実は、私もすごく同感。

2017/09/06 (水)  カテゴリー/本のご紹介

9月に入りましたね~。
夜になると、秋の虫の声もよく聞くようになりました。

さて、今日もあちらの本からのご紹介を続けましょう。

==================

第4章 覚悟

人生でもっとも輝かしいときは、
いわゆる栄光のときではなく、
落胆や絶望のなかで
人生への挑戦と
未来に成し遂げる展望が
わき上がるのを感じた時なのだ。
   ―――――ギュスターヴ・フローベール(作家)


自分もいつかは死ぬ。
それを思い出すことは、
失うものなど何もない
ということを気づかせてくれる
最善の方法です。
   ―――――スティーブ・ジョブズ(実業家)



死ぬ覚悟ができていれば、
人は自由に生きられる。
   ―――――マハトマ・ガンディー(政治指導者)



どこかに辿りつきたいと欲するならば、
今いるところには
留まらないことを
決意しなければならない。
   ―――――ジョン・モルガン(実業家)

==================

実は、今日ご紹介した最初の言葉。
これ、実際に私が経験したことに重なって、
本当に「そのとおりだな~」と思った言葉なんです。

人生がいつも平穏無事でいられたら、それはとっても素敵なこと。
でも、自分がいくら努力をしても、報われないこともたくさんあります。
「落胆や絶望のなかで 人生への挑戦と 
 未来に成し遂げる展望が わき上がるのを感じた」ことがある人は、
どのくらいおられるでしょうか。
私は、この感情がとても強くわき上がり、そして前に進み始めました。
「感情がわき上がる」ためには、「落胆や絶望」が不可欠なように思います。

今年に入ってから、「死」にまつわる多くの本を読みました。
自殺したいとか、親が死にそうだ、とかいうわけではなく、
「自分の死」について、真剣に考える時間を持ったのです。
「死」というものが、自分のとても身近なものに感じられ、
忌み嫌うべきものではなく、私と常に一緒にいるものというか、
なんだか、親しみを感じる存在となりました。

「いつかは死ぬ」ということが自分のものになった時、
私は、「自由に生きること」の大切さを痛感し、
今持っている物に固執することの愚かさに気付きました。

そして、自分が「辿りつきたい」場所がはっきりした結果、
「今いるところには留まらないことを決意」したのです。
なぜなら、「今いるところ」は、私が辿りつきたい場所ではないからです。

ただ漫然と、日々の暮らしを送ることの虚しさ。
私はそういう生き方ではなく、日々、成長し続ける生き方を望みます。




更新の励みになりますので、応援クリックお願い致します!
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓          
   にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ     
  オランダやヨーロッパ情報ブログのランキングです♪


愛と感謝

2017/09/12 (火)  カテゴリー/本のご紹介

さて、今回ご紹介している本は、
随分、多くの方が興味を持って下さっているようで嬉しいです。

「名言」というのは、本当にたくさんありますが、
自分に響く名言というのは、自分が置かれている状況とか、
つまり、タイミングというのも大きいな~って思います。

では、またあちらの本から。

=======================


第5章 愛と感謝

人のために生きるとき、
人生はより困難になる。
しかし、
より豊かで幸せにもなれる。
―――――アルベルト・シュバイツァー(哲学者)


夢をバカにする人間から
離れなさい。
器の小さい人間ほど
ケチをつけたがる。
真に器量の大きな人間は
“できる”と
思わせてくれるものだ。
―――――マーク・トウェイン(作家)


自分の経験は、
どんなに小さくても、
百万の他人のした経験よりも
価値のある財産である。
―――――ゴットホルト・エフライム・レッシング(劇作家)


=======================

私はずっと、40歳くらいで死ぬだろう…と思って生きてきたのですが(笑)、
なんと、40代も後半に突入してしまいました。
だから、今は正直「余生」の感覚なんですよね。
自分がやりたいことや、若い頃に抱いていた夢のほとんどを
40歳までに叶えてしまったから、思い残すことがないからでしょう。

私に与えられた「余生」を、これまでのように自分のためではなく、
家族のためでもなく、世のため、人のために生きようと決めたのはここ数年。
その思いを抱いてから、私はどんどんと自分(生活も含めて)を改造し、
新しい学びをし、新しい出会いをし、どんどんと前進し続けています。

今日ご紹介したところにもあったように、きっと私のこれからの人生は、
「より困難」なものになるでしょう。
しかし、「より豊かで幸せ」なものになると、確信できるのです。

こんな年で新しい夢を抱いて猛進している私を見て、呆れる人もいるでしょう。
でも、そんな器の小さな人からは離れて、「できる」と思わせてくれる人と出会い、
自分の夢を現実のものとしたいと思います。

