落ちるところまで落ちてみる

2016/08/05 (金)  カテゴリー/本のご紹介

何だか、ここのところずっと本のご紹介ばかりで恐縮です。(汗)
もう、8月に入ってしまいました。
先月は結構忙しかったのですが、少し落ち着きました。
皆さんは、如何でしょうか?

さて、今日もこちらの本から、気になった個所をご紹介します。

=======================

○もうダメ! と思ったときの対処法

◆落ちるところまで落ちれば歩き出せる

あるお坊さんからお聞きした話ですが、
その方が人生に行き詰って迷走し、
もがいてもがいて、苦しみ落ち込んでいたときに、
ご自分の師匠からこんな言葉をいただいたそうです。
「落ちて落ちて、どこまでも落ちてみなさい」と。
そして続けてこう言われたそうです。

「落ちるところまで落ちたら、落ち着くから」

動けない、やる気が起きない、というのは、
往々にして、エネルギー切れ状態。
つまり、自分のガソリンがエンプティ。
ならば、ガソリン注入のための策を講じましょう。
あなたにとってのエネルギー注入とは何を意味しますか? 
私はとことん寝ることでしたが、あなたにとってはなんでしょうか?
美味しいものを食べること? 買い物? 
それとも、旅行? 何もしないでゴロゴロすること? 
いずれにしても、あなたにとって心地いいことをすると
エネルギーがチャージされます。

そして、ひとたび元気が出たら次のことをしてみてください。
それは「新しいことをやってみたり、
逃げていたことに向き合ってトライしてみる」ことです。
脳には、「やる気」を担当する「即座核」という部位があります。
この即座核は「最初にちょっと動く」ことで刺激を与えられ、
やる気を生みだします。
心理学用語で「作業興奮」と呼ばれる作用なのですが、
最初にちょっと動く、ということが行動力を後押しします。
やっているうちに、調子が出てきて
さらにやる気が出るという好循環を生みます。
疲れたら休んで、好きなことをする。そしてまた動く。
こうして私たちはまた一つ経験を加えていくのです。

=======================

現代はストレス社会。
うつになってしまう人も、本当に多いですよね。
かく言う私も、結婚前は全く縁のなかった心療内科に、
結婚してから何度も通院した経験があります。

ストレスは、私のエネルギーを奪い続け、
心身ともに不健康になり、やる気が出なくなってしまいます。

「落ちるところまで、落ちてみる」というのは、
実は自分の成長にとっては、本当に良い経験だと思います。
私の場合は、「落ちるところまで落ちてみる」のに、10年以上かかりました。
そして、空っぽになった身体と心にエネルギーをチャージするため、
1年以上の休養が必要でしたが、その後、再び歩き始めることが出来ています。

元気になって、新しいことを始めると、付き合う人が変わります。
新しい人やこととの出あいが増え、新たな悩みを抱えることもありますが、
自分自身が成長している実感、そして自信も得られます。
あなたも、素晴らしい経験を是非増やして、満足できる人生を歩んで下さい。




更新の励みになりますので、応援クリックお願い致します!
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓          
   にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ     
  オランダやヨーロッパ情報ブログのランキングです♪


自立した女性とは?

2016/08/10 (水)  カテゴリー/本のご紹介

今日も、あちらの本からのご紹介になります。
では、早速…。

============

Chapter4 自立した人付き合いができる女性になる

○孤独を楽しめる女になる
◆「おひとりさま」は自立の証

女性の中には、一人で行動することに対して、
パートナーがいない、友達がいない、と見られるのが恥ずかしい、
一人で遊んでいてかわいそうとか思われるのがいや……
とおっしゃる方もいます。
しかしそう感じるのは、その人こそが実は、
おひとりさまの女性を「一人でかわいそうね」という目で見ているのです。
つまり、自分の思い込みを相手に投影しているのです。
一人で映画を観る、一人でも食事を楽しめる、一人旅ができる……。
そんな女性はかっこいいのではないでしょうか。
だって自立していることの証拠です。
一人で何かを楽しんでいる人は、自分というものを持っています。

============

私は昔から、あまり群れることが好きではありませんでした。
横並びの価値観…というのが、性に合わなくて。
私には私の価値観があるわけで、他人に合わせてまで、
誰かと一緒にいたい…という思いは、弱かったですね。

