私をささえた「楽天発想」の言葉

2017/11/05 (日)  カテゴリー/本のご紹介

さて、今日からはこちらの本をご紹介します。

いい言葉は、いい人生をつくる (成美文庫)


なんだか、素敵なタイトルの本でしょ?
著者の斎藤茂太さんは、皆さんもよくご存じの斎藤茂吉の長男さん。
お父様同様に、精神科医でもいらっしゃいました。

では早速、こちらの本の中から印象的だった個所を。

===============================

1章 私をささえた「楽天発想」の言葉

●高度な目標に何度も失敗するより、適度な目標を何度も達成しよう

「人生には三つのものがあればいい。希望と勇気とサムマネー。
                       ――チャールズ・チャップリン」
仏教に「小欲知足」という言葉がある。
欲望を小さくすれば容易に満足できるという教えだ。
(略)
人には欲がある。欲は、人を前進させる大きな力になる。
そのかわりに、人を呪縛し、人を狂わすこともある。
だからこそ釈迦は、欲望をギリギリまでそぎ落とすために、
何年にもわたる修業を重ねたのだろう。
もともと、私は大欲の持ち主だったとは思わない。
それでも、若いときにはそれなりの欲があり、その分、枯渇感を覚えたこともある。
だが、戦争という究極の体験が目からうろこを落としてくれた。
以後、私は人生八○パーセント主義を標榜して生きてきた。
ほしいと思うものの八○パーセントが手に入れば、それで十分。
大満足すべし、というわけだ。
最近では、人生六○パーセントくらいでもいいかな、と感じるようになっている。
年齢や状況に応じて、自分に見合った「分」を決めるとよいと思う。
最初から、あまりに高い望みをもちすぎるから、不満が大きくなるのだ。
その不満を相手にぶつけて、いらぬ喧嘩を引き起こすこともある。
時には精神が病んでしまうほど身の丈以上を自分に望み、
自分を責めさいなむ例もある。
そうあってほしい一〇〇パーセントの世界から、
少し引いた六○パーセントや八○パーセントで生きていこう。
「足りない」という焦燥感や不満がなくなり、ゆとりや柔軟性が生まれてくる。
融通無碍な生き方が自分のものになってくる。

===============================

今の時代、皆が皆、「足りない、足りない」と苦しんで生きているように思います。
茂太さんがおっしゃっているように、
「年齢や状況に応じて、自分に見合った『分」を決めるとよいと思う」
というのは、大変よい考え方だと思います。

「最初から、あまりに高い望みをもちすぎるから、不満が大きくなるのだ。
 その不満を相手にぶつけて、いらぬ喧嘩を引き起こすこともある」
ともおっしゃっていますが、望みが高い人ほど、
周りに怒りを振りまいているように思います。
ほんと、周りからすれば、いい迷惑この上ないわけです。

私は以前から、こういった「身の丈に合った暮らし方」を実践していますが、
ここ数年はさらに茂太さんのように、さらに暮らしを小さく、
望みを小さくして生きることを旨としています。
すると、本当に健康であり、心に余裕があり、1日1日を大切に生きられます。
皆さんもぜひ、自分らしく、マイペースで生きられる自由を満喫して下さいね。




更新の励みになりますので、応援クリックお願い致します!
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓          
   にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ     
  オランダやヨーロッパ情報ブログのランキングです♪


「成功暗示」の言葉

2017/11/11 (土)  カテゴリー/本のご紹介

前回からご紹介し始めたモタ先生の本。
皆さん、興味を持ってご覧頂いているでしょうか?

