声証拠は残っていないのでは?とも思われます。真偽のほどはわかりません。

で、私が一番腹が立ったのが、鉢呂元経産相の辞任会見での記者の発言。
恐らく皆さんも、不愉快に思われるでしょう。

記者はなぜそんなに偉いのか 大臣辞任会見「ヤクザ質問」の一部始終  ※リンク

あまりにも品が無く、マスコミの質がどんどん低下してしまっていることを、
嘆かずにはいられません。これが日本の現状なのです。



今回の辞任劇に関する記事を色々と集めています。
一方的なマスコミの報道に左右されず、色々な意見を知ることも大切なので、
今回ご紹介させて頂きます。興味のある方は、是非ご覧下さい。

鉢呂経産相辞任 記者クラブに言葉狩りされて

鉢呂経産相が福島原発周辺を「死の街」と言ったのは正しい

鉢呂前経産相「うつす発言」の真相と政治の貧困

・マスコミの単純反射メカニズムが作り上げた鉢呂発言問題の顛末

【言葉狩り】マスコミの政治介入が日本を滅ぼす







~~いつも応援、有難うございます!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 ブログランキング・にほんブログ村へ ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん!  ※どちらも別窓で開きます

日本のマスコミ問題 (N○K編 その1)

2012/03/26 (月)  カテゴリー/マスコミ問題

さて、このブログでこれまで何度か、
「日本のマスコミは信用できない」とか、
「日本のマスコミは、既に機能していません」とか、
マスコミについて、少し触れたことがあります。

私がどうしてマスコミに対して不信感を抱いたのか?
そのきっかけについては、以前こちらの記事でお話しました。
あまりにも、最近のマスコミについて納得がいかないので、
色々と調べてみると、「なるほど~。そういうことだったのか!」と、
理由がわかってきたので、これから数回に分けてご紹介したいと思います。

帰国後、私がネットを見ていて、「え!?」と思ったのが、
マスコミを、『マスゴミ』という表現を使っている人が多いこと。
皆さんはこの事実、ご存知でしょうか?
実はこの『マスゴミ』という、強烈な印象を与える言葉は、
マスメディアを批判的に扱う際に用いられる蔑称なのですが、
どうやらインターネットを通じて、普及したようです。
(1966年には、『マスゴミ』という表現が登場するようです)

マスコミに対して何の不信感も抱いていなかった帰国直後の私には、
この『マスゴミ』という表現は、一般の人たちが使っているのではなく、
一部の偏った考えの人たちが敢えて使う、一種軽蔑すべき言葉に映りました。
しかし、様々なことを調べていくうちに、この『マスゴミ』という言葉は、
ごく普通の一般の方々が、至極当たり前に使っている言葉であり、
また、「マスコミ」が『マスゴミ』といわれる理由についても、わかってきました。

ということで今日から、日本のマスコミの成り立ち(歴史)について、
少しお話をしたいと思います。
まずは、テレビメディアを代表する公共放送・N○Kについて…。

皆さんは、「N○Kは公共放送だから、嘘や偏向放送なんてあり得ない」と、
思っておられるのではないでしょうか? 私はずっと、そう思っていました。
N○Kで放送される番組に対して、絶大な信頼を持っていました。

N○Kは1950年に、放送法に基づく特殊法人として誕生しました。
ちなみに放送法『第1章 総則』には、以下のように定義されています。
1. 放送が国民に最大限に普及されて、
   その効用をもたらすことを保障すること。
2. 放送の不偏不党、真実及び自律を保障することによつて、
   放送による表現の自由を確保すること。
3. 放送に携わる者の職責を明らかにすることによつて、
   放送が健全な民主主義の発達に資するようにすること。
また、『第2章 放送番組の編集等に関する通則』には、
1. 公安及び善良な風俗を害しないこと。
2. 政治的に公平であること。
3. 報道は事実をまげないですること。
4. 意見が対立している問題については、
   できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。
と、規定されています。

私が在蘭中、ある番組をきっかけに、
「N○Kは、放送法を守っていないのではないか?」と、
大変多くの方々が声を上げられたのですが、それについては、
また別の機会に、詳しくお話したいと思います。

