天皇皇后両陛下のパラオ訪問

2015/04/01 (水)  カテゴリー/歴史・教育

今月8日、天皇皇后両陛下がパラオをご訪問されます。
そこで、2014年6月、このブログで1度ご紹介した記事を、
再度ご紹介したいと思います。

以前のままの記事をそのまま掲載しますので、ご了承ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先日、天皇・皇后両陛下が、戦没者慰霊のため、
パラオご訪問を検討しておられるというニュースがありました。
 ニュース記事 ⇒ パラオご訪問を検討 天皇、皇后両陛下 
              戦後70年で戦没者慰霊へ

以前このブログでも、パラオについて記事にしたことがあります。
 パラオの記事 ⇒ こちら (※ クリック)
私は新婚旅行で“宮崎・鹿児島”を提案したのですが却下されたため、
このパラオを新たに提案しました。が!またまた却下。(汗)
ということで、いまだに訪問したことがございません。

親日国パラオと天皇陛下。
こんな出来事がありました。ご存知でしょうか?
天皇陛下とパラオ (※ クリック)

これまでに私は、明治天皇、昭和天皇、今上天皇に関する書籍を、
それぞれ数冊ずつ読み終えています。
左翼側の視点で書かれたものも含め、天皇たちの生活や考え方、
また、実際歴史的にどのようなことがあったのか、
これまで不勉強だったことを反省し、遅まきながら少しずつ勉強しています。

先の大戦が昭和天皇のご英断によって終わりを迎えたその日、
今上天皇が疎開先の奥日光で書かれた作文をご紹介します。

==========

『新日本の建設』

昭和20年8月15日、この日、
我が国3000年の歴史上初めての事が起きました。
そしてこの日が日本人に永久に忘れられない日となりました。
畏れ多くも天皇陛下が玉音で米英支ソ四ヵ国の宣言を
御受諾になるという詔書を御放送なされました。
私はそれを伺って非常に残念に思ひました。
無条件降伏といふ国民の恥を、陛下御自身で御引受けになって
御放送になった事は誠に畏れ多い事でありました。

今度の戦で我が忠勇な陸海軍が陸に海に空に勇戦奮闘し、
殊に特攻隊は命を投げ出して陛下の御為笑って死んで行きました。
又国民も度々の空襲で家を焼かれ、
妻子を失っても歯をくいしばってがんばりました。
この様に国民が忠義を尽くして一生懸命に戦った事は感心な事でした。
けれども戦いは負けました。
それは英米の物量が我が国に比べ物にならない程多く、
アメリカの戦争ぶりが非常に上手だったからです。
初めの内は準備が出来なかったので敗戦しましたが、
準備が出来ると猪武者の様な勢いで攻めて来ました。
その攻め方も上手でなかなか科学的でした。
数百隻の軍艦、数千機の飛行機、数万トンの爆弾を以て攻めて来ました。
遂には原子爆弾を使って何十万という日本人を殺傷し、
町や工場を破壊しました。
それで我が海軍はほとんどなくなり、飛行機を作るアルミニュームの製産も
18年頃に比べて4分の1に減って大事な飛行機が作れなくなり、
遂に戦争が出来なくなりました。
その原因は日本の国力が劣っていた為と、科学の力が及ばなかった為です。
それに日本人が大正から昭和の初めにかけて
国の為より私事を思って自分勝手をしたために
今度の様な国家総力戦に勝つ事が出来なかった
のです。

今は日本のどん底です。それに敵がどんな事を言ってくるか解りません。
これからは苦しい事辛い事どの位いあるか解りません。
どんなに苦しくなってもこのどん底から這い上がらなければなりません。
それには日本人が国體護持の精神を堅く守って
一致して働かなければなりません

日本人一人とアメリカ人一人を比べれば、
どんな点でも日本人の方が優れています。
団体になると劣るのです。
そこで此からは国體訓練をし科学を盛んにして、
一生懸命に国民全体が今よりも立派に新日本を建設しなければなりません。
殊に国が狭くなったので、此からは農業を一層盛んにしなければなりません。
それが私達少国民の役目です


今までは、勝ち抜く為の勉強、運動をして来ましたが、
今度からは皇后陛下の御歌の様に、
次の世を背負って新日本建設に進まなければなりません。
それも皆私の双肩にかかっているのです。
それには先生方、傅育官の言う事をよく聞いて実行し、
どんなに苦しさにも堪え忍んで行けるだけの粘り強さを養い、
もっともっとしっかりして明治天皇の様に皆から仰がれるようになって、
日本を導いて行かなければならない
と思います。