今日も、楽しい内容となっていますので、是非ご覧ください。

========================

4章 私を明るくした「成功暗示」の言葉

「火事場の馬鹿力」は腕力ではなく、こころの力にこそいえるんだ。
「ものごとてえものは、うれしい前にはきまって心配ごとや悲しいことがあるんです」
                              ――古今亭志ん生

九○年近い人生を生きた実感からいえば、
何の波風も立たない人生など、最もつまらない。
挫折や苦労などないに越したことはないと考えがちだが、
こうして振り返ってみると、大いに挫折し、そこから立ち上がったり、
苦労を重ねて乗り越えてきたからこそ今日がある、としみじみ感じ入る。
幸いにも、私の周辺には、魅力ある女性がたくさんいる。
そうした女性の中には一人で生きてきた人、
離婚体験をした人、離婚には至ってはいないものの
夫との齟齬に悩んでいる人が少なくないのは偶然だろうか。
何ひとつ苦労なく、おっとりと人生を過ごしてきた女性の魅力も捨てがたい。
だが、人間関係の修羅場をくぐった人には、
そういう体験をした人でなければ身につかない、しなやかさ、強靭さが宿る。
不思議なことに、男性は同じような体験をしても、
かえってしおたれてしまうケースが多い。
男性のほうが人間的な潜在力が弱いのかもしれない。
もし、あなたがいま、心ならずも苦難に直面しているとしたら、
その苦難を乗り越えたとき、
自分の魅力は一段と増しているのだと大いに希望をもってほしい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●いま何がないかより、いま何があるかで発想しよう。

「もっとも欲望の少ない者がもっとも豊かな者である」
                      ――ローマの喜劇作家 プブリリウス

最近、私の病院を訪れる患者さんの中に
「ほしいものは絶対に手に入る」と信じ込んでおり、
手に入らないと「相手が悪い」「社会が悪い」と攻撃するケースが増えている。
社会問題の一つにもなっているドメスティック・バイオレンスの原因も、
多くは欲求をコントロールできないイライラの暴発である。
人生はできるだけ思いどおりにいかないほうがいい。私はむしろそう思っている。
思いどおりにいかないからこそ、他の方法はないかと工夫を凝らすのだし、
その場は思いとどまる抑制の訓練もできる。

========================

このブログを読んで下さっている多くの方もそうだと思うのですが、
私も、モタ先生がおっしゃっている「魅力ある女性」のひとり。(笑)
つまり、「人間関係の修羅場をくぐった人」なわけです。

波乱万丈の人生は辛いものですが、
その先には、これまでなかった素敵な魅力が出てきます。
平穏な生活を送ってきた人の持つおっとりさもいいですが、
反対の生活を送ってきた人しか持つことのできない、
しなやかさ、強靭さも、それはそれで魅力的なわけです。

私もこれから乗り越えなくてはならない「苦難」が目の前にありますが、
この先、もっと素敵な自分に出会えることを楽しみにしています。

また、後半に書かれていた
「人生はできるだけ思いどおりにいかないほうがいい」
「思いどおりにいかないからこそ、他の方法はないかと工夫を凝らす」
「その場は思いとどまる抑制の訓練もできる」
というのは、本当にその通りだな~って思います。

波乱万丈の人生だと、常に頭をフル回転しておかなければいけません。
そうしないと、乗り越えていけないから…。
頭もメンタルも、どちらもとても鍛えられる人生になるわけです。

「うれしい前にはきまって心配ごとや悲しいことがある」
「もっとも欲望の少ない者がもっとも豊かな者」
という、素敵な言葉を胸に、前を向いて歩いていきましょう!




~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん


相手をほめると自分も元気になる

2017/11/17 (金)  カテゴリー/本のご紹介

今日も、素敵な言葉の数々ですよ。(笑)
是非、ご覧下さい。

=============================

6章 私を幸福にした「心身健康」の言葉

●相手をほめると自分も元気になる。
 ほめる習慣はプラス発想の習慣なんだ。

「長い間、一緒に暮らして、その間に芽生える感情こそが『愛』」
                          ――詩人 谷川俊太郎

妻が魅力的な女性かどうか、夫がかっこいい男性かどうかは、
配偶者の責任なのだそうだ。
欧米ではいい年をした夫婦がほめ合ったり、愛の言葉をささやき合ったりするが、
ああいうほめ言葉が、たがいをますますいい感じにするのだそうだ。
それは重々わかっていても、日本は「釣った魚に餌はやらない」人が少なくない。
国民性の相違もあって、なかなか愛情を表現しないものだ。
数十億人という地球上の人類から、たった一人、
自分が選んだ人生のパートナーなのだから、
日本人も、もっと率直にほめ合う関係になってもよいのではないだろうか。

