オランダの冬の銘菓・オリボーレン

2008/11/06 (木)  カテゴリー/Winter(冬)

私がオランダに来る前、色んな情報を収集してる中で、
とっても楽しみにしていたものが、オランダの冬の銘菓、
そう、「オリボーレン(Olibollen)」です!

「oli」は「oil」 「bollen」は「ball」のこと。
そのまま訳すと、「油玉」…って、食欲減退してしまいますが(笑)、
簡単に言えば、「揚げドーナツ」です。

冬になると、あちこちにオリボーレンの屋台が出ると聞いていたものの、
なかなかお目にかかれなかったのですが、
先月末、久しぶりにコンセルトヘボーの無料ランチコンサートに行った時、
真正面に、オリボーレン屋台を発見!!
P1020897a.jpg
※この屋台の裏は、ミュージアム広場です。
ついに、ついに会えました!!
ああ、この日をどんなに待ち焦がれたことか!(大げさ…)

想像通り、とっても可愛い屋台!
P1020903a.jpg
遊園地みたいで、なんだかウキウキしちゃいます♪

この屋台では、メインはオリボーレンとはいうものの、
色んなドーナツが売っていて、どれもこれも食べてみた~いと思いましたが、
P1020900a.jpg
ここはまず、基本のプレーンなオリボーレンをオーダー。
こちらの屋台では、1個65セント。6個3.25ユーロ。
何せ初めてなので、高いんだか安いんだか、サッパリわかりません。(笑)

注文すると、店員さんがボールに入った粉砂糖をたっぷり付けて、
ナプキンに包んで渡してくれます。
P1020901a.jpg
こ~んな感じ。
男の人のゲンコツくらいありそうな、とってもボリュームのあるドーナツ。

「キャ~♪これ、美味しい~!」
…なのですが、これ、日本の方にはうまく伝えられません。
日本には、同じようなものが無い。
外はカリッとしていて、中の生地はしっとりもっちもち。
弾力がある、甘すぎないドーナツ…って感じでしょうか?
噂で聞いたよりは油っこくなく、あっさりとしていて食べやすかったです。
私の大好きな沖縄名物「サーターアンダギー」とは、全くの別物。
(サーターアンダギーの方が、油っこい気がします…)
粉砂糖も、心配するほど甘くなく、とっても美味しく頂きました♪
ただ外で食べるには、風に吹かれて粉砂糖がコートに…。
注意が必要です。

オランダでは、日本の年越しそばのように、大晦日には欠かせないものとか。
これから年末にかけて、あちらこちらで屋台が出るので、
「オリボーレン食べ比べ」を、是非是非やってみたい!!と思っております。
残念ながら今回は揚げ立てではなかったので、今度は揚げ立てにチャレンジ!
それと、レーズン入りやりんご入りなど色々バージョンもあるようで。
またオリボーレンを食べたら、このブログでご紹介したいと思います。
結構、気に入っちゃったんですよね~♪




★「お!やっと食べたの?美味しいでしょう~!」と思った方も、
 「私も、オリボーレン食べてみたい!!」と思った方も、
  このバナーを1回ずつ押して下さると励みになります。
   ↓↓↓↓↓↓↓↓  ↓↓↓↓↓↓↓↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ 

オリボーレンー2

2008/11/13 (木)  カテゴリー/Winter(冬)

先週、私が恋焦がれていた「オリボーレン」を、初めて食べた…という、
記事をご紹介したのですが、そのお店はアムステルダムでした。
今日は、日本人がたくさん暮らしているアムステルフェーンに出ている、
オリボーレン屋さんの情報です♪