おひとりさまの女性を見て、「かっこいい!」と思うことはあっても、
「一人ぼっちでかわいそう」なんて思ったことはありません。
逆に、憧れていた感じですね。

最近は、年を食ったせいか(笑)、
飲食店に一人で入ってご飯を食べることに、何の抵抗もなくなりました。
どこかで、スパッと割り切れるようになったというか。
以前は、緊張していたものですが…。
多分、読書することがあまりにも当たり前になりすぎて、
時間をもてあましそうな時には、読みかけの本を持ち歩くようになり、
誰かと話をして無駄に時間を過ごすよりは、
集中して読書しながら、一人の時間を楽しめるようになったのかもしれません。

誰かと一緒じゃなくても、一人でいても十分楽しい。
そんな時間を過ごせるようになると、「かっこいいおひとりさま」と言えるのかも。
揺らがない「自分軸」を持てるようになると良いですよね。




~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん


自分の弱さとブラックを認める

2016/08/15 (月)  カテゴリー/本のご紹介

なんと!8月も半ばになってしまいました。
帰省や旅行などで、忙しく(?)過ごしておられる方も多いでしょうね。

さて、今日もあちらの本からご紹介します。

=============================

○自分の弱さとブラックを認める
◆どんな自分もすべて「あり」で、人間関係もうまくいく

あなたは、他人の身勝手さや、
理不尽な言動などに怒りを感じることがありますか? 
そういうときはイライラして、人間関係もしんどくなりますよね。
でも人間は完璧にできるわけではありません。
自分も他人もそうです。
そして、自分の中にあるブラックな部分や
弱さを認めることができるようになると、
他人のいやな部分を見てもあまり気にならなくなり、
人間関係はとても楽になります。

たとえば、ウソをつくこと、怠惰、ずるさ、怒り、ねたみ、高慢さ……など、
他人に感じるいやな部分。
そういうネガティブで、できれば存在して欲しくないと思うドス黒い感情は、
たいていの場合、自分自身の中にも「ある」ことを認めたくないものです。
そして、自分には、それらが「ない」と思い込み、
もし相手の中にそうしたものを見出そうものなら、
ものすごく苛立つことがあります。
でもそれは、相手を通して自分の心の中のいやな部分が投影され、
見えているだけなのです。

そんな自分への対処法は、「こんな自分もいるよね」と受け入れて、
至らない自分自身を優しい目で見てあげること。
喜びもあり、悲しみもあり、怒りもあり、執着もあり。
性格の悪さ、傲慢なところ、さらにいえば、
自虐的になってしまう自分も、すべてありなのです。
そんな自分を受け入れられるようになると、
今度は周りの誰かのイラつく行動が、
「いいの、いいの、あるある。そういうこと。私もね……」と、
寛大な気持ちになったり、優しい気持ちになれたりもします。
一番よくないのは、自分の至らなさを発見したときに、
そんな自分を責める行為、自分をジャッジする行為、
ダメだダメだと自分を叩く行為。
これを続けていると、自尊心が痛めつけられ、
自分の存在意義を見失ってしまいます。

私にも至らないところが当然あります。
自分に落ち込むこともあるし、ものすごい嫌なことがあって
家の中で一人突っ込みして大暴れすることだってあります。
でも、一人で壁に向かって言いたいことを言って、スッキリしたあと、
自分をはたと客観的に見たときに、最近はなんだか
「人間臭くていいな~。ははは」と受容できているその感じも結構好きです。
むしろ、ブラックさや弱さのない人間は、刺激がありません。
毒があるから人間は面白いのです。
そして、渦中にいるときはわからなくても、
自分のブラックな部分を見つめることで、
自分の中にある温かい部分にも気づけるものです。
自分の至らない点は、他の人への優しさの種だったりします。
責めずに、ジャッジせずに、自分と他人を優しい目で見てあげてください。
それがゆるやかに人生を歩むコツなのです。

=============================

最近の私は、「心穏やかに過ごすこと」が一番大切なことだと考えています。
如何にして、他人にコントロールされないように生きていくか。
自分で自分をうまくコントロールするためには、どうすれば良いのか。

とりあえずは、ネガティブな情報を遮断しようと、
テレビのない生活を始めて、1年半ほど経ちました。
人生で、これほど心穏やかな時間はなかったのでは?と思えるほど、
本当に充実した時間を過ごせている実感がありません。
他人に煽られず、不安にさせられず、自分の足で立っている実感。
スマホも持っていませんし、常に誰かと繋がっているわけでもない。
SNS時代に、敢えて古い時代の過ごし方を実践しているわけですが、
これがもう、本当に快適♪

