平気であなたを傷つけてくる人から自分を守る

2017/03/01 (水)  カテゴリー/本のご紹介

とうとう、3月!!
桜も咲き始め、すっかり春らしくなりましたね~♪

さて、今日からは、

平気であなたを傷つけてくる人から自分を守る本


こちらの本をご紹介したいと思います。

春というのは、出会いと別れの季節でもあります。
自分と合う人ばかりではないこの世の中。
思いもよらず、辛い目に遭ってしまうこともあるのです。(涙)
そんな辛い目に遭っても、強く生きていけるように、
参考にしてもらえたら…と思います。

==============================

第2章 戦うのが怖いのに争ってしまうのはなぜ?
○カチンときてしまう人、共感的な言葉が自然と出てくる人
「でも」という言葉を頻繁に使う人は、
相手に対して根底に反対する意識を抱いています。
だから相手がAと言えばBと言うし、Bと言えばAと言います。
しかも他者中心になっていると、
自分が「でも」という言葉を使っていることにすら気づきません。
指摘されて初めて、いかに自分が頻繁に
「でも」という言葉を使っていたかに気づく人も少なくないのです。
「でも」という言葉を頻繁に使う人はまた、
「相手の心を感じる」余裕がありません。
なぜなら、相手の言った言葉に対して「どう反論するか」ということばかりを
無意識に考えながら身構えているからです。
そのために、相手と親しくなるためにもっとも大切な要素である
「共感する気持ち」が育っていません。
仮に相手に共感したほうがいいと、頭で理解していたとしても、
相手に「そうだね」などと共感する言葉を発すると、
相手に自分の城を明け渡すような気分に襲われたり、
負けた気分になるために、使うことができません。
こんなふうに、「でも」という言葉を頻繁に使う人は、
そもそも根本的なところで人と戦っているので、
相手は、絶えず不快な気分にさらされることになるでしょう。
他方、根本的に、相手に対して好意的な気持ちを抱いている人は、
それだけで、相手に安心感を与えるでしょう。
また、共感能力が高いので、相手に対して「相手の心を感じる」ことができます。
そのために、
「ああ、そうなんですか」
「なるほど、あなたは、そう考えているんですね。わかりました」
「あなたの気持ちは、理解できますよ」
こんな共感的な言葉が、抵抗なく出てくるでしょう。


○お互いに相手が悪いと思っている
相手が悪いという他者中心の意識にとらわれていると、
頭も心も相手のことでいっぱいになってしまうために、
何がなんでも、相手に「自分が悪かった」と認めさせたい。
相手を屈服させて詫びさせたい。相手を打ち負かしたい。
そんな気持ちになるでしょう。
けれども、もちろん、相手が謝ることはありません。
相手を言葉でやり込めたり、力づくで屈服させたりしたら、
その恐れからしぶしぶ頭をさげることはあるかもしれませんが、
もちろん、本気で、あるいは心から言っているわけではない
ということは態度や顔にあらわれています。
仮にあなたが相手に詫びさせたとしても、心の中に不満を抱いて
不服そうな顔をしながら口先だけでいっているとわかっていれば、
あなたが心から満足することはないでしょう。
「心から満足する」というのは、簡単に言うと、相手が詫びれば
そのことを忘れてさっぱりと水に流せるか、ということです。
(略)

==============================

著者である石原 加受子さんは、「自分中心心理学」というものを提唱され、
活動をされている方なのですが、これまで数冊の著書を読ませて頂きました。
今回ご紹介してるのは、その中の1冊。
「自分中心」というのは、いわゆる「自己中」とは一線を画しており、
「他者」に振り回されず、「自分」に基づいて、
物事を見たり、判断していきましょう…というような感じだろうと捉えています。

今日ご紹介した部分は、まだまだ導入のところですので、
「参考に」なるという感じではありませんが、次回以降、
皆さんの参考になるのではないかと思える個所を、
どんどんご紹介したいと思います♪




更新の励みになりますので、応援クリックお願い致します!
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓          
   にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ     
  オランダやヨーロッパ情報ブログのランキングです♪


戦わないで自分を守るスキル

2017/03/06 (月)  カテゴリー/本のご紹介

前回からご紹介し始めた石原さんの本ですが、
興味を持ってご覧頂いているでしょうか?