今日ご紹介するのは、アムステルフェーンセントラムの、
マクドナルドとV&Dの丁度間くらいに出ているこちら。
P1020942a.jpg

こちらは、先日ご紹介したアムステルダムのオリボーレン屋さんよりも、
なんだか種類が豊富なようです。
P1020944a.jpg
ちなみに黄色の矢印の場所、既に売り切れてますけど、
こちらには、オランダのこの時期のもうひとつの銘菓、
「appelbeignet」が並べられます。
まだ私は食べたことが無いので、是非食べてみよう!と思っている
この「appelbeignet」とは、オランダの地域によっては、
オリボーレンと同様に大晦日に食べられるお菓子で、
りんごの輪切りに衣をつけて揚げたものだそうです。
こちらの詳細は、また実際食べた時に…。(笑)

今回は、オリボーレン初体験の主人と一緒だったので、
まずは定番のプレーンなオリボーレン。
P1020947a.jpg
1個70セント。 先日のアムステルダムのお店より、5セントお高い。
ごめんなさい。本当は真っ白なお砂糖がたっぷりかかってたんですけど、
食べようと思っている場所へ移動中に、油と同化してこんな感じに。
アムステルダムのお店で食べたものより、微妙に小さめ。
でも、味自体は私はこちらの方がお好み。とても美味しい♪

そして、今回初めて食べたのがこちら。
P1020948a.jpg
krentenbollen 1個80セント。
こちらは、先ほどのプレーンよりも本当に揚げ立て熱々だったので、
見る見るうちに粉砂糖が、こんな有様に…。(笑)
「krenten」とは、干しブドウのこと。
ご覧のように、見た目はプレーンのオリボーレンと大差はありませんが、
生地の中には、干しブドウが混ぜてあります。
ただ、思ったほどブドウの量が多くなかったので、個人的には、
「わざわざちょっとお高い干しブドウ入りを買わなくても良いかも…」
というのが、このお店の「krentenbollen」の感想です。
(もっとたっぷり入っているお店もあるかもしれません)

揚げ立ては火傷をするほどですので、是非ご注意を!
ちなみに、揚げたてのオリボーレンかどうかは、
P1020945a.jpg
四角で囲んだ枠の中のように、
ショーケースのガラスが曇ってるので、一目瞭然!

「やっぱり、揚げ立てが一番よね~」と仰る方が多いのですが、
個人的には、ちょっと冷めたくらいの方が美味しかったです。
揚げ立ては、外の衣がサックサクなのは良いのですが、
ビックリするほど油!っぽい…。
そして、モチモチ感を楽しむには、正直物足りない感じが。
あっさりモチモチのオリボーレンを食べたい方は、
揚げてからちょっと置いたものを、オススメします。

今回、私の直前に車椅子の方が、
お一人でオリボーレンを買いにいらっしゃっていたのですが、
実はこのオリボーレンのカウンター(ショーケースのガラス)って、
意外と高さがあるんです。
だから、車椅子に乗ったままでは、商品や代金の受け渡しが困難。
お店の方が「商品を持って行こうか?」とお客さんに尋ねていらっしゃったので、
私が代金の支払い、商品と釣銭の受け取りを、お手伝いさせていただきました。
もし小さなお子さんや、このように体の不自由な方がおられる時には、
是非積極的にお手伝いしてくださいね。
日本と違って、「助け合い」の精神が浸透しているオランダでは、
こういった小さなお手伝いを実践しているのを、色んな所で目にしますし、
実際自分も誰かのお役に立てる機会が豊富です。

寒いこの季節、たいしたことをしたわけでもないのに、
「Dank u wel」なんて言ってもらえると、
すごく心が暖まって、嬉しいひと時を過ごせますよ。



★「レーズン入りだって、美味しいわよ!」という方も、
  「あら!私はやっぱり揚げ立てが一番よ!」という方も、
  このバナーを1回ずつ押して下さると、励みになります!
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ 

【速報】アムステルフェーンのシンタクラースパレード

2008/11/16 (日)  カテゴリー/Winter(冬)

シンタクラースについての記述は、また改めて機会があれば…ということで、
今日は、アムステルダムより1日早くシンタクロースが到着した
「アムステルフェーン」のシンタクラースパレードの速報です。

