無知なコメンテーターの無責任な発言

2016/09/04 (日)  カテゴリー/本のご紹介

さて今日も、前回からご紹介し始めた『「依存症」社会』から、
マスコミに関する記述で印象的だった個所のご紹介です。
それでは早速ご覧下さい。

=============================

●無知なコメンテーターの無責任な発言

元タレントTが再販で逮捕されたとき、
何人もの芸能人が彼の罪を断罪し、意思の弱さに起こり、
手を差し伸べたのに裏切られたことに対して腹を立てていました。
ワイドショーのご意見番として陣取るコメンテーターたちも同様で、
彼の人格を問題として取り上げ、モラルが欠落していることに対して、
憤りの言葉を並べていました。
私の知るかぎり、テレビのコメンテーターの中で、
「あれは依存症という病気なので、きちんと治療しなければいけない」
と述べていたのは、テーブ・スペクター氏ただ一人です。
やはり彼はアメリカ人なので、
依存症は病気であるという認識を持っていたのだと思います。
しかし、依存症の問題に限らず、
テレビのコメンテーターたちの質も悪さは目を覆うばかりです。
ワイドショーでは、芸能ゴシップばかりではなく、国民に直接関係する政策や
しっかりとした考察が求められる事件なども取り上げられますが、
多くの場合、まったく的外れなコメントに終始します。
専門家でもなければ、プロフェッショナルでもない芸能人や元アナウンサーといった
人々のコメントですから、多少ピントがずれているのは仕方がないにしても、
その無知さと不勉強ぶりは目に余ると考えているのは、
けっして私だけではないでしょう。
怖いのは、テレビという非常に影響力の大きいメディアで彼らが語る言葉が、
事実として、あるいは知識人の見解として世間に流布していき、
「それが常識」という雰囲気が形成されてしまうことです。
テレビでコメントを発する人たちは、
その点についてあまりにも無自覚であるといわざるをえません。(略)
芸能人やタレントは、医者でもなければ、
精神医療について詳しい知識をもっているわけでもありません。
そのような人間でも、テレビの中で発言することは、
一般の人々に驚くほど受け入れられ、浸透していくのです。
それがテレビの怖さです。
芸能ゴシップ以外は、それぞれ専門家を呼んで、
論点をわかりやすく解説してもらうなどすればいいと思うのですが、
ある種の話題についてはそれもできない事情があります。
一般の人はその事情をまったく知らずに、今日もテレビの洗脳をうけているのです。

=============================

先月、女優の高畑淳子さんの息子さんである、高畑裕太さんが事件を起こしました。
私はここ数年、精神科領域に関する専門書を数百冊読んでおり、
ある障害についての研究を進めていますが、
彼については以前から、この障害の可能性について疑いを持っていました。

今回、テレビをよく見ている母から聞いた話では、
こういった障害について専門的な知識を持ったコメンテーターが出演している番組では、
「生まれつき脳に問題があって、普通とは違う性欲がある場合がある」
「母親の育て方やしつけ方には関係がない」などというような内容のコメントを
されていた…ということを聞き、少しホッとしました。

世間には、私たちが全く知らない(知識がない)障害特性を持った人たちがいます。
それが、“診断基準”に当てはまらない、いわゆるグレーゾーンである場合、
「障害者」ということにはならないわけですが、それでも特性は持っているわけです。
その特性が影響して、事件に発展する…ということは、これまで何度も、
私たちは報道を通して見てきていますよね。
 *例えば、こんなブログ記事がありました。

また、Wikipedia で見てみると、こんな項目がありました。
“認知症による脳の障害が異常性欲の原因となったケースは多々あり、
 また、側頭葉や前頭葉がリビドーを司るとされており、
 これらへのダメージ(または手術)などによって、
 異常性欲や凶暴性などの行動異常が見られることがある。
 また、月経周期や幼児期における男性ホルモンが
 異常性欲に関係しているとされている”とありました。