今日ご紹介する個所も、「そうそう、確かに!」と、
思わず納得してしまう方も多いのでは?
それでは、ご覧下さい。

===========================

第4章 戦わないで自分を守るスキルを身につける
○理想は闘いや争いを予防すること回避すること
「他者中心」に陥っていると、自分が戦うことを恐れていたり、
傷つくことを恐れているのだと気づかないケースが少なくありません。
ところが、争いを恐れている人たちは、
自分が怖れを抱いていると自覚していても、
なぜか、自ら争いの炎の中に入っていったりします。
なかには、自ら争いの種を撒いて歩いているとしか
言いようのない人たちも見かけます。
クレーマーと呼ばれる人やモンスター○○と呼ばれる人たちもそうですし、
実は、悩みごとが絶えない人、心配事が絶えない人、
もめごとや争いごとが絶えない人もそうなのです。
争うことを恐れているのであれば、
争いの場から離れていればいいことなのですが、
どうしても、その中に入っていこうとしてします。
それは、どうしてなのでしょうか。
「負けると怖いので、その前に、勝とうとするからです」
と答えた人がいました。
それは、争わないでも勝つ方法、あるいは
「自分を守るための具体的な方法」を知らないからだと言えるでしょう。
実際には、相手に立ち向かわなくても、自分を守ることができます。
その方法を知らないために、なんとか「相手を動かそう」として、
相手に関わっていってしまうのです。
その結果、従いたくない相手と争いが起きます。
争いになると余計に相手が気になります。
だからといって、さらに関わっていけば、争いはさらに激化するでしょう。
そうなればますます相手に干渉したくなってしまうでしょう。
ここまできてしまえば、本来の目的などは
ほとんどどこかに飛んで行ってしまって、
「争って相手を打ち負かす」ことが目的にすり代わってしまいます。

===========================

「相手に立ち向かわなくても、自分を守ることができます」
そうなんです。まずは、自分を守ることにフォーカスするのが大切。
相手を自分に合わせようとか、相手を思い通りに操ろうと思うのではなく、
「自分を守るためには、どうすればよいか?」を考えるのです。

「相手と争うことで、自分を守れるのか?」
「相手を打ち負かせられれば、自分を守れるのか?」
「争いの炎の中に入っていって、自分を守れるのか?」
と、自分に問うてみましょう。

「相手を視界から外す」とか、「相手と物理的な距離を取る」など、
他にも自分を守るための方策は色々あるはずです。
まずは、自分の心を大切にすることを優先しましょう。




~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん


自分の力で自分を守る

2017/03/11 (土)  カテゴリー/本のご紹介

また、この日がやってきました。
私がオランダから日本へ戻ってきて、すぐに襲ってきた震災。
感受性の強い私は、心がメタメタになってしまいました。
あれから、もう6年になるんですね。

