今心に沁みる徳川家康の名言

2011/05/25 (水)  カテゴリー/☆☆是非ご覧頂きたい記事

未曾有の大震災、そして原発事故と大きな災害に見舞われている日本。
今後はこれまでの生活を一新し、新たな価値観で生きていかなければなりません。
そんな日本で生活している私の心に訴えてくる言葉があります。
徳川家康の遺訓の中の一節。

「不自由を常と思えば不足なし」

なんだか、今の日本国民にとって大切な言葉のように感じますよね?
これから暑い夏を迎えるわけですが、全国的に節電が求められています。
これまでのような「あればあるだけ使う」ことが当たり前の生活から、
大きく価値観も生活スタイルも変えていかなければならない日本。
これまでの生活と比べると“不自由”と感じてしまうことも多いでしょう。
でも家康が言うように「不自由を常と思えば不足なし」です!
ほんと、良い言葉だな~としみじみ思います。

さて実は私、山本周五郎という作家が大好きなんです。
高校時代に「さぶ」という作品に出会って衝撃を受けて以来、
周五郎にのめりこみ、とうとう卒論は「山本周五郎研究」になってしまいました。
本当は周五郎の1つの作品についての論文にしようと思っていたのですが、
たくさんの作品を読み進めるうちに、1つの作品に絞り込めず、(汗)
作家研究の論文を書くことにしたんです。
というのも、周五郎の作品には一貫して読者に訴えかけるものがあると気付き、
周五郎が伝えたかったことは何か?ということについて、
私なりの見解を論文にまとめたのです。

周五郎について書き始めると止まらないので(笑)、本題へ。
この周五郎の座右の銘にしていたといわれるのが、実は徳川家康の言葉なんです。
先ほどご紹介した「不自由を常と思えば不足なし」と同じく、
徳川家康の遺訓の中の一節。

「人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し」

「人生は長く苦しいことが多いので、不断の努力と忍耐をもって進むべきである」
この言葉をテーマに書かれたのが、周五郎の「ながい坂」という作品。
この作品は、上下巻の長編時代小説なのですが、
“人生訓”として素晴らしい影響を与えてくれる作品ですので、
まだお読みでない方は、是非一度読まれることをお勧め致します。

因みに、周五郎の作品は時代小説はもちろんですが、
“市井の庶民”を描いた短編作品にも、本当に素晴らしいものがたくさんあります。
そして、その作品の中に“名言”“格言”と呼べる心に沁みる言葉を見付けることが出来ます。
それらの言葉についても、また機会があればご紹介したいと思います。


さて最後に、今日話題にした家康の遺訓を全文ご紹介したいと思います。


           <徳川家康公遺訓>

人の一生は、重荷を負うて遠き道を行くが如し、急ぐべからず。
不自由を常と思えば不足なし、心に望み起らば困窮したるときを思い出すべし。
堪忍は無事長久の基、怒りは敵と思え。                     
勝つことばかり知りて、負けることを知らざれば、害その身に至る。
己を責めて人を責めるな、及ばざるは過ぎたるより勝れり。



本当に、素晴らしい言葉だと思います。
人間としてどうあるべきか、どのように考えて生きるべきなのか。
学ぶべきものがちりばめられている名言ですよね。
でも、本当にこの言葉を心に留めて頂きたい方には、
案外届かなかったりするんですよね。う~ん、残念…。(汗)





~~あなたのクリックが、元気の源です♪~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ   ※どちらも別窓で開きます

自然と涙が出てしまう…

2011/08/23 (火)  カテゴリー/心に沁みる良い話

先日知ったのですが、「国旗の重みシリーズ」という動画があります。
まだほとんど見れていない状態なのですが、(汗)
素晴らしい作品が多いという印象で、今日は2つご紹介したいと思っています。

昨日、自衛隊についてのテーマで放送された動画をご紹介したので、
今日も自衛隊に関する動画をご紹介します。
2004年イラクサマーワにおける自衛隊活動とサマーワ市民との絆。
とっても良い作品ですので、是非ご覧になって頂きたいと思います。




