オススメ!オランダの絵本♪

2012/11/01 (木)  カテゴリー/オランダ関連本

帰国後、自宅近くの小学校で「読み聞かせ」のボランティアを始めて、
子どもがいない私も、久し振りに絵本を読む機会が増えました。
元々、結構頻繁に図書館を利用する方ではありましたが、
子供用の図書エリアは、ほとんど足を踏み入れたことがありませんでした。

先日、今月の読み聞かせのための絵本を探しに図書館へ行ったところ、
「あ!!これは!!!」と、どう見てもオランダに関する絵本を発見。
それが、こちら。

iconicon

皆さんはこの絵本、ご存知ですか?
オランダ国旗を思わせるこの表紙に、思わず反応せずにはいられませんでした。(笑)

Amazonの商品説明から内容をご紹介しますと…
「第二次大戦時、ドイツ占領下のオランダ。
 国境近くの町に住むピートは、スケートに夢中な10歳の少年。
 暗く不自由な時代にあっても、いつの日か「エルフステーデントホト」という、
 11の町をめぐるオランダ最大のスケートレースに出場する夢を持ち続けています。
 そんなピートに、冬のある日、重大な仕事が任されます。
 父親がナチスに捕らえられ、身に危険のせまる知り合いの姉弟を、
 隣国ベルギーに逃がす手助けをすることになったのです。
 行く手には警備兵が目を光らせています。
 命がけで凍った運河をスケートで滑らなくてはなりません。
 国境を越え、無事たどり着くことができるのか……。
 スケートの力と、ほんとうの勇気が試される、ピートのスケートレースの始まりです」

どうですか?ちょっと、読んでみたくなったでしょ?
この絵本は「絵本」ではありますが、随分と文字が多く、
正直、本好きの小学校高学年~中学生~高校生~大人向けだと思います。
映画のような、とてもドラマティックな作品で、
オランダで暮らしたことのある方なら、色々な情景を簡単に思い浮かべられ、
内容がス~ッと入ってくるのではないでしょうか。

この作品を書いたのは、ルイーズ・ボーデンというアメリカ人なのですが、
内容から見て、これは実話に基づいたお話なのでは?と思わされました。
小さなお子さんには難しいお話ですが、これからオランダへ赴任されるご予定の
中学生や高校生のお子さんをお持ちの親御さん方に、
オランダへ持って行くことをオススメしたい1冊です。
(向こうでは手に入らないでしょうし、もしあっても凄く高いので…汗)

日本で、オランダのことを想像しながらこの絵本を読むのと、
実際にオランダで生活しながら、或いはオランダ生活経験者が読むのとでは、
随分、内容に対する理解や感想が違ってくるような気がするので、
これからオランダへ赴任や留学される方は、日本で読んでから行くのではなく、
是非、この絵本を持って行かれることをオススメします。

この絵本の最後には、「エルフステーデントホト」の歴史や、
スケートの歴史についても、簡潔に分かりやすく説明が書かれている点も、
これからオランダへ行かれる方、オランダ生活経験者の方にオススメ出来る理由。
読み応えのある素晴らしい絵本だと思いますので、是非ご一読下さい!





~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん!

ブックオフオンライン

「東電OL殺人事件」の裏事情

2012/11/03 (土)  カテゴリー/日本と日本の周辺の現状

今年に入ってから、何度かニュースになっている「東電OL殺人事件」。
ご記憶の方も多いと思いますが、Wikipediaから引用しますと…
「1997年(平成9年)3月に東京電力の従業員だった女性が
東京都渋谷区円山町にあるアパートで殺害された事件である。
有罪判決によって服役した人物は釈放され、再審が確定している」との説明。

当時、私は東京で生活していたのですが、
このニュースを聞いても、単なる「事件」としてしか認識しておらず、
特に深く考えたこともないまま、数年が過ぎ去っていました。

犯人とされたネパール人男性のマイナリ被告は、
状況証拠のみで、2003年無期懲役の有罪判決が確定、
しかし、2005年にマイナリ氏が獄中から東京高裁に再審を請求、
2012年6月、再審の開始が認められたことから、
ようやくマイナリ氏は、祖国ネパールへ帰国されたのです。

この事件の被告とされたマイナリ氏は、完全に冤罪。
全く身に覚えのないことで15年間も犯人にされ、
限られた「人生」という貴重な時間を、ムダにさせられたのです。
日本人として、マイナリ氏に本当に申し訳なく思います。
私もオランダで生活しているときは「外国人」であったわけで、
もし「外国人だから」という理由で、私も同じような目に遭ったら…と考えると、
本当に背筋が凍る思いがするのです。
検察には、きちんと謝罪をしてもらいたいと思うのですが、
どうも雲行きが怪しそうなので、最終的には日本の外務省でもいいから、
「日本国」として、きちんとマイナリ氏に謝罪してもらいたいです。
そうでなければ、日本人として本当に恥ずかしい…。