さて、今日もあちらの本からのご紹介です。
ちょっと長いのですが、「なるほどな~」と思う内容となっています。
是非、ご覧下さい。

=============================

第5章 傷つかないために自分の力で自分を守る
○自分を不快にさせる相手との距離のとり方
前章で、心の自由を奪われている人ほど、
相手の自由を認められないという話をしました。
これは逆に言えば、自分の自由を認めることができればできるほど、
相手の自由を認めることができるようになるということです。
(略)
人間関係で悩み苦しんでいるとき、どんなに相手を変えようとしても、
うまくいったことはほとんどなかったのではないでしょうか。
うまくいかないというだけではありません。
相手を変えようと考えているとき、
あなたの頭や心の中は、相手のことでいっぱいになってしまい、
自分の心がとらわれることで苦しんできたはずです。
このとき、ふと自分に立ち戻って、
「自分には自分の生き方がある。相手には相手の生き方がある。
 自分の生き方を変えることはできても、相手の生き方を変えることはできない。
 逆に言えば、誰かに行き方を変えるように要求されたとしても、
 自分で決める自由がある」
こんなふうに捉えることができれば、
相手のことをよけいには意識しないですむと思いませんか。
心の中でどんなに相手を責めたりしても、
自分の心を疲れさせているだけだと、わかるのではないでしょうか。
いま、試しに、自分に視点を合わせてみませんか。
前記の言葉を、声に出して言ってみましょう。
声に出しながら、自分の気持ちや感情のほうに焦点を当ててみてください。
自分を悩ませる相手が、一瞬、遠のくように感じないでしょうか。
そして、相手との心の距離が遠くなったその瞬間、
あなたの心がゆるむのを感じないでしょうか。
こんな捉え方があなたの中にしっかりと根付いていけばいくほど、
自分を不快にさせる相手との心の距離がさらに遠くなっていき、
相手から解放された気分になって、心が楽になっていくでしょう。
あなたがこんなスタンスに立つことができれば、
何が起こっているかが見えてくるはずです。
相手の能力や性格や生き方には、
相手の同意を得ずに介入することはできません。
争いが起こっているのは、互いに、それに介入し合っているからです。
そういった「争いの元」となる意識を取っ払うことができれば、何が残るでしょうか。
何がトラブルを起こさせているのでしょうか。
そうですね。残るのは、相手との「関係性」です。
つまり、相手とネガティブに関わっている、という事実です。
私が人間関係のトラブルで絶えず言っていることは、
「感情的になっていたり争っているときは、
 言葉の内容や主張は意味をもたない。意味は単に、争っているだけである」
場合によっては、争いたいがために、仕返ししたいがために、
やっつけたいがために、そのチャンスを狙っている。
目的は「争うこと」だから、そのきっかけはなんでもいい、ということになります。
ですから、そのトラブルを根本から集結させるには、
相手を凹ませることでも、屈服させることでも、勝つことでもありません。
争いを根本から集結させるためには、
「その争う環境から離れる。それができないなら、争うこと自体をやめる」
ということが必要になってきます。
これをできることが、結局、「自分を守る。自分を傷つけない。自分を愛する」
ということにつながっていくのです。

=============================

生きているだけで、誰かと関わらざるを得ないのは皆同じ。
自分で自分の心を守る「訓練」が必要なのかもしれませんね。




更新の励みになりますので、応援クリックお願い致します!
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓          
   にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ     
  オランダやヨーロッパ情報ブログのランキングです♪


相手が私を傷つける

2017/03/16 (木)  カテゴリー/本のご紹介

先日からご紹介しているこちらの本。

平気であなたを傷つけてくる人から自分を守る本


みなさん、興味を持ってご覧頂いておりますでしょうか?
いよいよ、今日が最終回になります。

=============================

第7章 「相手が私を傷つける」から抜け出す方法
○「相手をなんとかする」をやめれば問題解決に近づく
さまざまな出来事が起こるたびに、
「傷つけられた。意地悪された。馬鹿にされた」あるいは、
「強引にやらせようとする。無理やり押しつけてくる」などと、
他者中心の思考にとらわれていると、
ますます“被害者意識”が増大していきます。
そのために、
「どうすれば、(相手のそんな行為を)やめさせることができるのだろうか」と、
「相手を何とかする」ことが、自分の最大の関心事となっていきます。
もちろん「相手を何とかしようとする」ような意識で、
問題解決するのは非常に困難です。
当事者が互いに「相手を動かそう」とすればするほど、
いっそう角を突き合わせて、熾烈な争いへと発展するのは避けられません。
あるいは、そんな被害者的な意識を抱きながら我慢すればするほど、
相手にとらわれて「相手のことが頭と心から離れない」という
状態に陥ってしまうでしょう。
状況を変えることができないという諦めの気持ちが強くなっていけば、
自分のほうが逃げ出したくなるでしょう。
(略)
他者中心の人は、物事を「しなければならない」
あるいは「してはいけない」という「べき思考」で捉えます。
そのために、相手からの要求や依頼を強制だと思ってしまいがちです。
相手に「教えて、やって、持ってきて」などと言われると、
自分の義務ではないにもかかわらず、条件反射的に相手の言葉に従ったり、
あるいは逆に、責めたり攻撃されているように感じて、
激しい口調で断ったりしてしまうのです。
(略)

