美人の直観力

2017/08/01 (火)  カテゴリー/本のご紹介

今日から8月。
夏真っ盛りですが、皆様如何お過ごしでしょうか?

さて、今日からはこちらの本をご紹介します。

1日1分で美人になる! 自分を変えるレッスン


なかなか、そそられるタイトルの本でしょ?(笑)
それでは早速、印象的だった個所を。

=============================

4章 美人の直観力
●直感が冴えていれば、タイミングを逃さない
◇「偶然の一致」は大切なサイン
人生の中で、自分に必要なメッセージは
意外とたくさんふりかかっているのですが、
自分の直感が鈍っていると受け取れません。
自分が心地好くない環境に身を置き続けている
食べ物が添加物だらけで、
本来の人間の本能的な嗅覚の働きが鈍っている
好きでもない人とムリに付き合って、影響を受け続けている。
これらを続けていると、意味のあるシンクロは、
あなたの前をただ通り過ぎてしまうことになります。
せっかくたくさんの貴重な情報がきているのに、
受信機であるあなたが壊れて鈍い状態にある、
というのは本当にもったいないことです。

=============================

私が現在、テレビのない生活をしていることは、以前もお話ししました。
最近知り合う人たちからよく言われることは、
「感性が研ぎ澄まされてるよね~」という言葉。
テレビのない生活をしていることを話すと、
「だからか~」と納得されることが多いです。

自分の感情をかき回すのが、必要でない情報だと気づいた私は、
自分から情報を取りに行かない限り、勝手に送られてくる情報を遮断したいと、
テレビを生活から排除しています。
もちろん、スマホなんて持っていません。
繁華街へ出かけることも極力避け、目から耳から入る情報を、
出来るだけ少なくしようとしています。

また、食品添加物についても結構勉強し、
今は、食料品を買う前に、必ずパッケージの「原材料名」を確認し、
身体に悪い添加物をなるべく避けるような生活を心がけています。

自分の感覚を敏感にしておくこと。
これは、目の前に現れたチャンスを見逃さないためにも、
大切なことなのではないかと思っています。




更新の励みになりますので、応援クリックお願い致します!
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓          
   にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ     
  オランダやヨーロッパ情報ブログのランキングです♪


美人オーラをまとう

2017/08/07 (月)  カテゴリー/本のご紹介

前回からご紹介し始めた本ですが、
皆さんの心に響く言葉などはありましたでしょうか?

では、本日もあちらの本から。

=========================

5章 美人オーラをまとう
●1日5分の「美活習慣」
◇習慣を味方につけてゴールに近づく

『習慣は、最高の召使か最悪の主人のいずれかである』
                アメリカの神学者 ナサニエル・エモンズ

習慣が人生を形づくっていると言っても過言ではないくらい、
私たちは習慣に支配されています。
よい習慣であれば、よい生き方の基盤となり、
クオリティの高い生活が可能でしょうし、
悪い習慣であれば、健康問題や対人関係、
または「美」に関してもマイナスの影響を受けていることでしょう。


●自分を信じる恋のススメ
◇「幸せな恋」にはサインがある

日本人は、「主体性がない」とよく言われています。
「みんながやるからやる」とか、「長いものに巻かれろ」などは定番の言葉。
まわりの人々の目を気にし過ぎる傾向があるのです。
(略)
では、主体性とは何でしょうか?
簡単に言いますと、
「自分で考えて、自分で選択して、自分で決定して、
 自分で行動して、自分で行動の結果を刈り取る」。
つまり、「行動の責任をとる」ということです。
誰のせいにもしない、自分で自分の人生を形づくるわけです。

=========================

私のここ数年の習慣は、まず早寝早起き。そして、毎日のラジオ体操。
それと、情報デトックス。
極力ストレスを減らし、心身ともに健康でいられるように心がけています。
みなさんは、どんな習慣をお持ちでしょうか。

