ううう、残念…

2015/10/03 (土)  カテゴリー/その他(帰国後の出来事)

今年の夏は、随分早くから本番を迎えたかと思うと、
何だか突然秋になってしまい、そのまま終わってしまいました。
残暑厳しいのか?と心配していたのですが、要らぬ心配でしたね。

このブログで何度かお話ししましたが、現在私はテレビは見ず、
ラジオで生活をしています。情報源は、ラジオです。
「テレビよりも、面白い!!」と気に入っていた、
お笑い芸人「スマイル」がKBS京都ラジオで放送していた番組が、
9月いっぱいで終わってしまいました…。

この番組は3時間の放送だったのですが、本当に面白かったんです。
特に、ボケ担当のウーイェイよしたかさんが、素晴らしかった!
(お笑い芸人としてね…)
なので、とっても残念なんです。
お笑い芸人なら、だれでもラジオを面白く放送できるわけではないですし。

秋は改編時期なので、終わる番組があれば、始まる番組もあります。
また、新たに面白い番組を見つけられることを楽しみにしておきましょう。

ちなみに、ラジオの良いところは、持ち運べるところ。
リビングで聴いていても、キッチンで洗い物をするときにはキッチンに、
お風呂に入るときには、お風呂場に…と、長時間番組を楽しめるんです。
テレビだと、テレビの前に張り付いていないといけないし、
耳からの情報だけではなく、目からの映像刺激も多いですからね。
今の私には、ラジオくらいがちょうど良い。(笑)




更新の励みになりますので、応援クリックお願い致します!
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓          
   にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ     
  オランダやヨーロッパ情報ブログのランキングです♪


驚愕!大発見では!?

2015/10/07 (水)  カテゴリー/その他(帰国後の出来事)

先月、とある道端に、見慣れない大きなものがあることに気が付き、
歩み寄って確認してみると…。


DSCN4389.jpg
切り株(?)の上に、その太さよりも大きなこんなものが!!


真上から見ると…
DSCN4390.jpg
こんな感じ。


さらに、1枚目の写真の逆方向から見ると、
DSCN4391.jpg
こんな感じに、綺麗に切り株を覆うように出来あがっているこの物体は…。


ちなみに、横から見ると、
DSCN4393.jpg
「あれ?世界遺産!?」って感じですけど、(笑)
椎茸の裏によく似た感じのヒダヒダがありました。
触ってみたところ、結構固いんです。

おそらくこれは、コフキサルノコシカケ。
メジャーを持っていなかったので、どのくらいの大きさか測れなかったのですが、
私の母と並べて写したら、結構大きさがわかりやすかったのでアップしてみます。(笑)

DSCN4398.jpg
どうですか?
結構、大きかったのが伝わりましたでしょうか?
もちろん採ったりせず、このまま置いておきましたよ。
さらに大きく育ってくれると面白いのですが…。


最後に、おまけでもう1枚。
DSCN4396.jpg
ピントが甘くて申し訳ありませんが、
サルノコシカケの裏にいた、蝉の抜け殻。空蝉です。

夏の終わりと秋の深まりを同時に感じたお散歩になりました。
オランダはすっかり、秋の雰囲気なんでしょうね~。




~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん


久し振りに良かった!

2015/10/11 (日)  カテゴリー/本のご紹介

ここのところ、本のご紹介の機会がありませんでしたが、
相変わらず、結構なペースで読書は続けています。
この前なんて、1日で5冊も読んでしまいました…。(汗)

さて、最近久し振りに、「これは、凄い!!」と思えた本に巡り合ったので、
今日から数回に分けて、ご紹介したいと思います。

その本とは、こちら。

3週間続ければ一生が変わる―あなたを変える101の英知


いわゆる“自己啓発本”ですが、これは私には結構ピター!っときました。

私はこれまでの人生で、一体何冊の自己啓発本を読んだかわかりませんが、
ひとくちに“自己啓発本”といっても、本当にピンきりですし、
読むタイミングや読む人の個性によっても、合う本、合わない本があると思います。
私も、途中で読むのをやめてしまった本もいくつかありますし…。