さて、「N○K」という通称は、1946年3月4日から始まったのですが、
GHQ管轄下の民間情報教育局と演芸部部長ら日本人スタッフとの
検討の結果、決められたということをご存知でしょうか?
実はN○Kは、GHQの影響を強く受けているんですよ。
(GHQについても、いずれ詳しくお話したいと思います)

さて、このN○Kが、GHQの占領政策の一環として放送し始めたのが、
「眞相はかうだ」というラジオ番組。
1945年12月9日から、10回に亘って放送されたのですが、
Wikipediaによりますと、「満州事変から終戦に至るまで、
軍国主義者の犯罪や国民を裏切った人々を白日の下に、偽りない事実を、
などという論評で、叙情的な音楽や音響効果音を駆使しながら、
ドキュメンタリー形式を装ったドラマ仕立てにされた番組」だったそうです。

脚本は日本人ではなく、GHQの民間情報教育局ラジオ課が担当したのですが、
この事実が隠されていたために、手紙や電話がN○Kに殺到したそうです。
もちろんそれらは、抗議や非難など、批判的な内容ばかりでしたが、
占領下でしたので、そういった事実は報道されませんでした。

つまり、先ほどご紹介した放送法「放送の不偏不党、真実及び自律を
保障することによつて、 放送による表現の自由を確保する」
「報道は事実をまげないでする」に反しているのは明らか。
しかし残念なことにこういった流れは、N○Kのみならず、
現在も脈々とマスコミ各社に受け継がれているのです。

Wikipediaによりますと、『眞相はかうだ』というラジオ番組は、
『太平洋戦争史』を劇化したもので、これらGHQによるプロパガンダは
「各層の日本人に、彼らの敗北と戦争に対する罪
 現在及び将来の苦難と窮乏に対する軍国主義者の責任
 連合国の軍事占領の理由と目的を、周知徹底せしめること
を眼目として開始され、「大東亜戦争」という言葉の抹殺、
及びそれに代る「太平洋戦争」という言葉の導入によって
それが持つ意味、価値観が入れ替えられることとなった
…とあります。

北海道岩見沢市で敗戦を迎えた東工大名誉教授、芳賀綏氏は、
「とにかく終戦時の日本は間違っていたというキャンペーンばかりで、
 GHQがやらせていることはすぐに分かった。
 戦場から帰った人も実感した戦争とあまりにも違う荒唐無稽な番組
 思っただろう」とこの番組について以前お話されていたのですが、
真実の中に、虚偽等々が巧妙に織り交ぜられた番組の思想は、
ラジオコードなど、GHQの指令によって言語統制されていた事情もあり、
それがまるで事実であるかのように、次第に国民の間に浸透していったのです。

今日本を覆い尽くしている“自虐史観”は、
純粋に、真実のみに基づいた歴史認識によるものではなく、
GHQによって歪曲されたり、GHQの都合の良いように作られた価値観が、
その根底にあるといえるのではないでしょうか?


GHQ作成の情報操作書「真相箱」の呪縛を解く―戦後日本人の歴史観はこうして歪められた(小学館文庫)



閉された言語空間―占領軍の検閲と戦後日本 (文春文庫)



次回はいよいよ、現在のN○Kの問題についてお話します。

<<続く>>





いつも応援、有難うございます!
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 ブログランキング・にほんブログ村へ ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん!  ※どちらも別窓で開きます


日本のマスコミ問題 (N○K編 その2)

2012/03/28 (水)  カテゴリー/マスコミ問題

さて一昨日は、戦後すぐ、N○Kが放送していたある番組についてお話しました。
あまりにも歴史を遡ったので、読者の皆様はピンと来なかったかもしれませんね。
今日は、それほど昔のお話ではなく、2009年の出来事についてお話します。

2009年4月、NHKスペシャル シリーズ 「JAPANデビュー」の放送が始まり、
その第1回目は、『アジアの“一等国”』というサブタイトルで、
日本統治時代の台湾について、放送されたそうです。
私は当時オランダにいましたので、この番組は知りませんでした。

