パワハラに負けるな!!

2012/02/01 (水)  カテゴリー/その他(未分類)

今日から2月!ホント、時間の経つのは、あっという間ですね。(汗)
このブログでよくご紹介するのが、やしきたかじんさんの番組動画。
実はそのやしきたかじんさんが、食道ガンであることがわかり、
しばらくの間、レギュラー番組をお休みするそうです。(涙)
1日も早く完治されて、またテレビに登場して下さるのを待っています。

さて、今日のお話。
「しつけだ」と言って、虐待を繰り返す親。
「指導だ」「教育だ」と、パワハラを繰り返す上司。
最近こういったこと、よく耳にしますよね。(汗)
これまでも、このブログで何度か「ハラスメント行為」について
話題にしたことがありますが、今日は「パワハラ」のお話です。

Wikipediaによりますと、
「パワハラ」は部下の能力や落ち度の問題だけではなく、
上司のマネジメント能力やダイバーシティー(職場内多様性)の無さが、
問題であると考えられるようになってきているんだそうです。
人間同士のコミュニケーションってものが、苦手な上司も多いようですしね。
よく奥さんが「うちの主人、人付き合いが一番苦手なのよ~」なんて、
ご主人を擁護する発言をなさっているのを見かけますが、
一般生活ならともかく、パワハラの場合はそんな弁解、通用しませんからね~。
恐らく皆さんも、思い当たる人が何人かいるのでは?
私が知っている人の中にも、思い当たる人がいます…。(汗)

一昨日、厚生労働省が、「職場におけるパワーハラスメントの定義」
というものを初公表しました。それによりますと、
『職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、
職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、
業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える
又は職場環境を悪化させる行為』となっています。

具体的な行為については、
(1)身体的な攻撃 (暴行・傷害)
(2)精神的な攻撃 (脅迫・暴言等)
(3)人間関係からの切り離し (隔離・仲間外し・無視)
(4)過大な要求
   (業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害)
(5)過小な要求
   (業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた
   程度の低い仕事を命じることや仕事を与えないこと)
(6)個の侵害 (私的なことに過度に立ち入ること)
と定義されています。

私が思い当たる人がなさった行為は…、
(2)精神的な攻撃 (脅迫・暴言等)
(4)過大な要求(業務上明らかに不要なことの強制)
(6)個の侵害 (家族のことにまで、過度に立ち入ること)
に当たるのだろうと思います。
恐らくご自身は、全く自覚しておられないと思いますケド…。(汗)

多数の面前での叱責が、パワハラになるというのは皆さんもご存知でしょうが、
こういった場合は、パワハラ行為を他の社員も目撃していますよね。
でも、他の社員には見えない形でのパワハラ行為も、結構あるようです。
例えば、上司が部下に対して、「メール」によって執拗に、
業務上明らかに不要なことを強制していたりする場合、
部下本人が「パワハラに遭っている」と言わない限り、周りも気が付かないでしょう。
こういったパワハラは、特に卑怯であり、とても陰湿で性質が悪いと思います。
とはいえ、メールでのパワハラ行為は、全て証拠として残るので、
証拠にならないパワハラよりは、被害者にとっては多少有利ではありますが。

わかりやすい例はさておき、こういったものもパワハラになるという事例を。
A.本人との接触、交際をしないよう他の従業員に働きかけた
   (K電力事件・最三小判 平7.9.5)
B.その時点では作成されていない行事予定表の提出にこだわって、
  兼業承認申請への押印を拒否した
   (N大学事件・大阪高判 平14.1.29)
C. 従業員が取引先の部長から賃借していた建物について
  明け渡し要求に応じるよう、職制上の優越的地位を利用して執拗に強要した
   (D事件・横浜地判 平2.5.29)
私が思い当たっている人は、BとCを合わせたようなことをなさっていましたね~。(汗)
更に、金銭も絡んでいたので、大変性質が悪かったように記憶しています。

そうそう、パワハラを受けた被害者である社員(さん)が、
パワハラを行っている社員(さん)の上司(さん)に相談する行為は、
当然のことですが、パワハラには当たりません。
にもかかわらず、パワハラ加害者であるさんは、
被害者であるさんがさんに相談したことに逆切れし、
「逆パワハラだ!」などと、大きな勘違いをすることもあるようです。
ホント、情けないですね。(汗)
それともう1つ、大切な補足なのですが、
さんからパワハラの相談を受けたさんが、
万が一、その相談を無視した場合は、さんがさんに対して
“パワハラ加害者”となってしまうそうなんです!
だから、パワハラの相談を受けた場合は、誠意を持って、
きちんと対応する必要があるんですよ。これ、大事。