私が研究している障害も、脳に問題があるケースなのですが、
やはり、脳の発達に問題があったり、脳に損傷があったりすると、
認知や判断、行動に問題が生じることが多いという印象を持っています。
ようするに、自分のことを自分でコントロールする能力が、
一般の人たちに比べて低い(弱い)ということだろうと考えています。

テレビやラジオで好きなように、好きなことを話している人たちには、
専門的な知識は皆無と言っても良いと思います。
だからこそ、「テレビに出ているんだから、本当のことを言っている」…と、
コメンテーターを盲信するのではなく、
「彼らも自分と大差ないのだ」ということをわかったうえで、彼らのコメントに対し、
「この人はこう思ったわけね~」と受け取るのが妥当ではないでしょうか。
つまり、コメンテーターの言ってることは「適当なのだ」という事実を認識する、
専門家面をしていても、その実どこまでわかっているのか信用できない、
…というような、受け取る側の認識を変えておく必要があるように思います。




更新の励みになりますので、応援クリックお願い致します!
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓          
   にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ     
  オランダやヨーロッパ情報ブログのランキングです♪

メディアが作った社会

2016/09/09 (金)  カテゴリー/本のご紹介

今日も、『「依存症」社会』という本の中から、
印象的だった個所をご紹介したいと思います。
またしても、マスコミに関する記述の個所になります。

============================

●メディアが依存症を否定する社会をつくりあげた
薬物依存やアルコール依存になるのは、自分の意志が弱いから、
ダメな人間だからという論調でマスコミが報じるために、
日本では依存症になるのは自己責任という考え方が一般的になってしまいました。
逆にいうと、覚せい剤やギャンブル、
アルコールにのめりこむ人を病気ととらえる発想がありません。
アメリカをはじめとする欧米の先進国では、これらは病気と考えらえれ、
それに対する治療と、治療に結びつける啓蒙、そして予防のためのさまざまな活動
(広告規制や報道の自殺予防ガイドラインなどを含む)が盛んに行われています。(略)
日本では、依存症やうつ病など精神科にかかる病気になるのは恥だとみなされて、
誰もそれを認めようとしません。
そのため、依存症やうつ病の兆候があったら
精神科を受診しようということにならないのです。
この風潮をつくりだした責任の一端はマスコミにあります。
日本のマスコミは、ちょっとした事件で数人が亡くなることには大騒ぎをしますが、
その数百倍、いやもしかすると数万倍の死につながる依存症や自殺については、
自己責任という扱いなのです。
わざとではないにせよ、自分たちの不勉強が
どれだけの死に結びついているのかがよくわかっていないようです。
自殺については、完全に精神状態が正常で、
本当に自分の意思で死ぬ人がいるのかどうかさえ疑わしいといわれています。
少なくとも自殺の八割は、何らかの心の病(多いのはうつ病、アルコール依存症、
統合失調症)がからんでいるとされています。
マスコミは、凄惨な殺人事件の犯人が統合失調症で
精神科に通院歴があるということばかり強調し、
統合失調症の人間があたかもきわめて危険な存在であるかのように報道しますが、
殺人を犯す者の十倍以上ともいえる患者が、
自ら命を絶っているという現実についてはほとんど触れてきませんでした。
適切な治療を受けてさえいれば、死なずにすんだ人も多いと思います。
私がマスコミ、とくにテレビメディアに大きな疑問を投げかける理由がここにあります。
ある現象の一面だけをことさら大きく取り上げて、
その裏に隠れているもっと影響の大きい問題を無視するのはなぜでしょうか。
不勉強ということもあるでしょう。
厳しい視聴率競争のために、
視聴者を釘付けにできるセンセーショナルな話題でなければ
取り上げにくいということもあるでしょう。
しかし、こと依存症に限っては、もう一つ理由があると考えています。
テレビ局の人間が意識的に依存症の話題をタブーにしているかどうかは別にして、
少なくとも無意識に依存症を取り上げづらいと感じる理由があるのです。
それは「広告」という、
マスコミがもっとも気を遣わなければならない領域にかかわる問題です。