「よい結婚はあるが、うっとりするほど楽しいだけの結婚はない」
                  ――フランスの作家 ラ・ロシュフーコー

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●健康は、習慣だ。
真偽のほどはたしかではないが、アメリカでは、
肥満体形の人はエグゼクティブになれないのだという。
体重の管理ができない人はすなわち自己管理ができないヤツであり、
部下や組織の管理などとても任せられないというレッテルを貼られてしまうのだ。
この説、全面的に賛成ではないが、三分の理ぐらいはあると思う。
肥満は、ごく一部の病的肥満をのぞいて、たいていの場合は食べすぎ、
運動不足といった自分の生活習慣のツケであるからだ。

=============================

私は結婚してから子供がいなかったせいか、
夫に対しては、恋愛感情をなくさないようにと考えて暮らしてきました。
だから、「大好きだよ」とか、「ありがとう」とか、
わざわざ口に出して頻繁に言うようにしていました。
ただ、モタ先生が言うように、こういった行為が功を奏するとは限らず、
相手に「共感力」があるかないかで、随分結果が違うように思います。

やはり相手に対して「好きだよ」とか「いつもありがとう」という言葉を、
積極的に伝えるような努力は、とても大切に思います。
だって夫婦はそもそも他人同士なんですから、言わないとわかりません。
「言わなくてもわかるだろう」なんてことは、通用しないのです。
私はこの“伝える努力”は、よく頑張ってきたな~って思いますが、
一方夫は、ほぼほぼこの努力をしてこなかったように思います。
「苦手だから」ということで、逃げおおせてしまうというか。
褒めあえる夫婦関係って、とっても素敵だと思います。

後半は、健康管理について。
私はここ数年、本当に健康には注意するようになりました。
自分の心がけひとつで、自分の持っている力を最大に発揮できるなら、
病気にもならず、病院にもかからず、元気に過ごせるわけですものね。
がんも含め、大抵の病気は普段の生活習慣の結果です。
「自制心」を持って毎日過ごすようにしなくてはね。




更新の励みになりますので、応援クリックお願い致します!
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓          
   にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ     
  オランダやヨーロッパ情報ブログのランキングです♪


状況は水面下で進行している

2017/11/23 (木)  カテゴリー/本のご紹介

さて、今日からはこちらの本をご紹介します。

幸福感性 あなたの夢はぜったい叶う! (PHP文庫)


随分前に読んだ本ですが、自己啓発本のジャンルに入るものです。
前向きな気持ちにさせてくれる1冊です。

では、いつものように印象的だった個所を。

===============================

○それでも状況は水面下で進行している
もしも、あなたが、何かに懸命になっていて、
それなのに、なかなか変化が見えなかったり、
良い兆しがないように思えてもやきもきせずに、
然るべきときに、賭けたエネルギーが形になることを信じて、
どうか、リラックスして、待っていてください。
それはもうすぐ結果となり、あなたの手に入りますから。

たとえば、それは、あなたが土の上に花の種を蒔いて、
花が咲くのを待っているときと同じことなのです。
お水をあげても、さらに陽あたりのいい場所に移動させても、
雑草や害虫をこまめに取り去っても、
なかなか土の上に芽が出てこないとき、
あなたは、
“これだけいろいろなことを努力しているのになぜ?”とか、
“隣の家の花はもう咲いてるのに、
なんで私の家の植木鉢の花はまだ芽も出てこないのか?”とか、
“こんなにも長い日数を待っているというのに、どうして?”などと
不安になったり、あせったり、結果を疑ったりする時期があるかもしれません。
しかし、あなたの知らない水面下では、
花の種はそれなりに、芽を出す準備をしていて、
いろいろな条件が整い、然るべき状態になったなら、
ちゃんと姿を現すように物事は黙って進行しているのです。
それまで、何も聞こえないし、何も見えないし、影も形もないように思えても、
ちゃんと物事は、それなりに変化を起こし進行しているものなのです
だから、何かを待っているだけの時間が長くかかっているとしても、
心配しないで大丈夫です。