君達は自衛隊在職中、決して国民から感謝されたり、歓迎されることなく、
自衛隊を終わるかもしれない。
きっと非難とか誹謗ばかりの一生かもしれない。御苦労だと思う。

しかし、自衛隊が国民から歓迎されちやほやされる事態とは、
外国から攻撃されて国家存亡の時とか、災害派遣の時とか、
国民が困窮し国家が混乱に直面している時だけなのだ。

言葉を換えれば、君達が日陰者である時の方が、国民や日本は幸せなのだ。
どうか、耐えてもらいたい。

一生御苦労なことだと思うが、 国家のために忍び堪え頑張ってもらいたい。
自衛隊の将来は君達の双肩にかかっている。 しっかり頼むよ。

      1957年(昭和32年)3月26日 防衛大学校 第1期学生 卒業式にて
                      吉田茂 元内閣総理大臣 訓示



目立たず地道に国民の為に汗を流して下さっている全ての皆様に、
心からの感謝と敬意を表します。




~~いつも応援、有難うございます!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ    ※どちらも別窓で開きます

DHCオンラインショップ

誇り~伝えよう日本のあゆみ~

2011/09/10 (土)  カテゴリー/歴史・教育

昨日の大阪は残暑がぶり返し、久し振りに熱帯夜となりました。
今週は暫くこの暑さが続きそうで、うんざりです…。(涙)

さて、『誇り~伝えよう日本のあゆみ~』という、
日本青年会議所が製作したアニメーションを見付けました。
このアニメーションについては、2007年にひと悶着あったようですが、
お恥ずかしながら、私は記憶にございません…。(汗)
皆さんは、ご存知でしょうか?

私も受けてきた“自虐史観”ではなく、正しい歴史認識のための作品だと思います。
子供の頃って、教科書や先生が教えてくれる内容に疑問を持たず、
そのまま、それが事実だとの認識で大きくなったのですが、
最近は、多少色々なことに疑問を持つようになりましたので、
「こういう見方、考え方もあるのだな」と、私にとっては新鮮な内容でした。

逆境に立たされている今の日本を生きる日本人として、
このアニメーションから受け取ることは、色々あると思います。
歴史認識については、様々なご意見がありますので、
敢えて多くを語るつもりはございません。
ただこの作品は、自然を愛し他を思い遣る豊かな心を持つこと、
日本人としての自信と誇りを持つこと、礼儀作法を重んじることという、
日本人の素晴らしさを大切にしていこうということが言いたかったのでは?と思います。

私はこのアニメーション、素晴らしい作品だと思いました。
(ちょっと、泣いちゃいました…汗)
興味のある方は、是非お子様と一緒にご覧下されば…と思います。












また、このようなHPも発見しました。
オランダのインドネシア植民地化についても、少し触れられています。
興味のある方は、こちらも参考になさっては如何でしょうか?





~~いつも応援、有難うございます!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 ブログランキング・にほんブログ村へ ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん!  ※どちらも別窓で開きます


鉢呂元経産相とひど過ぎるマスコミ

2011/09/13 (火)  カテゴリー/マスコミ問題

先日、『日本のテレビは、残念ながら信用出来ない…』というタイトルで、
今のマスコミの現状を憂う記事を書きました。
そしてその際、取材記者の態度がひどい、横柄だということをお話しました。

つい先日、誕生したばかりの野田内閣から、辞任に追い込まれたのが鉢呂元経産相。
海外にお住まいの日本人の方は、ひょっとしたら断片的な情報しかご存じないのでは?と、
今日は、この辞任劇に関する情報を色々とご紹介したいと思っています。