たくさんの本も読みましたし、たくさんのセミナーにも参加しました。
テレビをなくし、規則正しい生活、食生活の改善、デジタルデトックスなど、
周りの人たちがほとんどやっていないことを実践してきました。
それぞれ、本当に小さな経験でしかありませんが、
「百万の他人のした経験よりも 価値のある財産」であることは、間違いありません。

私はこれからも、「本当の幸せ」を追い求めて生きていきたいと思います。




~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん


打ち勝つ

2017/09/18 (月)  カテゴリー/本のご紹介

只今ご紹介中のこちらの本。

世界中の朝日×偉人たちの名言 あなたの朝を整える100の言葉


みなさん、心に残る名言は発見されましたでしょうか?
本当にたくさんの素晴らしい言葉を伝えてくれるのですが、
全部をご紹介するわけにはいかないので、
自分が書きとめている名言の中から、
各章ごとに、厳選してご紹介しています。

では、今日も。

==============================

第6章 打ち勝つ


私は敵を倒した者より、
自分の欲望を克服した者の方を
より勇者と見る。
自らに勝つことこそ、
もっとも難しい勝利だからだ。
―――――アリストテレス(哲学者)


私が知りうる
もっとも美しい人とは、
もがき、
苦しみ、
敗北を知り、
苦労が水の泡になっても、
なお自分の力で
道を切り拓いた人だ。
美しい人の存在は、
偶然ではない。
―――――エリザベス・キューブラー=ロス(医師)


負けても終わりではない。
やめたら終わりだ。
―――――リチャード・ニクソン(政治家)


私たちにとって、
敵とは「ためらい」です。
自分でこんな人間だと
思ってしまえば、
それだけの人間にしかなれないのです。
―――――ヘレン・ケラー(教育家)

==============================

人には、想像もできなかった逆境というものに襲われることがあります。
自分自身でコントロールできるものもあれば、そうでないものも。
でも、自分ひとりでその逆境に立ち向かい、乗り越えなければならない。
本当に辛く苦しいことなのですが、でもこれを乗り越えたら、
これまでの自分ではない、新たな自分に成長できるのです。

人は誰しも、自分には甘くなりがちです。
だからこそ、「自らに勝つことこそ、 もっとも難しい勝利」なんですよね。
自分に打ち勝ってこそ、「もっとも美しい人」になれるのです。

現状に甘んじることなく、もっと高みに登っていきたいと願う。
もっと成長して、もっと深みのある大きな人間になりたい。
「やめたら終わり」なのだから、とにかくやめずに突き進む。

ためらわずに、周りに流されずに、
自分の信じた道を、ただひたすらに。




更新の励みになりますので、応援クリックお願い致します!
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓          
   にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ     
  オランダやヨーロッパ情報ブログのランキングです♪


人生の義務とは?

2017/09/24 (日)  カテゴリー/本のご紹介

たくさんの方に興味を持って頂いたような印象を持つ、
現在ご紹介しているあの本ですが、今回が最終回となりました。
テーマは「生き方」。
皆さんの心に残る言葉はあるでしょうか。

=========================

第7章 生き方

幸せというのは、
どれだけ持っているかではなく、
どれだけ楽しむかで
つくられるもの。
―――――チャールズ・スポルジョン(牧師)


太陽になりなさい、
そしたら
みんながあなたを仰ぎ見るでしょう。
―――――フョードル・ドフトエフスキー(作家)


生きるとは
呼吸することではない。
行動すること。
―――――ジャンジャック・ルソー(哲学者)


人生の義務は
ただ一つしかない。

それは、幸福になることだ。
―――――ヘルマン・ヘッセ(詩人)

=========================

最終回を統べ括るのにふさわしい素晴らしい名言の数々ではないでしょうか。
私はずっと、夫も含め、誰と一緒にいても
常に「楽しもう!」という意識をもつ努力をし続けて生きてきました。
それは、その時間は二度と戻ってこない時間だし、
自分の努力なしには如何様にでもなってしまう時間だからこそ、
気持ちの上で楽しむ努力を惜しまなかったように思います。
「何をどれくらいたくさん持っているのか」では、幸せは作れません。
「どれだけ楽しいと思えるか」で、幸せが作れるのです。

毎日を、特に何も考えず、同じことの繰り返しで漫然と過ごすことの虚しさ。
そのことに気づいてから、私は時間の使い方を一新しました。
同じことの繰り返しであっても、そこに目的や意味がなければならない。
「生きることは呼吸することではない。行動すること」
まさに、その通りだと思います。

人は、何のために生まれてきたのだろうか。
自分が最終的に手に入れたい人生の目的とは何だろうか。
そういったことを、ここ数年考え続けた結果、その答えが見つかりました。
それが、「人生の義務は ただ一つしかない。 それは、幸福になることだ」という
最後にご紹介した名言に示されています。

