想い人

2017/10/06 (金)  カテゴリー/本のご紹介

前回からご紹介し始めたあちらの本の中に、
私が大学の卒論に選んだ作家について書かれていた個所があり、
ついつい嬉しくなったので、ご紹介しますね。

=================================

第三章 自問自答の中で

○「年寄り冥加」の真実
学問として書かれる政治や経済は、
なんといっても体系立てることが第一義となるから、
その時代を築き上げた思想なり人物なりに光をあて、
これでよかったのだ、こうするほかに仕方なかったのだという筋道が立てられる。
小説の方もご同様で、上杉謙信の信心深さだの、
武田信玄の知略だのに焦点があてられ、戦国時代といえば武将の生き方、
幕末維新といえば戦に勝った男たちの勇気と決断、そんな相場にきまっている。
しかし、武将たちに戦をされるたびに迷惑した百姓町人のことはどうなのか。
それを書いたのが、山本周五郎氏である。
「慶長五年の何月何日に、大阪城でどういうことがあったか、ということではなくて、
 そのときに道修町のある商家の丁稚がどういう悲しい思いをしたのか。
 その悲しい思いの中から、彼がどういうことをしようとしたか
ということを探究するのが文学の仕事だ」
「政治にかまって貰えない、道徳法律にもかまって貰えない最も数の多い人たちが、
 自分たちの力で生きていかねばならぬ、幸福を見つけ出さねばならない」
だから私はこの作家が好きなのである。
私ばかりではなく、たとえば山本氏の代表作『さぶ』『虚空遍歴』を
ニューヨークに住みながら何回となく読み返している人がいる。
アメリカ人のなかにも「さぶ」みたいな人物がいて、
お人善しのために何回も人に裏切られながら人間不信に陥ることもなく、
自分の力で人生を切り開いてゆくタイプにお目にかかるという。
(略)

=================================

私が高校生のころ、大学の卒論にしようと思っていたのが『さぶ』。
ところが、周五郎の作品を読めば読むほど、
周五郎が作品を通して一貫して読者に伝えたいことがあるように思えてきて、
結局、作品研究ではなく、作家研究になりました。

山本周五郎という作家、皆さんご存知でしょうか。
長編作品よりも、珠玉の短編を数多く残した作家で、
「大衆文学」と評されることが多いのですが、私はそうは思いません。

私が最初に感動に打ち震えたのが、本文中にも登場していた『さぶ』。
これは割と長くしっかりとした作品ですが、本当に素晴らしいです。
他に私が好きなのは、『ちゃん』と『かあちゃん』の2作品。
これらの作品は、市井に生きる人たちの日常を描いていて、
本当に泣けてくる、心温まる素晴らしい作品です。
他にも、「水の下の石」とか「ちくしょう谷」とか、
お勧めしたい作品が山ほどあるのですが…。

藤沢周平氏の作品も素晴らしいとは思いますが、
是非是非機会がありましたら、山本周五郎の作品も読んでみて下さいませ。
そうすれば、なぜ「山本氏の代表作『さぶ』『虚空遍歴』を
ニューヨークに住みながら何回となく読み返している人がいる」のか
お分かりいただけるのではないかと思います。




~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん


「歩く」と日本が見える

2017/10/12 (木)  カテゴリー/本のご紹介

前々回からご紹介し始めたあちらの本ですが、
今日で最終回となります。

では、早速。

==============================

○「歩く」と日本が見える

私の分類法では、
「時間をつくる人」と「つくらない人」の二種類がある、といいたい。
私の師匠の大宅壮一氏は
「人間を成長させるものは、読書・旅行・友人の三つだよ」
と教えてくれたが、大宅氏の言葉にはもう少し注釈がいる。
読書のための本には“悪書”も入るし、友人には“悪友”も入るのである。
(略)
時間は「ある」とか「ない」とかいうものではなくて、
「つくる」か「つくらない」かだけの話である。
忙しくて本を読む時間がないという。
本当は「本を読む時間をつくらない」のではないか。
一日に二十七頁読めばよいのである。
バイブルでも荘子でも、二十七頁くらい必ず読める。
朝、目覚めが早かったら寝床の中で読んでもいいし、
通勤電車の中、公園のベンチ、喫茶店の一隅、駅のベンチ、クルマの中、
落語の「寿限無」ではないが「寝食う所に住む所」、いずれも読書室ならざるはない。
一日に二十七頁で一年間に一万頁弱になる。三年間続けると三万頁になる。
一冊の本を平均三百頁とすれば、三年間に百冊の本が読める。
百冊の本を読むと、知識がふえるのではなくて、
ものの見方がひとりでに身につくようになる。
別の章で紹介したように、濱口恵俊教授のいう
「見識人」あるいは「達識人」に成長すると思う。
おもしろいもので、人間は自分の方に変化をおこさない限り、
いつも同じ光景を見ているようである。

==============================

何度もお話ししているように、私は現在、テレビを見ない生活をしています。
そのため、ほんの数分でも暇があれば、読書しているのです。
大方のご家庭では、特に見たい番組もないのに、
「習慣」で、テレビがついてしまっているのではないでしょうか。
そのために、読書のための時間が取れていないような気がします。