=============================

「他者中心の思考にとらわれていると、
 ますます“被害者意識”が増大していきます」
「『相手を何とかしようとする』ような意識で、 問題解決するのは非常に困難」
「他者中心の人は、物事を『しなければならない』
 あるいは『してはいけない』という『べき思考』で捉えます。
 そのために、相手からの要求や依頼を強制だと思ってしまいがちです」
という個所は特に、「なるほどな~」と納得されたのではないでしょうか。

自分自身がラクになるためには、思考のクセを変える必要があります。
「相手は変えられない」という前提で、自分がどう立ち回るのか。
どう考えれば、自分がラクでいられるのか。
究極ですが、その人との関係を断つことも、時には必要かもしれません。
毎日が平穏な気持ちで過ごせると、みんな幸せを感じられるのでしょうね。




~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん

なぜ「これ」は健康にいいのか?

2017/03/21 (火)  カテゴリー/本のご紹介

ここ数年、健康に関する専門書も数多く読んでいるのですが、
今日からご紹介するのは、こちら。

なぜ、「これ」は健康にいいのか?


病院にかからず、薬も飲まず、健康でいるためには…。
そんなことを、最近よく考えています。
ということで、まずは食事についてから。

=======================

○一日三回の食事がベストなのは「栄養が理由」ではない
自律神経をコントロールする重要なポイントの一つが、腸内環境をよくし、
その働きを安定させることにあることはおわかりいただけたと思います。
そして、そのために有効なのが、
「朝一番のコップ一杯の水」と「食前のコップ一杯の水」、
そして乳酸菌をとることでした。
(略)
朝食の目的は大きく三つあります。
まず一つ目は、副交感神経をあげること。
二つ目は、血流が上がることです。
私たちはものを食べると、吸収の過程で肝臓が働くので、
肝臓に多くの血液が流れます。
そして、その血液が全身にめぐることで全身の血流がよくなります。
そして三つ目は、あわただしい朝に「余裕」を生みだすということです。
いくらかんたんな食事でも食事をするとなれば、人は食卓につきます。
つまり、朝の慌ただしい時間帯にたとえほんの十五分程度でも、
落ち着いて座り、ものを食べるということで「余裕」が生まれるのです。
朝食は、朝、低くなりがちな副交感神経を上げるチャンスです。
朝のタイミングに副交感神経をきちんと上げることができるがどうかで、
その日一日の過ごし方が変わってきます。

=======================

私は最近、「自律神経」と「免疫力」に凝っていまして、(笑)
著者である小林 弘幸先生の本は結構たくさん読んでいます。

女性の皆さんは、すでにご存じの方も多いと思いますが、
朝の「白湯」って、色々と良いことが多いんですよね~。
でも、私はついつい、紅茶ばかり飲んでいますが。(汗)
生姜とシナモンを入れるようにしていますけどね。

朝ごはんをしっかり食べるのが良い!という方もいれば、
朝は果物だけを食べて、炭水化物を取らない!という方もいます。
実際、どちらもやってみましたが、朝ごはんとして果物しか食べなくても、
しっかり朝ごはんを食べるよりもお腹が空きにくかったです。意外。
私は早寝早起きを実践していますが、朝起きたら温かい飲み物をコップに1杯。
そして、お腹が減る頃(午前6~7時くらい)に、朝食を取るようにしています。
交感神経と副交感神経のバランスをうまく調整できれば、
毎日快適に過ごせるようになります。
皆さんもなるべく早く寝るようにして、朝早く起きてバタバタすることなく、
1日をスタートさせるようにできれば良いですね。




更新の励みになりますので、応援クリックお願い致します!
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓          
   にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ     
  オランダやヨーロッパ情報ブログのランキングです♪