実はこの放送が、とても大きな問題に発展したのです。



私はつい最近まで、このような訴訟が起こされていることを知りませんでした。
この集団訴訟の原告は、台湾人の方々を含めて1万300名以上だとか。
皆様はご存知だったでしょうか?
 <<参考記事>>
   視聴者から集団訴訟された反日N○Kの赤っ恥 ※ リンク

私はこれほど大きな問題になった番組を、敢えて見る必要は無いと考え、
未だに番組自体を見たことはありません。
問題の番組をご覧になりたい方は、こちらからどうぞ。
動画の下のコメント欄も、是非チェックして下さいね。

この問題については、当時、テレビではほとんど取り上げられなかったようですが、
地上波テレビ放送ではじめて、このブログでお馴染みのテレビ番組、
「たかじんのそこまで言って委員会」で取り上げられたそうです。
政治評論家の三宅久之氏が色々とお話下さっておりますので、
こちらを是非ご覧下さい。


さらに、この番組の問題点について、
安倍元首相がお話になっている動画がありましたので、ご紹介しておきます。
ちょっと長いですが、是非ご覧下さい。



この動画の中で安倍元首相は、当時問題となっていた番組が、
私が一昨日の記事でご紹介した「放送法」に抵触している可能性があると、
指摘していらっしゃいます。


また、ジャーナリストの櫻井よしこ氏と台湾出身の評論家である金美齢氏が、
この問題について語っておられる動画も、ご紹介しておきます。
こちらも是非、ご覧下さい。




この時もそうでしたが、現在もN○Kに対する抗議デモは、
全国各地で行われているのですが、テレビでは全く報道されていません。
当時どのくらいのデモが行われていたのか、気になる方はこちらをご覧下さい。

前回の記事をお読みになった方は、当時のN○Kが、
真実の中に虚偽を織り交ぜた放送を行っていたことについて、
「そりゃ、仕方ないでしょ。戦後すぐだし、GHQの占領下にあったんだから…」
と思われたかもしれません。
しかし、今日の記事をご覧になって、どうお感じになられたでしょうか?
60年以上経った今でも、N○Kは相変わらず、
真実の中に虚偽を織り交ぜた放送を行っていると、思われたのではないでしょうか。

実は昨年の震災についての報道も含め、最近でもN○Kの偏向放送については、
色々と問題になっているので、そのあたりについては、また次回ご紹介します。





いつも応援、有難うございます!
「この記事、たくさんの人に見てもらえると良いわね!」と思って下さった方は、
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 ブログランキング・にほんブログ村へ ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん!  ※どちらも別窓で開きます


日本のマスコミ問題 (N○K編 最終回)

2012/04/06 (金)  カテゴリー/マスコミ問題

さて今日は、いよいよN○Kについてのお話、最終回です。
前回は、日本国内のみならず、台湾の方々もひとつになって、
N○Kに対する抗議運動が大きな流れになったというお話でした。

前回お話したのは、2009年の出来事だったのですが、
実は震災報道も含め、現在もN○Kに対する不信感が大きくなっています。
そこで今日は、最近問題視されていることを、ザ~ッとご紹介します。

まずは、震災関連から。
震災から1年経ち、N○Kで放送された番組について書かれた、
大変興味深い記事がありましたので、ご紹介します。
・ N○K震災報道への疑義   ※ リンク
また、震災報道について、N○Kのみならず、
報道全般について、興味深いリサーチ結果がありますので、
ご紹介しておきます。 ⇒ 記事はこちら

そして、最も問題だと思ったのが、「東日本大震災追悼式典」に、
ご体調のお悪い中、強いお覚悟を持って出席された天皇陛下のお言葉を、
民放を含め、生中継以外の番組において、一部カットして放送したということ。
これには、本当に多くの方々が憤っているのです。
写真も載っている、大変わかりやすい記事をご紹介しておきます。
・ 天皇陛下とローマ法王の脱原発発言
・ 「原発・放射能 お言葉カット」 脱原発デモでN○Kに抗議
・ 国民の敵に成り下がったN○Kはなぜ、
  天皇の3.11メッセージを恣意的に編集したのか 
(ブログ記事)
マスコミネタではないですが、おまけでこちら ↓ も是非。
・ 野田政権「東日本大震災一周年追悼式典」での不手際・不敬