============================

私自身、結婚するまでは全く縁のなかった心療内科に、
何度も通院しないといけないほど、精神的に追い詰められていた時間が長かったので、
精神科にかかる…ということに抵抗感があるのは、本当によくわかります。
しかし「依存症」というものが病気であり、本人の意思では治らないということ、
その事実を社会が理解しておくというのは、大切だと思います。
しかしながら、このことについて何故マスコミで取り上げられることがないのか、
何故いつまで経っても社会的認知度が上がらないのか、
その裏のからくりについても、私たちは把握しておかなければならないでしょう。




~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん


「依存症」社会から脱するために

2016/09/14 (水)  カテゴリー/本のご紹介

さて、今日と次回で、

「依存症」社会 (祥伝社新書330)


この本のご紹介も終わりになります。
それでは早速…。

===============================

第6章 「依存症」社会から脱するために

●「依存症」を、意思の問題ではなく病気だと理解すること
最後に、ここまで説明してきたような「依存症に依存する社会」から
日本が脱するためにとるべき道を具体的に提言しておきたいと思います。
依存症を克服するためには、何度も強調して述べているように、
「依存症が病気」であるということを認識することが重要です。
意思が弱いから抜け出せないのではなくて、
依存症という病に脳を支配されているから抜け出すことができない
ということを知らなければなりません。
(略)
喫煙者が肺ガンになった場合、タバコが悪いのではなく、
喫煙していた人の体質が悪いというでしょうか。
そんなことはありません。
我々はタバコを問題視します。
だから、タバコに高い税金をかけて価格を高くしたり、
禁煙を呼びかける啓蒙活動をおこなったりして、
タバコの危険性を訴えているわけです。
さらにいうと、タバコをやめられないのは
意思の問題ではなく依存なのだという認識も広まり、
その治療を医師が行っていることも広く知られるようになりました。
(略)
タバコであれ、高血圧であれ、
一割、二割の確率である病気になる可能性があると、
その原因となるタバコや高血圧を何とかしようという話になりますが、
依存症だけは原因ではなく
「なった人間」が悪いということにされてしまいます。
(略)
そして、依存症になるのは
本人の責任ではないという理解も広げていく必要があります。
本人が悪いのではなく、依存の原因となるものによって
依存症が引き起こされるということになれば、
依存症になってしまった人は、喫煙者が禁煙治療を受けるように、
医療機関で治療を受けようとするでしょう。
依存症者を治療に向かわせるには、
本人の人格を否定するような風潮を改めていかなければならないのです。

===============================

「依存症」というものが、病気であると私たちが認識すること、
そして、本人の意思が強い弱いではなく、
“脳が支配されている”ことが、抜け出せない原因だということを、
私たちが認識し、正しい治療に導く必要があるのでしょう。

次回で、この本のまとめとなります。
しばらく、お待ち下さいませ。




更新の励みになりますので、応援クリックお願い致します!
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓          
   にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ     
  オランダやヨーロッパ情報ブログのランキングです♪