ただ残念ながら、会社は必ずしも正論が通るとは限らない世界であり、
理屈より力ある者が勝つ…という不条理な組織ですよね。(汗)
周りの社員は、自分に火の粉が降りかかるのを避けるため、
パワハラ被害者を助けてくれることはありません。
なので、パワハラ加害者である社員の上司や、
社内コンプライアンス委員会などに相談しても埒が明かないなら、
弁護士や厚生労働省の「総合労働相談コーナー」へ相談すると良いでしょう。

何度も申し上げますが、私は会社員になったことがないので、
パワハラを受けたことはありません。
しかし、親しくしている人や身近な人が、こういったひどい目に遭っているのを、
目の当たりにしたり、聞いたりした経験がある…ということです。
まだ日本では、「ハラスメント行為」に対する姿勢が甘いように感じますが、
今回、厚生労働省が「パワハラ」を明文化したことにより、
各企業が襟を正し、このような卑劣な行為を排除する方向へ進むと良いですね。





いつも応援、有難うございます!
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 ブログランキング・にほんブログ村へ ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん!  ※どちらも別窓で開きます

トレンドマイクロ・オンラインショップ

オランダへ持って行きたかったもの

2012/02/02 (木)  カテゴリー/オランダへのお勧め持参品

日本へ帰国して、丸1年が過ぎました。
帰国直後に、ある方々によって大きなストレスを抱えさせられ、
そのために自律神経失調症を発症し、様々な症状に苦しめられ、
加えて、大震災や原発事故などが起こったことも重なり、
精神的なダメージの大きな、本当に大変な1年でした。

今年、日本へ本帰国するご予定の皆さんは、
この大震災や原発事故を、直には経験しておられないために、
恐らく、日本で生活しながら震災を経験した私たちとは、
得ている情報(その量や内容)にも相当の差がありますし、
価値観や考え方などにも温度差があるでしょうから、相当戸惑われると思います。
海外から日本へ帰ってくれば経験する“浦島太郎現象”のみならず、
海外へ旅立たれた当時の日本とは、多くのことが変わってしまったので…。
今年は更なる試練が待っているかもしれませんが、
心をひとつにして、頑張って乗り越えるしかありません。

さて今日は、私がオランダに持って行きたかったのに、
荷物を準備しているときには、残念ながら手に入らず
持って行けなかった物のお話。それは、こちら。

<続きは、有料記事になります>



いつも応援、有難うございます!
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 ブログランキング・にほんブログ村へ ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん!  ※どちらも別窓で開きます
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?

私、洗脳されていた?

2012/02/03 (金)  カテゴリー/歴史・教育

今日は2月3日。節分です。
日本では数年前から、恵方に向かって巻き寿司を丸かぶりする…
というイベントが、全国に浸透しましたよね。
実はこの風習が広まったきっかけというのは、
私が親しくしていた大阪のとある有名食品会社の現社長のお父さんが、
昭和の時代に始められたあるイベントがきっかけなんです。

実は当時、あまり海苔が売れなかったために、
ど~ん!と大量に海苔を消費することが出来ないか…と考えられたのが、
この恵方巻の風習を復活することだったそうなんです。
このお話を食品会社の現社長から聞いたのは、今から20年ほど前。
彼(現社長)も私も、まだ大学生の頃でした。
当時は、この食品会社が設立されて間なしだったので、
大阪でもほとんど知られていなかったのですが、
今では、関西人なら誰でも知っている有名食品会社に成長しています。
お父様の商才が素晴らしいのでしょうね。

恵方巻の文化が全国的なものになるなんて、当時考えもしませんでしたが、
海苔業界にとってのバレンタインデーみたいなものですから、
1年に1度、メチャメチャ海苔が売れる日が出来て、ホクホクでしょうね。(笑)
「恵方巻」については、Wikipediaで詳しく書かれているので、
興味のある方は、見てみて下さいね。


さてそれでは、今日の本題へ。
また少し堅苦しい話になるかと思いますが、
どうしても書きたくなったので、書きたいと思います。
ただ、長くなりそうなので、短めに数回に分けてアップしますね。