心に余裕が生まれると、自分にも他人にも優しくなれました。
ありのままの自分を受け入れ、否定しないこと。
そして、「出来ていない他人」も受け入れること。
自分に必要ではない情報を遮断するという方法は、
今の時代だからこそ、大切なのかもしれません。




更新の励みになりますので、応援クリックお願い致します!
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓          
   にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ     
  オランダやヨーロッパ情報ブログのランキングです♪


夏の咳から…

2016/08/20 (土)  カテゴリー/帰国後の出来事など

7月後半から、長い間咳き込み続けています。
私だけではなく、私の周りにも咳をしている人が多いんですよね。

私が小学生3年を終え、4年生になろうという春休みに、
私は微熱が続いていたのですが、母が病院に連れて行かなかったため、
“肋膜炎(胸膜炎)”になっていることをしらず、普通に生活していました。

レントゲンを撮ってみると、肺に白い影が…。
母と私は病院から呼び出しを受け、夜間急いで医師のもとに。
「大変なことになっています!肺に水がたまっています!
 お母さん、何をしてたんですか!肺炎を通り越してますよ!」と、
母は先生から叱られ、私はそれ以降絶対安静で自宅療養となりました。

春休みは1カ月もありませんが、私の安静期間は1カ月。
つまり、4年になった途端に私は家で寝続けているという状態に。
新しいクラスの同級生から、千羽鶴やらお手紙やらたくさんもらいました。

今回の咳、ちょっと長いので気にはなっているのですが、
まだ、病院へは行っていません。
過去の経験から、熱がなければ問題ないかと…。(汗)
1カ月経っても回復しなければ、諦めて行こうと思っています。
基本的に元気なので、とりあえずは心配ないかなと。

でも、途中“咳発作”みたいなのが続く時期があったので、
その時には、本当に辛かったです。(涙)
特に、ぎっくり腰になったのには参りました…。
いやいや、年には勝てませんな~。
咳やしゃっくりで、ぎっくり腰になる人多いんだそうですよ。

皆さんも、体調管理にはお気を付け下さいませ。




~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん


人生の9割は逃げていい

2016/08/25 (木)  カテゴリー/本のご紹介

さて今日は、こちらの本のご紹介です。

人生の9割は逃げていい。


なかなか、刺激的なタイトルだと思いませんか?
ついつい気になって、図書館で借りて読んでみました。

そこそこ面白かったのですが、皆さんにご紹介したいと思える内容は少なく、
今日、1回のみのご紹介となりますが、印象に残った個所をご紹介します。

======================

多くの人が、「他人にどう思われているか」ということを気にしすぎて、
長い時間そのことにとらわれ、人生を無駄にしています。
周りを意識しすぎるがために、悩んでしまっているのです。
人からどう思われているのか、などどうでもいいことです。
そんなことにクヨクヨ悩んで、時間をとられていれば、
何もなすことができないまま一生はあっというまに終わってしまいます。
もしあなたが、自分の悪口を言われていることを知ってしまったとしても、
それはたまたま今回は自分に矢が飛んできただけだと思うようにしてください。
人間はうわさ話が好きな生き物なので、常に誰かの悪口を言っていたいのです。
あなただけが、言われているわけではありません。
今、悪口を言っている人が、次の日には、悪口を言われていることだってあるのです。
悪口なんて、天気と同じだと思って下さい。
今日は天気がいい、今日は天気が悪い――。
そんな感じで、たまたま今回はあなたが言われていただけです。
なので、気にする必要はありません。
人間関係は、今いるコミュニティーがすべてではありません。
そこがなくなれば死んでしまうということもありません。
だから気にする必要はないのです。
どこにでも自分は逃げられる。目の前の現実だけがすべてではない。
それを知ることで、クヨクヨ悩むこともなくなります。

======================

私もオランダ生活中、このブログを書いていたこともあってか、
格好の噂話(悪口)の対象にされていた時期があります。
赴任生活における日本人社会って凄く狭いですし、
各人が物凄いストレスを抱えていることもあって、標的にされてしまうことも。

もし今、当時の私のように辛い思いをしている海外赴任生活中の方がおられたら、
この文章を読んで、少し気が楽になって下さればいいな~…と思い、ご紹介しました。
噂話になんて、悪口になんて、負けないで下さいね!
あなたには、あなたの良いところがたくさんあるんですから。
堂々と、自信を持って生きて行って下さい!!




更新の励みになりますので、応援クリックお願い致します!
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓          
   にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ     
  オランダやヨーロッパ情報ブログのランキングです♪