電力会社とマスコミ(もちろん、政・官も)が癒着していることは、
皆様既にお気付きだとは思いますが、震災以降、
(原発擁護と受け取れる)テレビ局各社が流す偏向報道には、辟易しています。
※現在も、一昨年の猛暑のときに使われた電力量(節電不要時)と、
 今夏供給が予想される電力量を比較して、
 「このままだと、○%の電力量が足りません!」というように、
 原発を再稼動しないと、大変なことになると思わせるような、
 視聴者の不安を煽る放送が行われることもあります。。(涙)
マスコミには「経済優先ではなく、人命優先」との姿勢を見せて欲しいのですが。
(政府のあまりに性急な原発再稼動への動きに対して、
 橋下大阪市長が強い姿勢で批判を行っていることもあってか、
 各テレビ局は、ようやく批判的なコメントも増えてきましたが…)

さて、N○Kに話を戻しましょう。
最近特に話題になっているのが、今年の大河ドラマ『平清盛』。
放送開始前から、当時の皇室(天皇家)を、
「朝廷」とは表現せず「王家」と表現することについて、
否定的な声がたくさん上がっていたのですが、現在視聴率も低迷中。
是非こちらのニュース記事をご覧下さい。何が問題なのかお分かり頂けます。
・ N○K大河「平清盛」に疑問の声
・ 「平清盛」視聴率12・6% 今年ワーストを更新 (ブログ記事)
ちなみに最新の放送回の視聴率は… ⇒ こちら
また、制作費についても触れられているこちらの記事も分かりやすいので、
ご紹介しておきます。 ⇒ 記事はこちら (ブログ記事 ☆コメント欄も必見!)

N○Kについて、ほとんどの方がご存じない、大変わかりやすい記事を、
以下にご紹介しておきますので、是非ご覧下さい。
全く知らなかったことが次々と明かされていき、本当に衝撃の内容です。(汗)
是非、全ての記事をご覧頂ければと思います。  ※それぞれリンク
・ 【必読】 その1
・ 【必読】 その2

今ご紹介した2つの記事を読んで頂ければ、N○Kにおける問題について、
相当ご理解頂けたかと思いますが、最後に1つ動画をご紹介しておきます。



<<解説>>
 フリージャーナリスト神保哲生が指名された直後、
 N○Kは中継を打ち切りスタジオでの解説を始めた。
 その放送されなかった部分を字幕付きで編集しました。
 

皆さんは、N○Kについてこれまで持っていたイメージを、
変えられたのではないでしょうか?
唯一信頼出来ると思っていたN○Kですら、こんな状態です。
民放は、言わずもがな。日本のマスコミは、もう信用出来ません。

これまでN○Kを取り上げてきましたが、今後は民放や新聞についても、
それぞれの問題点について、ご紹介したいと思っております。





いつも応援、有難うございます!
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 ブログランキング・にほんブログ村へ ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん!  ※どちらも別窓で開きます

電報サービス VERY CARD

日本のマスコミ問題 (フ○テレビ編 その1)

2012/04/14 (土)  カテゴリー/マスコミ問題

さて、これまで日本のマスコミ問題については、
公共放送であるN○Kに関することをお話してきました。
今日から、また数回に亘って、今度は民放局である
フ○テレビに関する問題について、お話したいと思います。

フ○テレビに関する問題には、色々な種類のものがあるのですが、
今回は、フィギュアスケートについての問題をご紹介します。
まずは、こちらの記事をご覧下さい。

==============================


フィギュアスケート世界選手権。

本来は東京開催だったけれど、震災の影響で開催不能に。
そのため、1ヶ月遅れでロシアでの開催となった。

この世界選手権で、代替開催国となったロシアは、
わずか1ヶ月という準備期間にも関わらず、
あらゆる面で日本に多大な配慮をしてくれている。

自国開催を楽しみにしていた日本国民がテレビで中継を楽しめるようにと、
日本時間のゴールデンタイムに合わせて開会。
開会式では日本を、被災地を応援する演出。
そしてフィナーレでは、日本選手を中心に、
日の丸を描いて各国の選手が輪になって、日本を励ますパフォーマンス。

