自然と涙が出てしまう…

2011/08/23 (火)  カテゴリー/心に沁みる良い話

先日知ったのですが、「国旗の重みシリーズ」という動画があります。
まだほとんど見れていない状態なのですが、(汗)
素晴らしい作品が多いという印象で、今日は2つご紹介したいと思っています。

昨日、自衛隊についてのテーマで放送された動画をご紹介したので、
今日も自衛隊に関する動画をご紹介します。
2004年イラクサマーワにおける自衛隊活動とサマーワ市民との絆。
とっても良い作品ですので、是非ご覧になって頂きたいと思います。




君達は自衛隊在職中、決して国民から感謝されたり、歓迎されることなく、
自衛隊を終わるかもしれない。
きっと非難とか誹謗ばかりの一生かもしれない。御苦労だと思う。

しかし、自衛隊が国民から歓迎されちやほやされる事態とは、
外国から攻撃されて国家存亡の時とか、災害派遣の時とか、
国民が困窮し国家が混乱に直面している時だけなのだ。

言葉を換えれば、君達が日陰者である時の方が、国民や日本は幸せなのだ。
どうか、耐えてもらいたい。

一生御苦労なことだと思うが、 国家のために忍び堪え頑張ってもらいたい。
自衛隊の将来は君達の双肩にかかっている。 しっかり頼むよ。

      1957年(昭和32年)3月26日 防衛大学校 第1期学生 卒業式にて
                      吉田茂 元内閣総理大臣 訓示



目立たず地道に国民の為に汗を流して下さっている全ての皆様に、
心からの感謝と敬意を表します。




~~いつも応援、有難うございます!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ    ※どちらも別窓で開きます

DHCオンラインショップ

感謝!~日本人の心を打つブータン国王からのお言葉

2011/11/18 (金)  カテゴリー/心に沁みる良い話

さて今日は、特に海外在住の日本人の皆様に知って頂きたく、
現在、震災後初の国賓として来日中のブータン国王夫妻について、
取り上げたいと思っております。

連日お忙しいスケジュールでお過ごしのご夫妻ですが、
昨日、衆院本会議場において演説を行われました。
この内容が本当に素晴らしいもので、震災や原発事故で傷付いた日本人の心に、
とっても響くお言葉ばかりで、涙したのは私だけではありません。
是非、全ての日本人の方に知って頂きたく、ご紹介させて頂きます。



同時通訳入りの動画をご紹介致しましたが、
演説全文を読んで確認したい方は、是非こちらの記事をご覧下さい。

本当に日本人を思い遣り、日本人の心を打ち、勇気を与えて下さるお言葉の数々、
ブータン国王とブータン国民の皆様に、心からの敬意と感謝を表したいと思います。
国王でありながら、周りの方々に敬意を払い、謙虚でおられるお姿を拝見し、
本当に素晴らしい方が来日して下さったと、心から嬉しく思っています。





~~いつも応援、有難うございます!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 ブログランキング・にほんブログ村へ ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん!  ※どちらも別窓で開きます

ブータンと日本の架け橋となった偉大な日本人

2011/11/19 (土)  カテゴリー/心に沁みる良い話

さて今日は、昨日ご紹介したブータン国王の素晴らしい演説に関連し、
どうしてこれほどまで、ブータン国王およびブータン国民が、
日本に対して温かい思い遣りを持って下さるのか、その理由について、
よくわかる動画を見付けましたので、ご紹介します。
(以前、自衛隊の動画でもご紹介した「国旗の重みシリーズ」です)










本当に立派な方がおられたのですね。感動して涙が溢れてきましたよね。
日本人として、大変誇らしく思います。




~~いつも応援、有難うございます!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 ブログランキング・にほんブログ村へ ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん!  ※どちらも別窓で開きます


あまり知られていない素敵な話☆ポーランドと日本

2012/03/04 (日)  カテゴリー/心に沁みる良い話

今日は週末ということで、動画をご紹介したいと思います。
短い動画ですので、是非ご覧頂きたいのですが、
今日ご紹介するのは、親日国としても有名な(…って、私は存じませんでしたが)、
ポーランドと日本の間に起こった、とっても素敵なお話です。
何故こういった素晴らしい話を、私たちは学校で教えてもらえなかったのか…。
まだご存じない方も多いと思いますので、心温まるエピソードをご覧下さい。

ほぼ同じような内容のものですが、1本目は関西ローカルのテレビ番組、
「ビーバップ!ハイヒール」で放送されたものです。









この出来事について、大変詳しく写真入で書かれているHPを見付けました。
もっと深くお知りになりたい方は、是非こちらをご覧下さい。

<<参考>>
 ・大正日本とポーランド 孤児を助けた博愛のこころ
 ・日本が救済したポーランド孤児たちのその後
 ・シベリアのポーランド孤児765名の救出




いつも応援、有難うございます!
「この記事、たくさんの人に見てもらえると良いわね!」と思って下さった方は、
次の2つのバナーを是非クリックして下さいませ。宜しくお願い致します。
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 ブログランキング・にほんブログ村へ ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん!  ※どちらも別窓で開きます

【推奨記事】復興へ~日本人の心の支え

2012/03/08 (木)  カテゴリー/心に沁みる良い話

今日も、震災関連の記事になります。
震災が起きてから、天皇皇后両陛下を初め、
皇族の方々が被災者を度々もお見舞いになられたことを、
このブログでも、何度か記事にしてご紹介しました。
(動画が削除されたものは、記事自体を削除しているので、
 現在はほとんどの記事は残っていませんが…)

特に、天皇皇后両陛下の被災地への思いは強いもので、
以前、こちらの記事でも少し触れましたが、
震災以降、お二人がどのような行動をとられたのか、
こちらの動画をご覧頂きたいと思います。




ご覧頂いてお分かりのように、両陛下は本当に被災者に心を寄せ、
常に国民と共にいて下さるのだと、心から感謝せずにはいられませんでした。
「このような両陛下がおられる日本に生まれて良かった」と思った方は、
本当にたくさんおられるでしょう。

天皇陛下は先日、心臓のバイパス手術を受けられ、
また昨日は、「胸水」を抜く治療を受けておられますが、
11日に行われる追悼式典への出席に強い意欲を見せておられるとか。
国民を第一に思って下さるお気持ちは大変有難いのですが、
ご自身のご体調を最優先して頂きたい気持ちになります…。

本当にご立派でご誠実な天皇皇后両陛下を戴いているにもかかわらず、
私たち日本国民は、教育やマスコミによる“自虐史観”洗脳によって、
日本人であることの自信も誇りも奪われ、国家観のない民族となってしまいました。
最後の場面でざこばさんが、「国旗を買って掲げる」とおっしゃっておられましたが、
日本国民が自信を持って、家の前に国旗を掲げられるようにならなくては、
本当の意味での“日本再生”は出来ないのかもしれませんね。
祝祭日となると、オランダのほとんどの家が誇らしげにオランダ国旗を掲げ、
街中にオランダ国旗がはためいていたあの風景を、懐かしく思い出しています…。




いつも応援、有難うございます!
「この記事、たくさんの人に見てもらえると良いわね!」と思って下さった方は、
次の2つのバナーを是非クリックして下さいませ。宜しくお願い致します。
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 ブログランキング・にほんブログ村へ ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん!  ※どちらも別窓で開きます