後半部分は、「主体性」について書かれていました。
「自分で考えて、自分で選択して、自分で決定して、
 自分で行動して、自分で行動の結果を刈り取る」
という、ごくごく当たり前のことが、実はなかなか難しかったりします。
世間に流されて、他人の意見に流されて、
本当の自分はどうしたいと思っているのかさえ、本人がよくわかっていない。
そんな話も、割とそこら辺に転がっているように思います。

日々健康でいられるように良い習慣を身に付け、そして継続し、
「主体性」を持って、自分の人生を作っていきたいと思います。




~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん


幸せと美しさは比例する

2017/08/13 (日)  カテゴリー/本のご紹介

今日もあちらの本からのご紹介なのですが、
いよいよ、最終回となります。
今日のテーマは、「幸せ」について。

====================

●幸せと美しさは比例する
◇今手にしているものを数えよう

「しあわせはいつも自分のこころがきめる」

この言葉は、詩人、相田みつをさんの言葉ですが、本当に真理です。
幸せの根拠は人それぞれですが、脳科学的にも、
そして心理学的にも量子論的にも単純に言えば、
「幸せだと思えば、幸せ、不幸せだと思えば、不幸せ」なのです。
しかも、幸せになるのも、不幸せになるのも時間がかかりません。
ほんの一瞬で決まります。

「幸せ脳の人」は、いつも目にとめていることが、
自分が得ている「ありがたいこと」とか、
「今手にしているもの」なので、常に幸せな状態です。
そして、「不幸せ脳の人」の特徴は、
いつも欠乏している部分にフォーカスしがちなのです。
お金なら手元のお金は見ずに「あの人のほうがもっと持っている」。
服なら、「あの人は自分よりセンスがある」。
容姿なら、「あの人のほうが背が高くて痩せている」。
といった具合に、自分が手にしている幸運を見ていないのです。

自分の人生なのに、いちいち他人の言動が気に入らないとか、
頭にくると言ってはそれに時間をとってイライラするなんて、
自分の人生をムダに削っているだけにすぎないということに気づいていません。
本当にもったいないこと。
他人を変えることなんてできませんから、上手にスルーして
自分の向上のために時間を使うほうがはるかに建設的でしょう。

====================

他人と自分を比べることの愚かさに気づいたら、幸せな人になれそうです。
よく例に挙げられるのが、コップに入った水の話。
コップ半分くらいの量の水が入ったものを見て、どう感じるか。
「もう、半分しか残っていない…」
と考えるのか、
「まだ、半分もある♪」
と考えるのか。
事実は、コップ半分の量の水 というだけ。
人によって、受け止め方が違うということなんですね。

私は昔から、「自分は自分」というスタンスで生きてはきましたが、
人と全く比べないかというと、コンプレックスな部分はどうしても比べがちでした。
でも、そのことが、自分の不幸を招くことに気づいてからは、
「足るを知る」ことこそが幸せになる考えだと徹底し、
毎日が随分楽になりました。(笑)

他人がどうであれ、自分自身が「快適」で「健康」で「楽しい」のであれば、
それが最高に幸せなのではないでしょうか。
他人の物差しに振り回されて、自分の人生を生きられないなら、
死に際に後悔ばっかりしてしまいそうです。
実際に他人に迷惑をかけない範囲であれば、好きに生きてOKでしょう。
私の生き方を見て、周りが不快な思いをするかどうかまで、
こちらが責任を持つ必要はありません。
そのような思いを持つ人たちが、自分でその思いを処理すればいいのです。
他人にどう見られるか…を気にして、ちっちゃく生きていくなんてナンセンス。
他人から嫌われようと、変だと言われようと、
自分自身が満足できることが一番大切。
1回きりの人生ですもの。楽しまなくちゃ!