さて、今日はこちらの本の中から、印象的だったところをご紹介します。

==============

3 最初の二十一日間を乗り切る

あらたな習慣を身につけるには約二十一日かかります。
でも、ほとんどの人は、ポジティブな生活の変化をつくりだすことを
最初の二、三日であきらめてしまいます。
古い行動を新しい行動に変えるときにはつきものの、
ストレスや苦痛に耐えられなくなるのです。
新しい習慣は、新しい靴に似ています。
最初の二、三日間は、あまり履き心地がよくありません。
でも、三週間くらいたつと慣れてきて、第二の皮膚のようになるでしょう。
わたしたち人間は、変化に抵抗し、現状を維持するように、
遺伝子的にプログラムされています。
恒常性(ホメオスタシス)として知られる状態は、
時間とともに自然に進化するもので、それによって、わたしたちの祖先は
つねに変化する状態のなかで生き延びることができたのです。
問題は、もっと望ましい可能性があるときでも、
そのメカニズムはものごとの現状を維持しようとすることです。
だから、新たな習慣を身につけ、
さらに高いレベルの生活へ移るのをさまたげる重力を克服するのがむずかしいのです。
しかし、ロケットが発射直後の二、三分で使う燃料は、
その後に飛ぶ五十マイル以上の距離で消費するより多いのとおなじで、
最初の二十一日を乗りきれば、新たな習慣を身につけてすすむのは、
想像していたよりはるかに楽なことに気づくでしょう。

==============

私自身、昨年から今年にかけて、自分の生活パターンを見直し、
結構な大変革を行ってきました。
確かに初めの頃は、それを習慣化できるのか不安でしたが、
今ではすっかり“当たり前のこと”となりました。

「現状を変える」ことを、人間は本能的に嫌うところがありますが、
自分で「このままではいけない!」と本気で思うなら、
この本の作者が言うように、初めの停滞期のような時期さえ乗り切れば、
これまでよりも良い生活、人生を送ることは不可能ではありません。

ついでに、もう1か所ご紹介します。

==============

9 慣習と反対の道を行く

フランスの政治哲学者、ジャン・ジャック・ルソーは、
「慣習とは反対の道を行け。そうすれば、ほぼいつでもうまくいく」と書いています。
~~~
世界でもっとも賢明で有能な人びとの一生を調べてみると、
彼らは他人からどう思われようと気にしていなかったことがわかるでしょう。
世論に押されて行動するのではなく、
自分の心の声にしたがう勇気をもっていました。
人通りの少ない道を歩むことによって、
彼らは夢想だにしなかった成功を手に入れたのです。
~~~
そして、最高のものは哲学者のエマソンのことばでしょう。
「世の中にあって、世の中の意見に生きるのはたやすい。
ひとりのとき、自分の意見に生きるのはたやすい。
だが、偉大な人間とは、群衆のなかにあって、みごとに孤高を保てる人物である」




更新の励みになりますので、応援クリックお願い致します!
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓          
   にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ     
  オランダやヨーロッパ情報ブログのランキングです♪

日の出とともに起きる

2015/10/15 (木)  カテゴリー/本のご紹介

さて、前回からご紹介し始めた『3週間続ければ一生が変わる』。
私がいつも思うことですが、いくら知識を増やしても、
それを実行しなければ、宝の持ち腐れになってしまうんですよね。
「ああ、知ってる、知ってる」「わかってるよ~」じゃなく、
「ああ、やってるやってる!」って言えないと、
いくら本を読んだところで、自分の人生を変えることなどできません。