今日のパレード開始は、お昼の12時ちょうど。
私はスタート地点近くの「visspecialist Henri Schilder」前に行きました。
ここでは…
P1030049a.jpg
既にこんなにたくさんの人たちが到着し、
パレードが通るのを、今か今かと待ち構えております。
ちなみに、このお魚屋さんは、アムステルフェーンで一番美味しい
“ハーリング”を売る店という噂が…。
今日は、揚げ立てのコロッケ(オランダスタイルをしてますが、ちょっと小さめ)を、
無料で振舞っていたので、私も1つ頂きましたが、これがまた美味しい♪

このお店の前では、
P1030050a.jpg
パレード到着前から、既にたくさんのピートたちが、
シンタシンタ♪と歌いながら、踊っています。

パレードが近づいてくると、車道も閉鎖され、
P1030054a.jpg
物凄い人だかりになってまいりました!
そしていよいよ、パレードの登場!

P1030056a.jpg
まず先頭は、タイのタクシー!(…なんで?)

P1030057a.jpg
こちらのタクシーは、きちんとシートベルトを締めたピートが運転してました。

P1030058a.jpg
パレードを見に来た子供たちは、ピートに仮装してる子も多くて、
とっても可愛かったです♪

P1030062a.jpg
黒いピート軍団が、白いポンポンを持ってパレードしてきました!
顔が暗くて、表情が非常にわかりづらい…。(笑)

P1030063a.jpg
続いては、楽団のパレード。

P1030065a.jpg
オランダらしく、自転車に乗ってるピートも。
他にも、スケボーに乗ってたり、一輪車に乗ってたり。

P1030068a.jpg
馬車も登場!
最近は、馬や馬車を見ても、動じなくなりました…。
慣れってのは、恐ろしいですね。(笑)

P1030070a.jpg
とにかく「一体何人いるんだ??」というピートたちは、
パレードを見に来ている子供達の手に、有無を言わさず、
小さなお菓子(クッキー)を配りまくります。
このお菓子をもらうのが子供達の楽しみの一つのようで、
プロになると、
P1030084a.jpg
手で受けきれないお菓子を直接、持参した袋に入れてもらっていたりします。
確かに、次から次へとピートはやってきて、
本当に小さな手のひらに、山盛りのお菓子を載せるものだから…
P1030082a.jpg
そこらじゅうの子供達の足元には、こんな風に手からこぼれ落ちたお菓子たちが、
無残な姿に…。私も家に帰る途中、何個も踏んで粉々にしてしまいました…。

パレードはまだまだ続きまして…
P1030074a.jpg
続いては、ピートで編成された楽団のパレードが。
正直、「うまい!」ってことはないですけど、愛嬌があって楽しい♪

で、今日のパレードで一番のお気に入りはこちら!
P1030077a.jpg
昔の消防車に乗って登場したのは、頭に風船を巻きつけた、
愛嬌のある消防署のおじさん!腕にはしっかり「BRANDWEER」の文字が。
パレードに参加してる人も見ている人たちも、
心底楽しんでる!って感じがして、とっても素敵。

この後は、お菓子を作っているピートが登場したり、
2階建てのバスに乗ったピート楽団が登場したりして、
いよいよ、この人が登場!!
P1030086a.jpg
白馬に乗って、Sinterklaasさんの登場です!!
どうも、はじめまして。

上のショットではお顔がわかりにくいので…
P1030087a.jpg
こんなお顔をしていらっしゃいます。

そして、もう少しパレードは続き、最後はこちら。
P1030091a.jpg
現代の消防車…って、なんだか消防車の登場回数が多いような…。
シンタクラースさんと消防って、何か係わりあるんでしょうか?