静かに、でも確かに、あなたが賭けたエネルギーは形になっていくのです。

===============================

私は数年前から、あることをやろうと準備をし続けてきました。
正直、まだ形にはなっていませんが、色んなところでその夢を語ってきました。
その夢に共感してくれる人も何人かいて、「協力するよ」という温かい声を頂いたり、
その夢を花開かせるために「水」を注いでくれるような人たちと出会ったり、
そんな地道な時間を過ごしています。

誰だって、新しいことを始めるときは、不安だらけです。
「本当に実現できるのだろうか?」「うまくいくのだろうか?」と、
心配ばかりが襲ってきます。でも、
「いろいろな条件が整い、然るべき状態になったなら、
ちゃんと姿を現すように物事は黙って進行しているのです」という著者の言葉が、
私の背中を押してくれます。
今は地道な努力だけれど、きっとその時が来れば姿を現してくれると。

相当な時間をかけてと努力をし続けて今に至りましたが、
「あなたが賭けたエネルギーは形になっていくのです」という言葉を信じ、
このまま、突っ走っていきたいと思います!(笑)




~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん


成長するときは傷つきやすい

2017/11/29 (水)  カテゴリー/本のご紹介

前回からご紹介し始めたあちらの本。
皆さん、どのような印象をお持ちでしょうか?

では、今日も印象的だった個所をご紹介します。

==========================

○古い殻を捨てて成長するときは傷つきやすい
すべての生き物は成長するものです。
そして以前よりも大きくなろうとするとき、
つまり、今までの古い自分を捨てて新しい自分になろうとするときや、
それまでまとまっていた小さな自分の殻を脱いで(破って)
さらに成長しようとするとき、
一時的に自分が不安定になることや、コンディションをくずすことや、
傷つくことがあるのです。

それは脱皮するときに、いったん身ぐるみはがされて、
丸裸にされることでやわな自分になるからです。
殻を脱いだ途端、素の自分が現れるからです。
飾りたてたものや自分をおおっていたものがなくなると、
デリケートな部分があらわになるからです。

もしもあなたがポジティブになっていて、
がんばろうとしているにもかかわらず、
なぜか動くたびに辛くなったり、傷つくようなことが起こっているなら、
それはあなたが脱皮して、
つぎの新しい自分をつくろうとしている節目だからです。
決して弱くなったのでも運が悪くなったのでもありません。
成長を遂げようとしているからこそのことなのです。
自分がより強い存在になろうとしているからこそなのです。

古いものを潔く捨てて、硬い殻を脱いで、
あなたはさなぎから蝶になって飛び立とうとしているのです。

少しのことで傷つき、破けやすいその羽も、
もうすぐ自分の身を思うように飛び立たせる立派な羽になるのです。

==========================

私はここ数年、在蘭時の私はもちろん、これまでの私を脱ぎ捨て、
新しい私との出会いを日々楽しんでいる生活をしています。

新たな生活を始めた時、ここに書かれているように、
正直大変な精神的混乱が生じたり、体調不良になったりしました。
でも、そこを通り、乗り越えてきたからこそ、今の私に出会えました。

昔の自分から脱皮し、新たな自分に生まれ変わるとき、
確かに、まだまだ無防備な状態なのは事実です。
怪我もしやすい。傷付きやすい。
でも、それを恐れていては、成長できないのです。

来年はきっと、自分が手に入れた新しい羽で、
自由に大空を飛び回れることを信じて、まだまだ頑張ろうと思います!




更新の励みになりますので、応援クリックお願い致します!
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓          
   にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ     
  オランダやヨーロッパ情報ブログのランキングです♪