日本は「依存症」依存経済

2016/09/19 (月)  カテゴリー/本のご紹介

長い間にわたってご紹介してきましたが、今回で最終回。
なかなか的を射た指摘が多かったこの本、
みなさんも興味を持って下さったでしょうか。

それでは早速、まとめの部分をご覧ください。

==============================

●「依存症」依存経済を是正するには広告規制しかない
アルコール飲料産業、パチンコ・競馬等のギャンブル産業、
さらにはインターネット関連産業、ゲーム産業、
携帯電話関連産業と、いまや日本の主力産業は
「依存症」依存産業のオンパレードといっても過言ではありません。
人々をどれだけ「はまらせるか」によって
成長が左右されるビジネスモデルの産業が
これほど経済に大きな影響力をもっている状況は、
国家の経済のバランスからみてけっして健全とはいえません。
「依存症」依存経済から脱する最大のカギは、メディアの広告規制しかありません。
すでにお話ししたように、日本人はメディア広告に影響を受けやすく、
とくにテレビに流されたものは無条件に信用し、受け入れてしまう傾向があります。
そんな日本人を依存症の対象となるものから引き離すには、
テレビCMに規制をかけるしかないのです。
「依存症」依存経済にもっとも依存しているのは、テレビ局でしょう。
いまやテレビCMの半分は、依存症誘発広告です。
そのような広告の大半を禁止、あるいは時間規制、表現規制を行うとなると、
テレビ局の広告収入はがた落ちになることは避けられません。
広告を出している依存症誘発企業も、
また広告を流すメディアもこぞって反対することでしょう。
しかし、広告によって依存症になる人が増産されるということは、
仕事に支障をきたす人々を増産することでもあります。
あるいは、せっかく禁酒やギャンブル断ちをしている人を逆戻りさせかねません。
それによる労働力の減少、生産性の低下、日本製品のクオリティの低下は、
日本経済の活力に著しい悪影響をもたらします。
また、仕事もクビになるような経済的脱落者を増加させるということは、
生活保護費の増大など、国の財政にも大きな負担を強いることになるでしょう。
実際のところ、生活保護費の抑制や不正受給の取り締まりの強化をするより、
依存症対策をしっかり行って経済的脱落者の増加を防いだほうが、
はるかに財政の負担を軽減できるはずです。
また、この規制で自殺を減らすことができれば、
自殺遺児が教育を受けられなかったり、
一生トラウマを背負うといったことも防げます。
メディアの広告に規制をかけ、依存症誘発企業の成長を抑えたほうが、
日本経済の健全な消費を伸ばし、労働力のマイナスを防ぐことができるので、
トータルで見れば日本経済にとってプラスになると私は考えています。
何より、依存症が生み出す悲劇を減らすことができるという
大きな効果が期待できます。

==============================

5回に分けてご紹介してきたこちらの本ですが、
皆さんはどのようにお感じになったでしょうか?

「日本人はメディア広告に影響を受けやすく、
 とくにテレビに流されたものは無条件に信用し、
 受け入れてしまう傾向があります」
という個所は、皆さん賛同されたことと思います。

また、
「日本人を依存症の対象となるものから引き離すには、
 テレビCMに規制をかけるしかない」
というのは、当たっているように思います。

アルコールやパチンコ関連のCMが如何に多いのか、
皆さんも実感しておられることと思いますが、
私が最近気になっているのは、金融機関系のローンのCM。
「お金を借りる」のが、当たり前になってしまわないか不安です。

依存症になっている方々が、その状態から抜け出すこと、
そして、依存症になる人たちが減ることが、
これからの日本の未来に、大切なことの1つであることは確かでしょう。



~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん


美人になる方法

2016/09/24 (土)  カテゴリー/本のご紹介

結構長い間、ちょっと重めのテーマの本をご紹介したので、
今日からしばらくは、女性向けの本をご紹介します。
今回は、こちらの本から。

美人になる方法


ちょっと気になるタイトルでしょ?(笑)