「人間を成長させるものは、読書・旅行・友人の三つ」
とありましたが、本当にそうですね。
特に読書は、視野を広くしてくれますし、これまでと違う視点も与えてくれます。
自分が経験していないことを経験したかのように考えられるようにもなりますし、
とにかく、多くの良書を読めば、人生が変わります。

「百冊の本を読むと、知識がふえるのではなくて、
 ものの見方がひとりでに身につくようになる」
とのことですが、これも真実でしょう。
私もここ3年ほどで1000冊以上の本を読んでいますが、
自分が人間として成長し、人生のステージが変わった実感があります。
自分軸が更にしっかり確立できたというか、
「自己肯定感」がさらに高まったというか。

もちろん、読書に限らず、色々な経験をすることによっても、
自分を変えることは出来ますが、是非とも読書は外さないで下さい。




更新の励みになりますので、応援クリックお願い致します!
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓          
   にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ     
  オランダやヨーロッパ情報ブログのランキングです♪

才能の不都合な真実

2017/10/18 (水)  カテゴリー/本のご紹介

今日からは、こちらの本をご紹介します。

努力不要論――脳科学が解く! 「がんばってるのに報われない」と思ったら読む本


ここ数年、脳科学に関する書籍もたくさん読んでいるのですが、
今回からご紹介するのは、テレビでもお馴染みの中野信子先生のご著書です。

===========================

第4章 才能の不都合な真実

○世界一「報われない…」を感じる日本人
日本人の持っている脳は他国の人と比べて特徴的だということが、
脳科学的な調査でわかっています。
第2章で説明したとおり、神経細胞間でやり取りされるセロトニンの量を調節する
タンパク質・セロトニンポーターの量が少ないことに起因するのですが、
日本人は、世界で最もセロトニントランスポーターが少ないのです。
そのため、文化的にもそれが反映された社会が形成されると考えられます。
この脳を持っていると、勤勉で、自分が利益を得るよりも人に与えることを好み、
真面目で誠実、危険を冒すよりも安定した生活を志向する、
という性格傾向を持つようになります。
(略)

○努力家は他人の才能を潰す
人間のいるところなら、どこでも、
他人の才能を潰して自分がのし上がりたい、という人はあらわれてくるものです。
家庭内ですら、そういう問題が起こることがあります。
(略)
また、攻撃性には性差があります。
男性の場合は物理的な攻撃や、
資金を断つなどの目に見える形のもので潰してくる傾向が高いのですが、
女性の場合は人間関係で攻撃してくるということがいえるかもしれません。

===========================

脳科学を学ぶと、色々と興味深い研究結果を知ることになります。
今回前半で紹介したのは、日本人特有の脳の特徴。

「セロトニン」とは、ご存知の通り、精神的な安定に大きく作用するホルモン。
睡眠にとって大切な「メラトニン」というホルモンの材料になります。
不眠症の方は、まず「セロトニン」を作るのに必要な
「トリプトファン」を多く含む食品を摂るようにして、
朝はしっかり太陽の光を浴びるようにすれば、
メラトニンがきちんと作られるようになるので、是非お試しください。

さて、この「幸せホルモン」の1つに数えられる「セロトニン」ですが、
この「セロトニン」の量を調整したり、再取り込みをしたりするのが、
「セロトニントランスポーター」なんです。
で、日本人は世界一、この量が少ないのだとか。
それで、日本人は特有の性格、社会を作ってしまうのでしょう。

そして、後半は「性差」について少し書かれています。
自分がのし上がるために、他人を潰したい…という気持ちは、
性別に関係なく、男女ともに持っている感情の一つでしょう。
ただ、その攻撃性に違いがあると指摘されています。

男性の場合は、「力」(たとえば、権力・暴力など)を用いたり、
妻を思い通りに支配しようと、生活費を断ったりするなど、
目に見える形で相手を叩きのめそうとするのに対し、
女性は、「仲間外れ」や「無視」など、人間関係における「いじめ」によって、
相手を潰そうとする傾向があるとのこと。
皆さんは、どう思われますか?




~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん


意思力は夢をかなえる原動力

2017/10/24 (火)  カテゴリー/本のご紹介

さて、前回からご紹介し始めた中野先生のご著書。
興味深くご覧頂いておりますでしょうか?