更新の励みになりますので、応援クリックお願い致します!
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓          
   にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ     
  オランダやヨーロッパ情報ブログのランキングです♪


経験から生まれた直感

2017/08/19 (土)  カテゴリー/本のご紹介

お盆も終わり、また日常が戻ってきましたね。
まだまだ暑いですが、もうひと踏ん張り頑張りましょう。

では、今日からはこちらの本をご紹介します。

世界中の朝日×偉人たちの名言 あなたの朝を整える100の言葉


こちらの本は、写真も大変素晴らしく、とってもお勧めです♪
では、印象的だった個所を。

===============================

第1章 目覚める

どのような状況になろうとも、
人間には一つだけ自由が残されている。
それは、
どう行動するかだ。
   ―――――ヴィクトール・フランクル(心理学者)


一日一日を始める最良の方法は、
目覚めの際に、
今日は少なくとも
一人の人間に
一つの喜びを与えることができないだろうかと
考えることである。
   ―――――フリードリヒ・ニーチェ(哲学者)


人生最高の幸福は
富でも名誉でもありません。
自分のしたいことを見つけ、
取り組むことです。
人はそれを
「生きがい」と呼んでいます。
   ―――――ジョセフ・マーフィー(宗教家)


人間の目は、失敗して初めて開くものだ。
   ―――――アントン・チェーホフ(劇作家)

===============================

素晴らしい写真と言葉が、美しく綴られている本です。

ただ、その日その日をなんとなく過ごしてしまうのではなく、
自分が自由であることに感謝しつつ、「どう行動するか」を常に考え、
その日の朝に、「今日も誰か1人でも笑顔にしたい」と願い、
自分の「やりたいこと=生きがい」に一生懸命取り組むこと。
それでも、失敗することはあるわけですが、
そのとき、その失敗ときちんと向き合えば、開眼できるのです。

たくさんの素晴らしい言葉の中から、今日は上記のものをご紹介しました。
皆さんの心に響く名言は、ありましたか?




~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん


冒険する!

2017/08/25 (金)  カテゴリー/本のご紹介

きゃ~!
8月ももうすぐ終わり!!
ほんと、年を取れば取るほど、時間の経つのが早すぎる。(汗)

さて、それでは今日もあちらの本からご紹介します。

=====================

第2章 冒険

はじめはとても難しいことも、
続けていけば簡単になります。
   ―――――ヘレン・ケラー(教育家)


人生における失敗者の多くは、
諦めたときに
どれだけ成功に近づいていたかに
気づかなかった人たちである。
   ―――――トーマス・エジソン(発明家)


疑わずに
最初の一段を登りなさい。
階段のすべてが見えなくてもいい。
とにかく
最初の一歩を踏み出すのです。
   ―――――マーティン・ルーサー・キング・ジュニア(牧師)

=====================

私は一昨年の秋頃から、あるテーマのセミナーに頻繁に足を運んでいます。
そこには、驚くほど私と同年代の女性がたくさん集まっています。
子育てが一段落し、更年期へ移行していく微妙な時期。
多くの女性が、これまでの人生を振り返って自分を見つめ直し、
人生の軌道修正をかける年代が、40代半ば~後半なのだと、
集ったメンバーの年齢を伺うたびに思います。

人生の折り返し地点を過ぎ、再就職…というよりも、
残りの人生、何か自分が持っている力や経験を生かして、
社会貢献や人の役に立つことを始めたいとの思いが強くなるのでしょう。

私も、思うことがあって、小さな歩幅ではあるものの、
色んな人たちに、私がこれからやりたいと思っている夢を語っています。
すると、誰かが必要なタイミングで、私に合ったことのない人を紹介してくれ、
少しずつですが、新しいつながりが広がりつつあることを実感しています。

「継続は力なり」
本当に、その通りだと思います。
こんな年だから…とか、経験がないのに…とか、
チャレンジしない理由を探し出せば山ほど出てきますが、
「とても難しいことも、続けていけば簡単になる」と思いますし、
「疑わずに、最初の一段を登」ろうと、実際に踏み出しました。
こんな年齢からの大冒険(!)かもしれませんが、
きっと「諦めなければ夢は叶う」と信じ、前へ前へと進んでいます。




更新の励みになりますので、応援クリックお願い致します!
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓          
   にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ     
  オランダやヨーロッパ情報ブログのランキングです♪