実は、中川昭一元財務相がお亡くなりになっていたことを、帰国後に知ったことと、
昨年の大震災、そして原発事故に関する報道を見ているうち、
なんとなく、この「東電OL殺人事件」についても、疑問を持つようになっていました。
「中川昭一氏がこの若さでお亡くなりになったなんて、どうも納得がいかない。
 ひょっとして暗殺されたのでは?」という思いが強くなり、
  (参考記事あれこれ ⇒ こちら
と同時に、「東電OL殺人事件」も、その背後に何らかの大きな力の存在があるのでは?
との思いが、とても強くなってきたのです。

そこで、調べてみたところ、やはり大変興味深い事実に突き当たりました。
ご存じない方のために、興味深い記事のリンクを貼っておきますので、
是非ご覧下さい。キーワードは、「反原発」「ヤ△ザ」。

・  冤罪:反原発東電OL殺人事件
・ 反原発派だった東電OLは東電に謀殺されたのか?
・ 東電OL殺人事件の被害者は反原発の為殺され原発マフィアの深い闇が有りそうです

どこの国でもそうなのでしょうが、実際に目で見て確認出来る存在の
政治家や経済人が国を動かしているのではなく、
実は、その人たちを操る陰の存在が、国を動かしているのだな~と、
震災、原発事故後、あれこれ調べる機会が増えたこともあり、
日本人が日本を動かしていない…ということを、痛感しています。
本当に悲しい現実です。(涙)




~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん!

トロイの木馬への対策ならウイルスバスター

懐かし~!ホーロー看板あれこれ

2012/11/05 (月)  カテゴリー/おでかけ

今日は、9月末に温泉旅行をしたときのお話の続きです。
今回訪問したのは、兵庫県湯村温泉。
この温泉街が一番賑やかだったのは、やはり昭和だったそうで、
その頃の雰囲気を味わえる「まちかどギャラリー」というものを、
町中で展開しているようです。

事前のチェックが出来ていなかったため、
私が見つけたのは、今日ご紹介する「ホーロー看板コレクション」のみ。
でもこれが!結構楽しかったので、ご紹介したいと思います♪

まずは、見慣れたあの企業の物から。
P1120947a.jpg
ホーロー看板といえば、やっぱり「金鳥」でしょ~。(笑)
「キンチョール」って、昭和9年から販売されているんですね。
現在のエアゾールタイプは、昭和27年に発売されたそうですよ。
一番左にあるのは、なんと「カゴメ トマトジュース」の看板。
今のイメージとは、随分違ったんですね~。
このマークが使われていたのは、昭和38年から昭和58年まで。
う~ん、記憶していても良いはずなのに、記憶がない…。

続いては、知ってる物と知らない物が混在しているところ。
P1120950a.jpg
味の素とかコクヨは、全国区かな?
イカリソースやマルキン醤油は、関西人なら馴染みのあるものですよね。
コカ・コーラやペプシコーラの看板も、良い雰囲気。

そして、これが一番驚いたもの。
P1120948a.jpg
ハウス食品のマークって、こんなのだったんですね。
全く、記憶がない…。(汗)
調べてみたところ、昭和55年まではこのマークだったようで、
この年、現在の「h」のマークに変更されたんだとか。

そして最後は、ほとんど知らない企業ばかりですが…。
P1120949a.jpg
中には、お馴染み「東芝ランプ」や「ナショナル」の看板も。
いずれも、白熱灯のイラストが印象的。
ちなみに、東芝ランプの上にあるのは、「Y.K.Kファスナー」の看板。
そして、「鷲のマークの大正製薬」のメンフラ。
皆さんは、どの看板が気になったでしょうか?

実はこれらたくさんのホーロー看板は、
旅館朝野家の館主さんが、趣味で集められていた物なんだそう。
ですので、展示されている場所も、朝野家裏大手門内側の塀。
湯村温泉自体、とても小さな温泉街なので、
きっとすぐに見つけられると思いますよ。

この他、湯村温泉の「まちかどギャラリー」では、
昔の生活道具やランプの展示、昔懐かしい湯たんぽの展示などもあるようです。

湯村温泉旅行記、まだもう少し続きます…。





~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん!


密かに閣議決定された、とても危険な「人権救済機関設置法案」

2012/11/07 (水)  カテゴリー/政治関連

このブログでは、海外にお住まい中で、日本の政治に疎くなりがちな皆さんに、
私が「これは、是非お伝えせねば…」と思った事柄を記事にして、
ご紹介するようにしておりますが、今日もそんな話題から。

日本が尖閣問題でてんやわんやの大騒ぎの最中、
どさくさに紛れて、民主党が閣議決定に持ち込んだのが、
以前から“言論統制につながる”との批判が絶えない「人権救済機関設置法案」。

<ニュース記事> ※リンク
・ 人権救済法案閣議決定、選挙に向け「どさくさ紛れ」で実績作り 
・ 人権救済法案 強引な閣議決定おかしい


まず、こちらの動画からご覧下さい。




今の動画にもあったように、この法案は自民党時代からあったんですよね。
そこで、2009年に放送されたTVタックルの動画をご紹介します。




この問題については、また別の記事も書きたいと思っておりますが、
今日は最後に、こちらの動画をご紹介して終わりたいと思います。




また詳しく色々とご紹介したいと思っておりますが、
今日はとりあえず、このような危険な法案が、既に閣議決定されている。
しかも、納得のいかないやり方で…。
そういった事実をまずは知って頂きたく、記事にしました。
「民主党」「公明党」が何をしようとしているのか?
日本人として、知っておくべきなのではないかと思っています。




~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん!


湯村温泉散策

2012/11/09 (金)  カテゴリー/おでかけ

さて今日は、湯村温泉旅行の最終回。
楽しみにして下さっていた方はほとんどおられないと思いますが、
書き切らないと気持ちが悪いので、書いちゃいます!(笑)

さて、湯村温泉というところは、本当にこじんまりした温泉街なので、
正直、「みどころ」というところは、ほとんどありません。
でも、ウロウロしたい私としては、散策せずにはいられないので、
地図を頼りに、歩いてみました。

まずは、以前ご紹介した夢千代像の裏手にある、
「正福寺」というお寺へ。
P1120972a.jpg
見えているのは、「鐘楼門」。
なかなかの傾斜ですが、頑張って登ります。

このお寺は、平安時代前期に創建されたのだとか。
P1120973a.jpg
私が行った時には、萩の花が咲いていたのですが、
このお寺で有名なのは、「正福寺桜」。
八重桜で、ガク片が10枚、メシベが2~4本ある珍種だそうです。

もちろんこの時期は桜など咲いておりませんでしたので、
写真はございませんが、こちらの花が綺麗でしたよ。
P1120974a.jpg
キキョウです。私の大好きな花のひとつです。
ちょっと分かりにくいですが、キキョウのつぼみって、
花びら同士がぴったりとくっついているので、
イギリスでは、“balloon flower”と呼ばれているとか。

次に向かったのは、芭蕉の句碑があるという「薬師堂」。
P1120976a.jpg
このお堂は、嘉祥元年(848)に建てられた物だとか。
「今日ばかり人も年よれ初しぐれ」という芭蕉の句碑があると聞き、
狭い敷地をウロウロしても、なかなか見付からなかったのですが、
この裏手に、石で作られた句碑がありました。

さて、最後に訪れたのは、「八幡神社」。
P1120977a.jpg
平安時代に、石清水八幡宮の分社として始まったようです。
正直、そう大きな神社ではないのですが、見所が2つあります。

まず1つめは、こちら。
P1120978a.jpg
この神社の御神木です。
夫婦円満、子宝に御利益があるとされる夫婦杉。

どうですか?結構な迫力でしょ~?
P1120979a.jpg
なんと樹齢は、約500年だとか。
フェーンに住んでいた頃、ボス公園にあるとても大きな2本並んだ木が気になり、
わざわざその木を眺めるために、お散歩に出掛けていたことを思い出しました。
ボス公園の中でも、とても辺鄙な場所に生えているので、
フェーンで暮らしておられる方でも、この2本の木はご存じないと思います。

そしてもう1つは、こちら。
P1120980a.jpg
この五重の石塔は、日本三古塔の一つと言われています。
自然石を積み上げて作ってあるのですが、地元では「いぼ神様」と言われ、
自分の身体に出来ている「いぼ」とこの石塔を割り箸で渡し、
「いぼいぼ渡れ、この橋渡れ」と三度唱えると、いぼが無くなるとか。
ちゃんと、割り箸も置いてありましたよ。(笑)

初めて行った湯村温泉。
こじんまりとした鄙びた風情の温泉街でしたが、なかなか楽しめました。
旅館では、しっかり卓球も楽しみましたし。(笑)
また時機を見て、温泉旅行をしたいと思います♪




~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん!

CCBパリ アニエス