常に受け身で、自分の人生について真剣に考えることもせず、
目の前の用事をひたすらこなしていくだけの毎日では、
きっと幸せになれないのではないかと思います。
「楽しもうと努力」する、「幸福になるための努力」をする。
自分の気の持ち方一つで、人生は大きく変わっていくような気がします。
自分が死ぬとき、「ああ、いい人生だった」といって死ねるような毎日を過ごせるよう、
これからも努力し続けたいと思います。




~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん

墓場に持ってゆく話

2017/09/30 (土)  カテゴリー/本のご紹介

さて、9月も今日で終わり。
ほんと、年を取れば取るほど、毎年時間の過ぎるのが早くなりますね。
一昨日28日、誕生日を迎えました。
来年の誕生日も、平和で健康で無事に迎えられるのか。
この先の日本はどうなってしまうのかわかりませんが、
とにかく世界が平和でありますように。

さて、今日からご紹介するのはこちら。

ひとは生きてきたようにしか死なない―生病老死に関する25章


大変たくさんの著書をお持ちの方が書かれたものです。
それでは、この中から印象的だったところを。

================================

第二章 老いてからの生き甲斐
○墓場に持ってゆく話
私は、十年前に『水は深く掘れ』という本で紹介した
ある海軍軍人の「墓場に持ってゆく話」を、もう一度、再現したい。
「沖縄特高はどの艦にも片道分の油しか持たせなかった残酷な作戦だった」
という断定が太平洋海戦史のなかで正史として語られているからである。
しかし、沖縄作戦が終了し、出動した艦のうち、
大和、矢矧、磯風、浜風、朝霜、霞が沈没したが、
冬月、涼月、雪風、初霜などの駆逐艦は生還したのである。
駆逐艦のような燃料タンク容量の小さい艦が沖縄・呉間を往復できたことは、
初めから「片道燃料」でなかったことを物語っていよう。
それを、戦後の戦史家たち、日本海軍を書き継ぐ物書きたちは、なぜ、書かないのか。
なぜ、「片道特攻」という四の五の言わせぬ強い表現を再検討してみようとしないのか。
語るのは小林儀作氏(故人)である。
沖縄戦当時は連合艦隊参謀(燃料担当)の海軍大佐で、
「戦艦大和沖縄突入作戦について」と題する一文を『水交』という雑誌に寄稿している。
昭和二十年三月二十日、連合艦隊の作戦命令が第二艦隊(旗艦は大和)に発令された。
この命令書の中には、たしかに「搭載燃料は片道とする」という文字はある。
小林大佐は、命令伝達に赴く草鹿龍之介中将にたのんで「大和」に乗艦し、
第二艦隊旗艦参謀の松岡茂少佐に会って
「今回の出撃のための燃料は
 聯合艦隊参謀である小林大佐が直接行うから一任してほしい」と了解を取り付け、
ただちに高速艇で呉鎮守府に赴き、旗艦参謀今井和夫中佐と面談する。
今井中佐は海軍機関学校で小林大佐の二期後輩である。以下、小林氏の文章による。
(略)
小林大佐は、「大和」を旗艦とする第二艦隊の沖縄突入作戦が
決まるまでの経緯を詳しく説明し、言葉を継いでゆく。
「たとえ生還の算少なしとは云え、燃料は片道分だけしか渡さないと云うことは
 武人の情にあらず、往復の燃料を搭載して快く出撃せしめたい。
 今回無理を云って聯合艦隊参謀帳に随行してきた私の目的はこの一点だけである。
 聯合艦隊参謀と云う公職で頼むのではなく、小林大佐一個人の懇願なのだ」
今井中佐は快諾する。二人で実施方法をきめる。
(略)
戦後、海軍の、というより軍部の「非情」を攻撃する言葉が強くなりすぎた。
その圧倒的な時代的正論に対して、「片道特攻」という命令下にも
「武士の情け」はござったのよ、といっておきたい、
それが墓場の手前で披露した小林大佐の心情である。
(略)

================================

何だかキナ臭い今日この頃。
私たちは、「戦争」というものから目を背けたくなってしまいます。
しかし、「歴史は繰り返す」。

「歴史」というものは、その国々で、好き勝手に捏造されていることは、
韓国の姿を見ていれば、誰にでも容易に想像が出来ると思います。
私たち日本人は、近現代史をまともに学んでいないことに対して、
あまりにも問題意識が低いと言わざるを得ないでしょう。
断片的な情報から、全てわかったような気になってしまうというのも、
正直、とても問題があると思います。
歴史問題だけではなく、日常の「人の噂」に対する感覚も同じでしょう。
色んな立場から見た場合で、善悪が全く逆になることもあるわけです。

海外に住む日本人の方には、是非、「思い込み日本史」ではなく、
「正しい歴史認識」を持って、外国人の方々と接して頂ければ…と願います。




更新の励みになりますので、応援クリックお願い致します!
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓          
   にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ     
  オランダやヨーロッパ情報ブログのランキングです♪