自分が、「洗脳されていたのでは?」と思い始めたのは、
昨年の大震災以降、マスコミの報道姿勢に対して疑問を持ってから。
国は、情報開示すべき情報をひたすら隠し、
また、報道機関も報道すべきことを報道しなかったことにより、
私を含め多くの国民は、国とマスコミに対して、
現在、強い不信感を抱いていると思います。
“知るべき情報を知ることが出来ない”という状況下に置かれて初めて、
国やマスコミが、国民を洗脳することは簡単なのだ…とようやく気付いたのです。
もし震災や原発事故が起こらなければ、
こんな考えを持つことは、死ぬまで無かったかもしれません。

これまで私は、自分が得た情報や知識が、「間違っている」とか、
「嘘」或いは「偏っている」なんてことは、全く考えずに生きてきました。
なぜならそれらは、学校で習ったことであり、親から教えられたことであり、
公共放送番組から得られた情報や知識だからです。
しかし、自分が「正しい」と思い込んでいた情報や知識は、
ある特定の人たちによって操作された“洗脳”であったのかもしれないと、
最近思うようになってきたのです。

特に、「日本の歴史に関して、私たちは正しく教えられてきたのか?」
「私たちが持っている日本の歴史認識は、偏り過ぎていなかったのか?」
という疑問が、最近ふつふつと湧いてくるようになりました。
日本に蔓延している“自虐史観”は、本当に正しいものなのでしょうか。

「自虐史観」とは、Wikipediaによると、
「太平洋戦争後の日本の歴史学界において主流であった歴史観に、
 自国の歴史の負の部分をことさら強調し、正の部分を過小評価し、
 日本を貶める歴史観であるとの評価を持たせて、
 これを否定的に表現する場合に用いられる呼称」とあります。

さらに、「太平洋戦争での敗戦により、GHQによる統治が行われる中で、
歴史学界や学校教育の現場や、日本教職員組合に入っている教師などは、
(アメリカの)占領政策を支え、GHQに迎合するかたちで、
なぜ敗戦に至ったのかという視点から過去への反省がなされることとなり、
その過程で戦前の日本国民が共有していたすべての価値観は根底から覆され、
否定される事になった」
「『自分の国の歴史に誇りを持てない』、『昔の日本は最悪だった』、
『日本は反省と謝罪を』という意識を植え付けられ、
いわゆる戦後民主主義教育によって連合国の思うがままの誤った歴史観、
つまり自虐史観が蔓延した」とも、説明されています。

今、私が持っている“自虐史観”は、明らかに学校教育によるもの。
教科書の流れにおいても、自虐史観があったと思いますし、
高校時代には、現代社会の先生が教科書とは別に、
中国の妊婦の腹を裂く日本兵の写真を、授業中に見せたことがあります。
そのときは素直に、「日本兵が中国人妊婦に対して、ひどいことをしたのだ」
と思っていましたが、今になって考えてみると、
写真で日本兵とされている人物は、本当に日本兵だったのか?
その妊婦は、本当に中国人なのか?など、疑問が生じるのも事実。
しかし当時の私は「日本人は昔、外国の人たちをひどい目に遭わせたんだ」と、
教育という形で、自虐史観をきっちり刷り込まれてしまったように思います。
私はこれまで、なぜ“日教組問題”が取り沙汰されるのか、
ほとんどわかっていませんでしたが、GHQに始まるこれまでの歴史的な経緯を見ると、
この“日教組”が問題視されている理由が、ようやくわかりました。

先日、ロシアのラブロフ外相が、北方領土に対する主権は譲らない姿勢を示し、
韓国は、相変わらず日本の領土である竹島を不法占拠し続けており、
中国は、尖閣諸島問題で、強硬な姿勢を見せています。
このように、これまで自虐史観でがんじがらめになっているうえに、
昨年の大震災と原発事故によって、国内がてんやわんやの騒ぎをしている間に、
外国からの魔の手は、着々と日本に忍び寄って来ているのです。

昨今の日本の弱腰外交政策を見ていると、
やはり私たちはこれまでの自虐史観から解き放たれ、
正しい歴史認識を持ち、良かったことも悪かったこともきちんと受け止め、
その上で、日本に対して誇りを持ち、日本人であることへの自信を持つことが、
私たち日本人には必要なのではないか?と思うようになってきました。