選手たちも、随所に日本へのメッセージを伝えてくれた。
アモディオ選手は、減点対象となるボーカル入りの曲をあえて使用。
「これは日本の人たちへのささやかな歌のプレゼントだ」と。

たくさんの選手たちが、応援席の観客が、日本への応援をくれた。
エキシビションに祈りを込めた選手たちもいた。

そして、グランドフィナーレ。
ロシアのフィギュアスケート連盟から、日本への詩のメッセージが送られた。
全文をネットで見ることができる。


----------------

『日本にささげる詩』

地球がいたみでうめき声を発した
自然の強さに全世界がショックをうけ
あらゆるものを水は深海に流した

しかし 何があっても太陽は東から昇る
地震と津波は光には勝てない

我々の神様が
地球の皆の命を保ってくれることを祈る

桜が咲く公園はたくさんあることを
白樺が咲く公園はたくさんあることを
鳥が春の歌を歌えることを
旗が勝利の祝いで挙げられることを祈る

子供たちが大人たちへと願う
友の皆さん 手をつないで

われわれがこの地球において
ひとつの家族になっていることを忘れないでほしい

----------------

ところが。
ロシアからの、こんな温かなメッセージは、
しかしほとんどの日本国民には届いていない。

独占中継したフ○テレビは、このメッセージを放送しなかった。

時間切れじゃない。
そもそも、ロシアがせっかくゴールデンタイムに合わせて
開催してくれているのに。
フ○テレビの放送は、19時から始まって、
最初の1時間以上はひたすら前日の振り返りVTRとキムヨナの特集。
リアルタイムではなく遅らせて放送した上に、
何故か演技順序を入れ換えて放送。
日本選手のエキシビションがようやく放送されたのは、TBSでJINが始まった頃。
さらに延長放送になったため、金メダルの安藤美姫選手の
涙のレクイエムを録画できなかった人がたくさんいる。
そして、フィナーレでの各国選手からの応援も、
ロシアからのメッセージも放送されなかった。
さらには、安藤美姫選手はロシア語でお礼を述べ、
そのあと日本の現状を英語で伝えたそうですが…

当然そんなこともフ○では放送されませんでした。

これは時間切れなんかじゃない。
インタビューやCGや、ましてやスタジオの感想など放送する余裕があるのだから。
意図的に流さなかったとしか思えない。

今までなら、視聴者はなにも知らずに終わっただろう。
でも今、テレビは地上波だけじゃない。衛星放送、ネットもある。

完全生中継をした有料放送を見たたくさんの視聴者が
Twitterにリアルタイムに情報を流した。

それを見比べると、フ○テレビがどれだけ放送をカットし、
どれだけの世界からの応援メッセージを伝えなかったかがよくわかる。

世界中の好意を踏みにじっておいて、
自分たちの視聴率稼ぎのことしか頭にないとしたら、
公共の電波を預かるメディアとして最低だ。


==============================

今ご紹介した記事は、こちらから転載させて頂きました。
フ○テレビのこういった放送姿勢に心底ガッカリしているのは、
私を含めたフィギュアスケートファンの大部分だと思います。

さて、今ご紹介した記事をご覧になって、
フ○テレビで放送されなかった部分について、気になりますよね?
…ということで、動画をご紹介しておきます。







どうしてフ○テレビは、これほど感動的で素晴らしい日本への応援を、
全く無視した放送を行ったのでしょうか?
こういった心無いフ○テレビの報道姿勢は、今回が初めてではありません。
そのことについて、次回ご紹介します。





いつも応援、有難うございます!
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 ブログランキング・にほんブログ村へ ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん!  ※どちらも別窓で開きます