今日も、印象的だったところをご紹介しますね。

========

13 日の出とともに起きる

早起きは、あなたが自分自身に与える贈り物です。
あなたの人生を変える力をもっている鍛錬で、
早起きの習慣にまさるものはほかにあまりありません。
早朝の二、三時間には、なにか特別なものがあります。
時間はゆったりと流れ、空気には深い安らぎが感じられるような気がします。
“五時起きクラブ”に参加すれば、一日にコントロールされるのではなく、
あなたが一日をコントロールできるようになるでしょう。
~~~
早起きの習慣をつけるにあたっては、
いちばん重要なのは睡眠の量ではなく“質”である、ということを忘れないでください。
安眠できない、断続的な十時間の睡眠より、六時間の熟睡のほうが好ましいでしょう。
もっと深い眠りを手に入れるのに役立つ、四つの秘訣をあげておきます。
①ベッドに横たわって眠ろうとしているとき、一日の活動を頭の中で再現しないこと。
②午後八時を過ぎたら、食べないこと
 (どうしてもなにか食べたくなったら、スープを飲む)
③寝る前にニュースを見ないこと
④ベッドの中で本を読まないこと

二、三週間かけて、この新しい習慣を身につけてください。
早起きしようとしたけれど、つらいので七日であきらめたというのは、
フランス語のレッスンを始めたが、
七日たってもしゃべれないのであきらめた、というようなものです。
生活を変えるには、時間と努力と忍耐が必要です。
でも、あなたが手にする結果は、最初に感じるストレスを
それ以上の価値があるものにしてくれるでしょう。

========

これまでに、お話したことがあったかなかったかわかりませんが、
現在の私は、結構早く寝て、朝は4時~5時頃起きるようにしています。
完全な「朝型」人間になりました。

朝型に変えて実感していることは、
「早朝の1時間は、深夜の3時間に勝る」ということ。
・世の中がとても静かなので、何をするにも集中できること。
・眠気と戦う必要がなく、いくら頭を使っても全く問題ないこと。
 (これから、頭も体も起こしていけば良いだけなので…)
・朝ごはんの時間には、しっかりとお腹が空いていること。
・しっかりとした睡眠を確保でき、なおかつ規則正しい生活が出来、
 朝トイレに行くにも時間的余裕があり、健康にとても良いこと。
朝型の生活で、悪いことって何もないのでは?(笑)

では、続いて、もう1か所ご紹介しましょう。

========

31「愛のむち」を実践する

成功した有意義な人生に見られるすばらしい特徴は、自己鍛錬です。
鍛練すれば、やらなければいけないと思っているのに
なかなかやる気になれないことが、すべてできるようになります。
自己鍛錬しなければ、はっきりした目標をさだめ、時間を有効に使い、
他人に親切にし、つらい時期を乗り切り、健康を気にかけ、
ポジティブな思考をすることはできません。
私は自己鍛錬の習慣を「愛のむち」と呼んでいます。
というのも、自分にきびしくなることは、じつはきわめて愛のこもった行為だからです。
わが身に厳格になれば、もっと慎重に人生を送るようになります。
特定の日の流れに身を任せて漂う木の葉のように人生に対処するのではなく、
自分の思うままに生きることができます。
~~~
結局のところ、人生の質は選択と決断の質によって決まるのです。
その範囲は、あなたが選んだ職業から、あなたが読む本、毎朝起きる時間、
一日のなかで考えごとをする時間にいたるまで、多岐にわたっています。
正しいと思っている選択(楽な選択ではなく)をすることで
つねに意思の力を示せば、人生をふたたびコントロールできるようになります。
有能で、存分に力を発揮できる人びとは、
いちばん都合がよくて楽なことに時間を費やしたりしません。
彼らは心の声に耳をかたむけ、賢いことをする勇気をもっています。
そういった習慣を身につけることによって、すばらしい人物になるのです。