皆さんにご紹介したい動画がいくつかあるのですが、
今日はまず、こちらの動画をご覧頂きたいと思います。
アムステルダム市長で、その後オランダの内務大臣に選ばれた
エドゥアルト・ヴァン・ティン(Eduard van Thijn)氏の言葉です。




これまで自虐史観によって洗脳されていたとはいえ、
尊い命を賭して戦われた先人方に対して誤解をしていたことは、
本当に申し訳なく思いますし、また感謝を捧げねば…とも思います。

日本は、すぐに「右翼」「左翼」と人を分けたがる傾向がありますが、
もちろん、私はどちらでもありません。
ただ、日本の歴史を“自虐史観”によってのみ理解するのではなく、
他方面からも、その歴史の真実を知る努力をしなければならないと、
日本に対する外国からの不穏な動きに対し、危機感を持っているということです。

まだまだお伝えしたいことがあるのですが、それはまた改めて…。





いつも応援、有難うございます!
「この記事、たくさんの人に見てもらえると良いわね!」と思って下さった方は、
次の2つのバナーを是非クリックして下さいませ。宜しくお願い致します。
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 ブログランキング・にほんブログ村へ ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん!  ※どちらも別窓で開きます


春の味覚

2012/02/05 (日)  カテゴリー/グルメ

この前は、ちょっと堅いお話になってしまいましたので、
今日はメチャメチャ短いネタですが、軽いお話を。

私が毎年、春になると楽しみにしている味があります。
それは、以前も少しお話ししたことがあるのですが、こちら。
P1190822a.jpg
釜揚げシラスでは、ありませんよ。
もちろん、ちりめんじゃこでもありません。
関西ではおなじみの「新子」というものなんです。
1年を通して流通するものではなく、春の味覚となっています。
先月からスーパーに並び始めたので、早速買ってきました♪

「釜揚げシラス」と「ちりめんじゃこ」は、
どちらも、イワシ類の稚魚が使われているのですが、
「新子」は、「いかなご」の稚魚を釜揚げにしたものなんです。
これが、子供の頃から大好きで、春が来るのが楽しみ!
ちなみに主人は、この「新子」がもう少し大きくなった
「かますご」というのを焼いて食べるのが、結構好きなんですよね。

「いかなご」は、関東では「小女子(こうなご)」と呼ばれていますよね。
スズキ目イカナゴ科のお魚ですから、シラスなどとは別物です。
関西ではこれからの時期、「新子」としてはもちろん、
「くぎ煮」という佃煮が出回るのですが、これがまた美味!!
スーパーで売っているのではなく、漁港の地元の人が自宅で作るのが、
やわらかくて本当においしいんですよ~。ああ、早く食べたい…。

そうそう、この「新子」ですが、「大きくなったら、なんていう魚になるの?」と、
気になる方もおられるかもしれませんね。
「新子」は「いかなご」の稚魚なので、「いかなご」にしかなりません。(笑)
「新子」よりも大きいものを「かますご」と呼ぶので、
「カマス」になるという勘違いをしておられる方もいらっしゃるようですが、
3~4年かかって、体長20cmほどにまで成長するそうですよ。
お刺身で食べると、美味しいんだとか。1度は食べてみたいものですね。




いつも応援、有難うございます!
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 ブログランキング・にほんブログ村へ ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん!  ※どちらも別窓で開きます

CCBパリ アニエス

日本で今話題のCM

2012/02/06 (月)  カテゴリー/日本のニュース・CM関連

さて今日も、お気楽ネタにしましたよ。
また、ちょっと小難しい話題をアップしたい思いもありまして…。

ということで、今日はいま日本で話題のCMをご紹介します。
まずは、こちらのCM。



トヨタのパッソのCMなのですが、
長崎県の童歌「でんでらりゅうば」が使われています。
数年前、関西人がこよなく愛する「探偵!ナイトスクープ」という番組で
取り上げられたことがあって、強く印象に残っている童歌です。

こんな動画もありましたので、併せてご紹介しておきますね。




更に、私が気に入っている「ドラえもん」シリーズに、
新しいバージョンが登場しておりますので、是非ご覧下さい。



これからも、面白いCM、楽しみにしていま~す♪




いつも応援、有難うございます!
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 ブログランキング・にほんブログ村へ ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん!  ※どちらも別窓で開きます