==========

当時、学習院初等科6年生、11歳だった今上陛下の素晴らしい作文です。
今上天皇は、このときのお覚悟をそのまま今も持ち続けて、
国民のために、日本のために、命を削ってその役目を果たそうと、
ただひたすら邁進して下さっているように思えます。
そして皇后陛下も、全力で天皇陛下を支えておられます。
素晴らしい天皇・皇后両陛下の時代に生きることができて、本当に幸せです。

さて、戦後60年の際に、両陛下が訪問されたのはサイパンでした。
その際、こんな出来事があったことをご存知でしょうか?
天皇皇后両陛下のサイパン訪問中の「ちょっといい話」 (※ クリック)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

天皇皇后両陛下が、どれほどの御覚悟を持たれ、
どれほど強い思いを持って今回パラオをご訪問されるのか。
国民として、少しでもきちんと理解できれば…と願います。




~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん

信州大学学長の言葉

2015/04/07 (火)  カテゴリー/歴史・教育

皆さんもご存知かと思いますが、
今年の信州大学の入学式において、
学長がなさった挨拶が話題になっています。
全文を発見しましたので、一部抜粋してご紹介したいと思います。

=======

ところで、新入生の皆様は、本日、
大学受験から解き放たれたことになりましたが、
もう勉強はしなくて良いなどとは考えていませんよね。

今までは、皆様は正解のある問題を解くことに終始していました。
知識の量を試されていました。
世の中では、正解のない問題を解かなければなりません。
誰も考えたことのないことを考えるという、知識の質を問われることになります。
さらに、世界の状況は変化が大きく、
スピードも速く、ICTの進歩で一気にグローバル化します。

大学院入学生にも、是非聞いて頂きたいのですが、
日本が今後とも活力ある社会を維持し、世界へ積極的に貢献していくためには、
科学、技術、文化のいずれの分野でも独創性や個性を発揮することが重要となります。
横並びの発想では問題を解決できません。

皆様は、もしかしたら、個性の発掘に没頭する「自分探し」をしませんでしたか。
また、これからしようと思っていないですよね。
若い時の自分探しは勧められません。
特に、解剖学者の養老孟司さんは、
「個性は徹底的に真似をすることから生まれる」とまでおっしゃられています。
伝統芸能の世界に見られる、師匠と弟子の個性の違いを指摘されてのことです。

個性を発揮するとは、なにか特別なことをするのではなく、
問題や課題に対して、常に「自分で考えること」を習慣づける、
決して「考えること」から逃げないことです。
自分で考えると他人と違う考えになることが多くなり、
個性が出てきます、豊かで創造的な発想となります。

学生で言うと、普段の勉強を真剣に取組むこと、
そして身につける「知識の量」を主とするのではなく、
「知識の質」すなわち自ら探求的に考える能力を育てることが大切となります。

(略)

創造性を育てるうえで、特に、心がけなければならないことは、
時間的、心理的な「ゆとり」を持つこと、ものごとにとらわれ過ぎないこと、
豊か過ぎないこと、飽食でないことなどが挙げられます。

自らで考えることにじっくり時間をかけること、
そして時間的にも心理的にもゆったりとすることが最も大切となります。

子供の頃をちょっと思い出して下さい。
子供の頃は、例えば、夏休みがゆっくり過ぎていたと感じませんか。
大人になると、忙しさで、時間は走馬灯のように速く過ぎていきます。
脳科学者のDavid Eagleman(デイウィッド イーグルマン)さんは
「記憶が詳細なほど、その瞬間は長く感じられる。
しかし、周りの世界が見慣れたものになってくると、
脳が取り込む情報量は少なくて済み、
時間が速く過ぎ去っていくように感じられる」と言っています。

自分の時間を有効に使うために、自力で時の流れを遅くする必要があります。

そのために五つの方策が提案されていることは良く知られています。

 一、学び続けること。新しい経験が得られて、時間感覚がゆっくりとなる。

 二、新しい場所を訪ねる。定期的に新しい環境に脳をさらす。

 三、新しい人に会う。他人とのコミュニケーションは脳を刺激する。

 四、新しいことを始める。新しい活動への挑戦。

 五、感動を多くする。

(略)

残念なことですが、昨今、この信州でもモノやサービスが溢れ始めました。
その代表例は、携帯電話です。
アニメやゲームなどいくらでも無為に時間を潰せる機会が増えています。
スマホ依存症は知性、個性、独創性にとって毒以外の何物でもありません。
スマホの「見慣れた世界」にいると、脳の取り込み情報は低下し、
時間が速く過ぎ去ってしまいます。

「スマホやめますか、それとも信大生やめますか」
スイッチを切って、本を読みましょう。友達と話をしましょう。
そして、自分で考えることを習慣づけましょう。
自分の持つ知識を総動員して、ものごとを根本から考え、
全力で行動することが、独創性豊かな信大生を育てます。

=======

なんとも、本当に素晴らしい言葉の数々ではありませんか!
ちょうど、皆様にご紹介しようと思っていたある本の内容とも通じるものがあり、
これは是非、皆さんにお伝えしなくては!と、上記の部分をご紹介しました。

学長は、スマホがいけない…ということをおっしゃっているのではなく、
スマホなどに依存してしまうことに問題を感じておられるのだと思います。
要するに、「自律(自分自身をコントロールする)」が
必要とおっしゃりたいのでしょう。
心穏やかに、心にゆとりを持たなければ、
大学生だからこそ経験できるたくさんのことを、
経験しないままに終わってしまうのではないか…と、
学生たちを本当に心配しておられるのだと思います。

実際、私自身、テレビを見なくなってからというもの、
本当に心が情報に振り回されなくなったおかげで、
読書に費やす時間も更に増えましたし、毎日穏やかに暮らせるようになりました。
「情報」は有難いものですし、大変便利なものですが、
それに心が振り回されてしまわないように…と、
現実社会よりもネット社会に浸っている現状を危惧しておられるのでしょう。

私自身の大学時代を振り返ってみても、
同じアパートで暮らす仲間たちと、
朝まで哲学的な議論を繰り返したことがありました。

現在の日本の在りようについて、現在の教育の問題点について、
若者たちの物の見方、考え方について…などなど、
様々なことについて、深夜に討論をしていたことを思い出します。

こういった話をするためには、やはり日頃から自分と向き合い、
物事を深く考える癖が付いていないと、しんどいかもしれません。
大学時代は、受験戦争からようやく開放され、
いよいよ、自分自身と向き合うための貴重な時間となります。
「自分で考える」「ものではなく、人と接する」
これらは、本当に大切なことだと痛感しています。

大学生活を始めようとしている新大学生たちに向けた、
本当に心のこもった素晴らしい“学長あいさつ”だと思いました。
皆さんは、どのようにお感じになったでしょうか。




~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん


孤独のチカラーその1

2015/04/10 (金)  カテゴリー/本のご紹介

テレビでよく拝見している、
明治大学文学部教授でいらっしゃる齋藤 孝さん。
年齢よりも大変お若く見える、ちょっとお声が高めの先生です。(笑)
この先生、とてもたくさんの本を書いておられるのですが、
これまで1冊も読んだことがありませんでした。

この前、図書館でタイトルに興味を持って借りてきたのがこちらの本。

孤独のチカラ


私がこれまで実践してきたことや感じていたことと重なる部分も多く、
共感しながらあっという間に読み終えました。

是非皆様にもご紹介したい!という気持ちが大きく、
今回と次回2回に分けて、印象的だった箇所をご紹介したいと思います。

===========

現代人は孤独を非常に恐れる。
その反動なのか、<友達がいないと不安だ症候群>とでも言いたいほど、
人とつるみたがる。
実際、「友達がいない」と言うと、
ほとんど人格破綻者のように扱われる世の中である。
友達がいない状態があまりに怖いために、
本来付き合わなくてもいい相手とずっと付き合ってしまう人は多いのではないか。
それが居心地がいいというなら、それも一つの生き方だ。
だが、本心では満足していないのに、一人でいることの意味を
ポジティブにとらえることができなくて不本意な時間を過ごしているなら、
その膨大な無為は人生の意味を薄めてしまうことに等しい。

勉強がつらいのは、孤独のなかでやるものだからという一面もある。
問題集を解くのも、本を読むのも、その時間は人は孤独になる。
しかし、孤独によってしか効率や生産性を高められないのが
勉強や読書といった行為である。
そのつかの間の孤独にも耐えられないと、テレビやラジオ、
好きな音楽などを流しっぱなしにして、
ながらで気を紛らわすことになり、得るものは少ない。
特にテレビは、テレビに出ている人たちが
友達であるかのように感じる空間を作り出す。
「○○がこの間こんなことをいっていたよね」「△△がすごかったんだ」と、
有名人たちと本当に親しいかのような口を利く。
そういう話題を身近な友達同士ですれば、
まるで自分がその仲間入りをしている錯覚を起こし、
その場では孤独は紛れる。
これでは深く掘り下げるエネルギーにつながらない。

現在のすさまじいブランドブームも、みんなに倣えの風潮が強まった結果だ。
他の人も欲しがっている、だから自分も欲しい。
<ブランド戦略>という、企業が仕掛けた手段的な欲望に乗って、
孤独をごまかしている。
少なくとも、目先のことに忙しいのだから、
自分とは何か、生きるとは何かという根源的な問いに向き合うことからは逃げられる。
「私は一人きりでブランド品を眺めつつ自己を深めているのよ」というなら止めないが、
ブランドを介して<つるむ>楽しさに浮き足だっているだけという気がしてならない。
同様に、仲のいい友達とのおしゃべりも、時間の浪費にしかなっていないケースがある。
もちろん、友達と楽しく過ごす、そのこと自体が人生の目的の一つにもなり得る。
大事な時間であることには私も異論がない。
しかし、おしゃべりをしている間に何かが成長するかというと難しい。
部屋で一人、音楽を聞きながらゆったりとリラックスして過ごすのは、
私にいわせれば孤独ではない。
音楽はその旋律に身をゆだねていればいいから、むしろ何も考えないですむ。
これは安楽というもので、受動的な行為だ。
現に脳科学の研究によれば、
音楽を聞いているときにはほとんど働いていないそうである。
つまり私の提案は、一人の時間をリラックスして過ごそう、
自分自身を癒そうという主張ではない。
もっと自分自身に向き合うような時間、
もしくは自分の技量を深めていく時間を持とう。
それこそ脳を真っ赤に燃え上がらせる知的活動のひとときは、
誰もが持つべき孤独なのだ。


何かを勉強しよう、学ぼうというときには、まず群れから離れて一人で立つ。
これが基本姿勢だ。
頭のよし悪しや、本をたくさん読んできたかどうかより、
単独者になれるかどうかが問われる。

===========

私もこれまで、敢えて、あるいは自然に「孤独」の時間を過ごしてきました。
そんな私にとって、この1冊は本当に納得できる内容でした。
私は「ひとりぼっち」に対する恐怖が、子供の頃からありませんでした。
自分にとって“害”となる交友関係は、必要ないと思っていました。
他人にどう思われようと、まずは自分自身が成長することが大切。
そんな勇気を与えてくれる1冊ではないでしょうか。

次回も、この本からご紹介したいと思います。




更新の励みになりますので、応援クリックお願い致します!
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓          
   にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ     
  オランダやヨーロッパ情報ブログのランキングです♪

孤独のチカラーその2

2015/04/13 (月)  カテゴリー/本のご紹介

さて、今日は前回の予告どおり、続きをご紹介しましょう。

===========

つるむ関係はいわば談合状態だ。
『とりあえずいまのままの自分でいい』という安きに流れて、
お互いに「いいよね」「いいよね」と入札価格を低く抑えたままで安心している。
だが、自分に期待するものが大きい単独者であれば、
談合して自分への入札価格を低くしてしまうことはなく、
非常に高めに設定するだろう。
そうして高くしてしまった自分を落札するには、いまのままでいいわけがない。
自分自身に大きな負担がかかっていくことになるが、
力を伸ばすためには不可欠の精神構造だと私は思う。

~~~~

ひとりの時間とは基本的に自分を鍛える時間、
何かを技に変えていくためについやす時間だと捉えておくべきだと私は思う。

~~~~

人は孤独なときにこそ力を伸ばすことができる。

~~~~

いつもメールや携帯で誰かとつながっていて、寝る直前まで手放せない。
そうした生活の中では、本当に一人になることは不可能だ。
するとその人は、自分の泉に水を蓄えることも、
泉から水を汲み上げることもできないのだ。
実際、人間には一人に戻る時間にほっとするという側面もある。
自分の時間をもつだけで、実はかなり精神的に安定するものだ。
人と仲よくやりたいと考えれば、ある程度つき合いも大事だろう。
しかし無理してまで周囲のあらゆる人とつき合う必要はあるのか、
立ち止まってみることをすすめたい。
そもそも現代人は人間づき合いと恋愛が人の頭を占めすぎていると、
私は思っている。
自分の中の地下水を汲み上げることは技である。
それが自在にできるようになると、他の人から見たときにも魅力になる。
何より、『いざとなったら一人でもいいのだ』と思える潔さは、安心感になる。

日本ではいま、知性や教養といったものをあまり魅力として捉えない傾向がある。
知性というものがいかに大切かが問われなくなってきたために、
わざわざ苦労して勉強しよう、教養を磨こうと努力しない人が増えている。
だが、これはおかしなことだ。本当は誰でも知性や教養のある人が好きなのだ。

知とは自分の地下深くにある澄んだ泉のようなものだ。
どんな人もひとりになってそこに身を浸さないと、
本当はずっと輝き続けることはできない。
そうして単独者として過ごす時間が、
他者が安易に入り込めないある種の気高さをつくることにつながるからだ。
そのために生じる孤独は、他人を排除し、孤立していくこととは全く違う性質のものだ。


教養を磨き、自分の価値を正確に見据えるためには、読書は欠かせない。
ひとりのときに本を読むというのはごく当たり前のように聞こえるかもしれないが、
本以外の娯楽が極端に増えている現代、
本を読むということを技にできていない人が実に多い。
読書をしている人としていない人とでは、十年、二十年たったときに、
人間としての魅力がまったく違ってきてしまう。

~~~~

“人は死から目を背けているうちは、自己の存在に気を遣えない。
 死というのもを自覚できるかどうかが、
 自分の可能性を見つめて生きる生き方につながる”

~~~~

人間にはそれぞれ固有の死があり、その死はいつやって来るかわからない。
だがラテン語に“メメント・モリ(死を思え)”という言葉があるように、
自分が死すべき存在であることを忘れなければ、
自分が時間的制約の中の存在であること、
つまり、生は限定された時間をどう生きるかという真剣勝負の場であることを
意識することができる。
本来的な自分の存在のあり方を考えるようになる。
それによって、できるだけいまを充実させようとし、
<現在>の意味が変わってくるということがあるわけだ。

===========

如何でしたでしょうか?
この本のご紹介を…と思っていたタイミングで、信州大学の学長の挨拶が話題となり、
「ちょうど、同じような内容だわ!」と、続けてご紹介できました♪

私は子供の頃から、本を読むことが好きですが、
一時期、少女マンガにはまり、数年間活字から離れていたこともあります。
でもやはり、中学3年生くらいからでしょうか、また活字にはまりだし、
そのまま、現在に至っています。

「目からの情報」が少ない本を読むということは、脳の訓練にも大変良いですし、
また、テレビから得られるのとは比べ物にならないほど、
多くの情報を得ることが出来ます。

私は意味もなく人とつるむよりは、孤独の時間の方が好きです。
皆さんは、如何でしょうか。




~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん


今年の桜は…

2015/04/16 (木)  カテゴリー/おでかけ

オランダの桜は、満開を過ぎた頃でしょうか。
日本の今年の桜は、結構早く咲いてしまいまして、
大阪では、週末にお花見というのが難しいタイミングで満開を迎えました。

こちらは、家の近くで撮影した3月末の桜。
P1160010a.jpg
ここからが、早かった…。

3日後には、こんな感じに。
P1160019a.jpg
気がどんどん、焦ってきました。(汗)
早くお花見に行かなくては…。

これまで、母と二人でお花見をしたことがあまり記憶になかったので、
今年は私の実家の近くにある万博記念公園へ、二人で出かけてきました。
大阪モノレールに乗って、万博の駅で降りると…
P1160027a.jpg
なんじゃこりゃ~!!という、物凄い人!!
実はこの週、お天気が良いのはこの日だけの予報だったので、
集中してしまったようです。どひゃ~!!

ちなみに、先に写っているのは…
P1160026a.jpg
元・エキスポランドの場所に建設中の大型複合施設「EXPOCITY」。
今秋開業予定なのですが、水族館もできるようなので今から楽しみです♪

さて、左側に目をやると…
P1160028a.jpg
じゃ~~ん!見えました!太陽の塔です!!
では、いよいよ公園に向かいます。

実はこの日、本当にとんでもない人手で、
生まれて初めて、入園券を買うのに30分ほど行列しました。(汗)
ようやく中へ入ると、正面には…
P1160029a.jpg
太陽の塔が鎮座ましまして、私たちを迎えてくれます。

ちなみに、こちらが斜め横から。桜とともに。
P1160030a.jpg

そして、こちらが後姿。
P1160036a.jpg
この日は、本当に良いお天気でお花見日和♪
あれほど行列していた人たちは、だだっ広い園内に散り散りになり、
相当な混雑を予想していたわりには、結構空いていた印象。
ほっと、一安心。(笑)

ということで、これから桜を見るわけですが、
続きは、また今度。




更新の励みになりますので、応援クリックお願い致します!
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓          
   にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ     
  オランダやヨーロッパ情報ブログのランキングです♪