~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん


約束を守らないと信用をなくす

2015/10/19 (月)  カテゴリー/本のご紹介

さて、今日も『3週間続ければ一生が変わる』から。

=========

47 正直という哲学を身につける

わたしたちは約束が反故にされる世の中に生きています。
ことばが軽々しくあつかわれる時代に生きているのです。
~~~
心にもないことばかりいっていると、やがてそれは習慣になります。
いちばんの問題は、約束を守らないと信用をなくすことです。
信用をなくせば、信頼のきずなが断たれます。
信頼のきずなが断たれれば、
最後にはさまざまな人間関係がつぎつぎに壊れていきます。
~~~
正しいことをやりそこなうたびに、
まちがったことをする癖が身についてしまいます。
真実を語らないたびに、嘘をつく癖が身についてしまいます。
だれかになにかをすると約束したなら、かならず実行してください。
“口先ばかりでなにもしない”人間ではなく、約束を守る人間になりましょう。

=========

こんなこと、いまさら言われなくても…と思っておられるでしょうが、
約束を守らない人って、本当に多いですよね。
私のごくごく身近にもいます。(涙)
自分が信用されていないことに腹を立て、信用してくれない相手を非難する。
信用されない原因は、自分が約束を守らないことにあると気がつかない。
「約束」はその場限りのものではなく、守るためにあるのです。
そもそも守れない約束など、するべきではありません。
約束をした限りは、それを実行する。これが人として、当然のことなのです。

それでは、もう1か所。

=========

59 ニュース断ちをする

ネガティブなニュースは売れます。
わたしたちの社会では、ほんとうに偉大な人物の伝記より、
有名人の刑事裁判を見る人のほうが、最新の悲劇を見出しにした新聞のほうが、
最新の科学的躍進をあつかったものより売れるのです。
いちばんの問題は、ネガティブなニュースを読んだり見たりしていると、
いともたやすく中毒になってしまうことです。
あまり救いにならない新聞を読んで一日を初め、
深夜テレビのニュースで最新の犯罪や事故やスキャンダルの情報を仕入れて
一日を終える人を、わたしは大勢知っています。
けっして新聞やテレビを否定しているわけではありません。
実際、多くの新聞からすばらしい情報を得ていますし、
もう何年ものあいだ、知的なテレビ番組からたくさん学んできました。
わたしがいいたいのは単純なことです。
ニュースに心をさらすときは、よく選んでください。
新聞を読んだり、テレビを見たりするときは、もっと慎重になるべきです。
朝刊を読む前に、目的意識をもって下さい。
暇つぶしの口実にするのではなく、あなたの役に立ち、
賢くしてくれる情報ツールとして、利用するのです。
多くの人が苦しんでいる“ニュース中毒”から脱却する方法の一つは、
七日間の「ニュース断ち」をすることです。
来週一週間、新聞のネガティブな記事を読んだり、
テレビのネガティブな報道を見たりしないと誓ってください。
あなたはふたつのことに気づくでしょう。
第一に、多くの情報を手に入れそこなうことはありません。
その日のもっとも重要な話題は、
オフィスでかわされる会話や家族との会話から知ることができます。
第二に、ずっとおだやかで落ち着いた気分になるでしょう。
おまけに、七日間の「ニュース断ち」はもうひとつの恩恵をもたらしてくれます。
あなたの生活の質をほんとうに向上させることに、
もっと多くの時間をさけるようになるのです。

=========

これは本当に、その通りです。
私もテレビから離れて、すでに8カ月経ちましたが、
本当に、心穏やかな生活を送ることが出来ています。
もちろん、ラジオから色々なニュースを知ることが出来ますが、
テレビのように長時間ダラダラと不要な映像を流しながら伝えることなどないですし、
重要でないニュースは、伝えられないことが多いです。
自分の心の栄養とならないネガティブな情報を断つことは、
心の平安を得るためにも、自分のための時間を得るためにもお勧めです。




更新の励みになりますので、応援クリックお願い致します!
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓          
   にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ     
  オランダやヨーロッパ情報ブログのランキングです♪