まずは、辞任に追い込まれるきっかけとなった発言に付いて。
鉢呂元経産相の記者会見の様子をご覧下さい。




こちらは、ニュース動画です。




皆さんは、鉢呂元経産相の「死のまち」という表現について、
どのような印象をお持ちでしょうか?
もし私が誰もいないあの被災現場に立ったなら、
鉢呂元経産相と同じように、“死のまち”という印象を持ったのではないかと思います。
確かに、私のような一般人の発言と、経産相という立場の人の発言を、
同じ土俵で比べることは間違っていると思います。
そういった意味で言えば、鉢呂元経産相は“大臣”としての自覚が足りなかったのでは?と
言われても仕方がないと思います。
ただ、記者会見での様子を見ている限り、原稿を棒読みしているわけでもなく、
自分自身の言葉で発言しているようですし、私は悪い印象は持ちませんでした。
それよりも、2本目にご紹介したニュースでの、自民党の大島副総裁の、
「野田総理の任命者責任について、予算委員会での説明を強く求めていく」という発言の方が、
私には、とても気になりました。予算委員会では、予算審議をして頂きたいと思うのです。
野田総理の任命者責任を追及することで、無駄な時間を使ってもらいたくありません。


そして、最終的に鉢呂元経産相を辞任に追い込んだ問題。
福島の視察を終え、帰宅した鉢呂元経産相が議員宿舎前で記者たちに、
「放射能、つけちゃうぞ」と冗談を言ったらしいということなのですが、
もしこれが事実だとすれば、確かに“軽率”であると言わざるを得ず、
福島の被災者の方々からすれば、本当に腹立たしいことだろうと思います。
ただ、この発言についての報道は、「放射能、つけちゃうぞ」という表現に統一されておらず、
各社バラバラの表現になっていることから考えると、
この発言自体、公式会見ではなくオフレコの場所での発言でもあり、
音声証拠は残っていないのでは?とも思われます。真偽のほどはわかりません。

で、私が一番腹が立ったのが、鉢呂元経産相の辞任会見での記者の発言。
恐らく皆さんも、不愉快に思われるでしょう。

記者はなぜそんなに偉いのか 大臣辞任会見「ヤクザ質問」の一部始終  ※リンク

あまりにも品が無く、マスコミの質がどんどん低下してしまっていることを、
嘆かずにはいられません。これが日本の現状なのです。



今回の辞任劇に関する記事を色々と集めています。
一方的なマスコミの報道に左右されず、色々な意見を知ることも大切なので、
今回ご紹介させて頂きます。興味のある方は、是非ご覧下さい。

鉢呂経産相辞任 記者クラブに言葉狩りされて

鉢呂経産相が福島原発周辺を「死の街」と言ったのは正しい

鉢呂前経産相「うつす発言」の真相と政治の貧困

・マスコミの単純反射メカニズムが作り上げた鉢呂発言問題の顛末

【言葉狩り】マスコミの政治介入が日本を滅ぼす







~~いつも応援、有難うございます!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 ブログランキング・にほんブログ村へ ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん!  ※どちらも別窓で開きます

感謝!~日本人の心を打つブータン国王からのお言葉

2011/11/18 (金)  カテゴリー/心に沁みる良い話

さて今日は、特に海外在住の日本人の皆様に知って頂きたく、
現在、震災後初の国賓として来日中のブータン国王夫妻について、
取り上げたいと思っております。

連日お忙しいスケジュールでお過ごしのご夫妻ですが、
昨日、衆院本会議場において演説を行われました。
この内容が本当に素晴らしいもので、震災や原発事故で傷付いた日本人の心に、
とっても響くお言葉ばかりで、涙したのは私だけではありません。
是非、全ての日本人の方に知って頂きたく、ご紹介させて頂きます。



同時通訳入りの動画をご紹介致しましたが、
演説全文を読んで確認したい方は、是非こちらの記事をご覧下さい。

本当に日本人を思い遣り、日本人の心を打ち、勇気を与えて下さるお言葉の数々、
ブータン国王とブータン国民の皆様に、心からの敬意と感謝を表したいと思います。
国王でありながら、周りの方々に敬意を払い、謙虚でおられるお姿を拝見し、
本当に素晴らしい方が来日して下さったと、心から嬉しく思っています。





~~いつも応援、有難うございます!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 ブログランキング・にほんブログ村へ ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん!  ※どちらも別窓で開きます