しんがりは、パレードの交通整理を担当しているおまわりさん。
P1030092a.jpg
パレードの先頭は、バイクに乗ったおまわりさんだったのですが、
こちらはオランダらしく、自転車に乗ってます。
すっごくニコニコしてらして、楽しそうで見ていて気持ちが良かったので、
ついパチリ。(笑)素敵なおまわりさんです♪

この後、アムステルフェーンのパレードコースを回って、
終点はStadplein。アムステルフェーンの中心です。
そこで行われるイベントは見物しなかったのですが、
祭りが終わった後、お買い物に行ったときに見かけたピートたち。
P1030093a.jpg
座ったりして、休憩してます…。
長時間、お疲れ様でした!

アムステルダムより1日早く行われた、アムステルフェーンの
“シンタクラースパレード”。楽しんでいただけましたか?
明日はいよいよ、アムステルダムに、シンタクラースが到着するとのこと。
私はテレビで見ていよっかな?



★「早速行ってきたのね!楽しかったでしょう~♪」と思った方は、
 このバナーを1回ずつ押して下さると、励みになります!
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ 


オリボーレンー3

2008/11/25 (火)  カテゴリー/Winter(冬)

この週末、以前お伝えしたアムステルフェーンセントラムの
オリボーレン屋さんで、新しい種類に挑戦したので、ご紹介します♪

以前ご紹介した記事では、売り切れでその形さえわからなかった「appelbeignet」。
今回はショーケースに並んでいたので、買ってみました。
この「appelbeignet」というのは、オリボーレン同様、
オランダでは大晦日に食べられるお菓子なんだそうです。
まあ、地域によっては…ということのようですが。

この日は、外で食べるには厳しい結構な雪。
ということで、「テイクアウェイ!」とお願いし、紙袋に入れてもらいました。
でも、「今すぐ食べたい…」という主人と私。(笑)
そこで、ショッピングセンター内のベンチに座って、食べることに。
P1030145a.jpg
見た目は、あまり美味しそうじゃありません!(笑)
一見オリボーレンと同じように見えますが、オリボーレンがボール状なのに対し、
こちらはフリスビーのように、ちょっと平らな感じです。
中には、りんごの輪切りが2~3枚入っているようで、
恐らくそこにシナモンか何かのスパイスも、ちょっと加えてあるようです。
これが…激ウマ!!
個人的には、オリボーレンよりもうんと美味しい♪
中から、りんごがジャムになったようにとろ~っと溶け出て来て、
香りも味も抜群に美味しいです!
こちらのお店では、1ユーロでした。
プレーンのオリボーレンが70セントだから、ちょっとお得?

そして、主人はこれでは足りないだろうと…こちら。
P1030147a.jpg
外見はオリボーレンと一緒ですが、名前は「BERLINERBOLLEN」。
簡単に言えば、オリボーレンの中にカスタードクリームが入ったドーナツです。
中のクリームはお店によって色々な種類があるのかもしれませんが、
アムステルフェーンのこちらのお店では…
P1030150a.jpg
こんな風に、しっかりとカスタードクリームが!
とはいえ、滑らかさなんてなく、昔ながらのパン屋さんの手作りカスタードって感じ。
ちょっとモサモサ感があるというか、ダマダマがあるっていうか…。(笑)
懐かしい感じのクリームです。

こちらも、生地同様、クリーム自体の甘さはほとんどありません。
とてもあっさりしています。だから、粉砂糖は必須!
お値段は1.5ユーロ。
味から考えると、正直ちょっと高いかな?という印象です。
今回私がオススメするのは、先述の「appelbeignet」。
まだ食べたことがないって方は、是非一度お試しを!
これは絶対、美味しいです~♪



★「そうそう、それ美味しいでしょ~」という方も、
  「そんなに美味しいなら、今度食べてみよう!」という方も、
 このバナーを1回ずつ押して下さると、励みになります!
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ 

オランダのシンタクラース-1

2008/12/01 (月)  カテゴリー/Winter(冬)

先日、アムステルフェーンのシンタクラースパレードについて、
大急ぎで写真をアップしてお伝えしましたが、
今日から12月ということもあり、きちんと「シンタクラース(Sinterklaas)」
について、詳しくご紹介したいと思います。

P1030048a.jpg

Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?