それでは早速、印象的だった個所のご紹介を。

==========================

○選択の基準を“もてなし”にする
あなたの価値は誰が決めるのでしょうか?
友人でしょうか?ご家族でしょうか?職場の同僚からの評価でしょうか?
もちろんどれも違う、ということはあなたもご存知の通りですね。
(略)
あなたの価値は他でもないあなた自身が決めるものなのです。
自分の価値を高く設定するか、低く設定するかはすべてあなたに委ねられています。
ですが、そのことは頭では分かってはいるものの、ついつい自分を後回しにしてしまい、
結果として自分の価値を低めてしまう型は多いようです。
たとえば、家庭を持っている女性は自分のことは後回しの傾向があるかもしれません。
子供、夫が最優先。
食べるものも着るものも、
自分は最後という感覚がもしかしたらあるかもしれません。
(略)
いつも自分を後回しにしている状態が続きますと、
どんどん自分の価値を下げることになってしまいます。
キレイな花を咲かせるのに、栄養が必要であるのと同様に、
美しさを身につけるのにも、ありとあらゆる方向からの栄養が必要になってきます。
それは、教養だったり、美容だったり、メンタルの充実だったり、
おいしいものを食べることだったり、オシャレだったり、
あなたがトータル美人を目指す女性ならば、そういった栄養が必要です。

・情緒的な女性脳を活用する
女性脳の特徴として、「時間をかけたことに満足感を感じる」という特徴があります。
男性脳は結果重視なのに対し、女性脳はプロセス重視の傾向があるからです。
どういうことかというと、
例えば、もしあなたが何かのことですっごく悩んでいて、A君に相談したとします.
A君は的確な点を見抜いて、ズバッと解決策を提示してくれました。
ですので、ものの3分で話は終わりました。
次にB君に同じ点を相談しました。
B君は粘り強くあなたの話を聞いてくれて、
自分の意見もあまり言わず、「大変だったんだね~」とか
「君はどうしたいの?」といった具合に解決方法を教えてくれるわけでもないですが、
3時間も話を聞いてくれました。
さて、あなただったら、どちらに満足しますか?
よほどの男性脳でない限り、解決策を提示してくれなくても、
話をとことん聞いてくれるB君に満足を感じるのではないでしょうか?
もしこの本を読んでいるのが男性の方でしたら、ぜひ、あなたの奥さま、
または彼女に対してもB君のようであってくださいね。
女性は、解決策を求めているわけではなく、
たいていの場合は自分の話を聞いてほしいのです。
そして話を聞いてもらっているうちに、自分の中で整理がついていることが多いのです。

==========================

まず、前半部分。
「そうだよね~」と思われた方、結構多いのではないでしょうか?
既婚者になってしまうと、ついつい家族のことを優先してしまって、
自分は最後という考えになってしまっている方、多いと思います。
でも、著者がおっしゃるように、「トータル美人」を目指すなら、
私たちには様々な栄養が必要なのは当たり前。
なのに、それを蔑ろにして生活していては、
いつまで経っても美人になんてなれませんよね。
ここいらでちょっと、考えを改めた方が良いかも。(笑)

そして、後半部分。
これは、女性陣と言うよりも、男性陣に読んで欲しくて紹介しました。
「女性は、解決策を求めているわけではなく、
 たいていの場合は自分の話を聞いてほしい」
「話を聞いてもらっているうちに、自分の中で整理がついている」
というのは、本当にそうだな~と思います。
うちの主人も割と頻繁に「結論から言え!」って言ってくるのですが、
このやり方じゃあ、女性にはもてません。
(まあ、家の外ではきちんと女性の話を聞いてあげているのでしょうが、
 一番大切にすべき妻に対しては、こんな態度ですものね。
 夫って生き物は、どうしてこう、家の外と中で人格が違うのでしょうね…汗)
やはり、「あ~、めんどうくさい」と心の中では思っていても、
態度としては、じっくり機嫌よく話を聞いてくれる男性に、女性は心惹かれます。
シャンプーハットの「てつじ」さんが、このテクニックを熟知しておられ、
奥様に実践していらっしゃる話をよくラジオでされているのですが、
夫婦円満で素晴らしいな~と、いつも感心して聴いています。

次回も、こちらの本からご紹介したいと思います。




更新の励みになりますので、応援クリックお願い致します!
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓          
   にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ     
  オランダやヨーロッパ情報ブログのランキングです♪