では、今日ご紹介したいところを早速。

===========================

第6章 意思力は夢をかなえる原動力

○才能を開花させるために大切な意志力
ポテンシャルがあって努力する人と、
ポテンシャルがあるのに努力しない人を比較すれば、
「努力する才能」というのはじつに大きな意味のあるものになります。
その2人の違いは意思力の違いになります。
意思力とは、目的や目標のためにタスクを地道にこなす、
あるいはそのために自制したり我慢する力のことです。
狭義の努力ではなく、戦略に基づいた努力をするには必要不可欠な要素です。

○意思力の強さを決める脳の機能とは?
意思力の強い人と弱い人の差というのは、
「ヒトという生き物はそもそも意思が弱い」
ということを知っているか知らないかという差です。
自分の行動を観察する能力、そしてブレーキをかける能力になるので、
前頭前皮質の機能が高いか低いかという違いになってきます。
(略)
計画性、自制心、来週締め切りだからがんばって今は仕事をしよう、
原稿を書こう、などという意思決定ができるのは、前頭葉の機能のおかげです。
しかし現生人類の中でも前頭葉の機能の強さ弱さにバリエーションがあり、
それは前頭前野の厚さの違いにあります。

○自分の脳の回路を変える手っ取り早い方法
ミラーニューロンの働きに通じる話ですが、
小説を読むと脳が変わるという実験があります。
アメリカの大学の研究で、たとえば泳いでいる人の描写を読むと、
脳が実際に、自分が泳いでいるかのような反応をするというのです。
そして、その効果は長く続き、あまり泳げないような人でも、
イメージトレーニングのごとく、脳に泳いでいるような感じがする回路ができるのです。 
ちょっと面白いでしょう。
だから、本というのは手軽に多くの経験が楽しめる、とても便利な装置なのです。
実際に会うことは難しかったり、
歴史上の人物だったりして会うことができないような人の思考も、
自分の中に、その人物の思考回路をつくることができるのです。

===========================

まずは「意志力」について。
「努力する才能」というのは、誰もが持っていそうで、持っていないもの。
努力し続けられる人は、「努力する才能」を持っているのだと思います。
自分のやりたいようにやるのではなく、しっかりと「自制」することができなければ、
戦略的な努力ができないとおっしゃっています。

次に、「前頭葉」に関するお話し。
これは、発達障害の人たちを研究する上で、外せない場所になっているところです。
是非、次のページの記事をご参照ください。
アスペルガーなど発達障害、前頭葉で神経活動低下 (日本経済新聞)
前頭葉の働きと鍛え方

そして最後は、「読書」について。
私が猛烈に読書をしている近況についてはお伝えしましたが、
本当に、読書は人を成長させるのに、素晴らしい手段だと思います。
「本というのは手軽に多くの経験が楽しめる、とても便利な装置」とありますが、
「自分の中に、その人物の思考回路をつくることができる」ようになるのです。
是非、皆さんも読書をしてみて下さいね。




更新の励みになりますので、応援クリックお願い致します!
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓          
   にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ     
  オランダやヨーロッパ情報ブログのランキングです♪


意思力の差=年収の差

2017/10/30 (月)  カテゴリー/本のご紹介

今日は、大変興味深い実験について書かれていた個所を、
ご紹介したいと思います。

======================

○意思力の差=年収の差
意思力の強さが、いかに将来において大きな利益をもたらしてくれるのか、
それを証明した「マシュマロ実験」と呼ばれるものがあります。
4歳時点ですでに差がついていて、その差は中年になるまで
人生に影響を及ぼしている、という有名な実験です。

この実験ではまず、被験者として呼ばれた4歳の子を、
お菓子を用意した実験室に招きます。
このときマシュマロが使われたので、マシュマロ実験といわれています。
そのうえで、
「お姉ちゃんはちょっと用事があるから15分待っててね。
 15分後に帰ってきてまだお菓子がそのまんま残っていたら、もう一皿あげる」
などと言って、実験者は部屋を出て行き、子供を1人にします。
すると、約7割の子供は待ちきれずにお菓子を食べてしまいます。
しかし、残りの約3割の子供は、食べないで取っておくのです。
食べずに我慢した3割の子は、
机の下にお菓子を隠したり、見ないようにしたりなど、
子供なりに食べたいという衝動が起きないよう工夫をしたのです。
つまり、15分待てば2皿もらえる、ゲインが倍になるということを計算して、
自制心を駆使することができているわけです。

そしてその子たちの14年後、18歳時点で、
日本でいうセンター試験みたいなアメリカの入試テスト「SAT」の成績を見ると、
なんと我慢できた子と我慢できなかった子の得点差は
平均で210ポイントもあったという結果になりました。 
我慢できて、自制心を発揮した子のほうが、圧倒的に成績が良かったのです。
さらに驚くべきことに、40年後の44歳の時点で追跡調査もなされていて、
年収と社会的ステータスを比べると、やはり我慢できた子のほうが高かったのです。
我慢できたり、計画を立てて行動したりということが得意な個体のほうが、
より利得の高い人生を送ることができる、
すなわち生存に比較的有利であるということがこの実験で証明されたわけです。

======================

グローバル社会になり、コミュニケーション能力を求められる時代となりました。
やはり、IQよりも「自制心」の高い人が、よりよい人生を送れるのではないでしょうか。

「甘えさせる」と「甘やかす」の違いを親がきちんと理解して、
子どもの自制心を高めていく子育てができれば、
きっとその子どもたちは、より良い人生を歩むことができるでしょう。

これにて、『努力不要論』のご紹介は終わりです。
興味深いことも色々と書かれていたので、興味のある方は是非、
まるまる1冊読破してみて下さいね。
次回から、また新しい本をご紹介します。




~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん