敗戦により歪んだ日本人の価値観

2018/03/05 (月)  カテゴリー/本のご紹介

前回からご紹介し始めた本の中から、
今日は、日本観について書かれたところをご紹介したいと思います。

このブログでも、私がオランダから帰国してしばらくの間、
オランダ生活を通して、自分の日本に対する知識の少なさ、
理解の低さを痛感したため、こういった内容の記事をアップしていたので、
記憶しておられる方も多いかもしれませんが、是非ご一読下さい。

=============================

○敗戦により歪んだ日本人の価値観
戦後の日本は米軍人と米民間人の多数によって組織された
GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の支配下で
見事にコントロールされていました。
彼らは今次大戦でアメリカを窮地に追い込んだ日本が
二度と立ち上がらないようにとさまざまな仕かけを施しました。
その中で「War Guilt Information Program(WGIP:戦争犯罪宣伝計画
「戦争についての罪悪感を日本人の心に植え付けるための宣伝計画」)」
という思想工作が徹底的に行われました。
それは日本人にかけられた強い洗脳でした。
このプロジェクトに基づいて日本は戦後、
「ナショナリズムは危険である」「戦前の日本人は全部間違っていた」と、
日本人としての歴史や誇りに至るまでそのすべてを捨てさせられました。
壮大なプロジェクトの結果、教育観、仕事観、経済観、家族観、
さまざまな局面で時間の経過とともに強まったのが「利己主義」です。
社会全体の利益ではなく、まずは個別の利益を求める風潮は、
私たち日本人に広まってしまいました。
他者とともに生きて行くのではなく、まずは自分が生きることを優先する。
徹底した競争主義、区別と差別の混同、
格差の拡大を厭わない空気(競争の結果として当然と考える)、
あまりにも強欲な市場経済至上主義とそれを支持する日本人たち……
「我が、我が」という我欲に満ちた今の社会こそ、
戦後の日本管理を一手に握ったアメリカのシナリオが見事に実現した結果であり、
彼らが創造したものこそ「日本人らしくない日本人」でした。

長年、いろいろな組織で働いていると、
空気の読めない人が増えたなと感じますが、
自己主張という言葉の意味を正しく理解できない日本人が増殖していることは、
この利己主義が代々、徹底して作用している証拠だと考えます。
日本人が戦争終結にホッとして戦前のすべてを
害毒として捨て去ってしまおうとした庶民感覚は十分理解します。
私を含めて現在の社会で働いている人間の大半が戦後生まれですから、
戦争中、いかに大変だったかを実体験していない分、
本当の辛さを知ることはできません。
しかしながら道徳を含めた教育の徹底というカリキュラムまでも
全部捨て去ってしまって、アメリカのソフトを輸入・依存したことはとても問題です。
日本の教育現場では、親の大切さ、国(郷土)を想う心、日本の歴史、
友人のありがたみ、お互いさまの心、おかげさまの気持ち、
本当に大切なことを若い世代に教えていました。

 ※ 非常に長くなりますので、後半部分は次回の記事でアップします。


=============================

海外で生活中の日本人の方々の多くは、
やはり、近現代史を知っているか、知らないかということが、
とても重要なことだと痛感しておられることと思います。
学校では習っていないこれらの歴史については、
自分で学ぶしかないのが現状なのではないでしょうか。



~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん


明日は、東日本大震災から7年。

2018/03/10 (土)  カテゴリー/本のご紹介

あの大きな災害から、明日で7年。
私がオランダから日本へ戻ってきて、1ヵ月半足らずで、
日本は大変な状態に陥ってしまいました。
被災された皆様は、今なお厳しい現実の中におられると思います。
穏やかな毎日が早く戻ってくるよう、祈るばかりです。

さて、今日は前回の続きの個所をご紹介します。
是非、ご覧下さい。

==============================

1990年代から2000年代にかけて世間を騒がせた
オウム真理教の事件に代表されるように、
ある領域では良く働く頭脳を持っている人間たちが
闇に取り込まれていく様を見ていると、人間の弱さを痛感すると同時に
人を支配することの怖さが身に沁みます。
その根底には「自分を否定する感情」があります。
自分を否定し続けると、人間は外的な影響でいかようにも変化します。
変化するというより「変化させられる」といったほうが正しいでしょう。
洗脳というのはそのプロセスのことです。
これは仕事に責任感が持てない気持ちと同じです。
自分への自信の無さの裏側には、外部評価の奴隷となっている自分がいます。
他者からどんなふうに思われているのか、
他者が自分のことをどう考えているのか、それが気になって仕方ないのです。
支配しようとする側は、相手のそんな弱い部分につけ込みます。
こういう構図そのものが、日本人には相容れられない図式です。

構図の中心には「自虐史観」がありますが、
日本人は全部がダメだった、アメリカが正しいから従おう、皆考え直さないとダメだ、
戦後に植えつけられたそんな思想が時間を追うごとに強まり、
弱くなった気持ちに海の向こうからやって来た新しい価値観が導入され、
現在のような実にいびつな国家が形成されました。
それでも私はそこまで歪んだ意識を植え付けてくれたアメリカに、内心感謝しています。
なぜならようやくアメリカ型の支配管理手法がいかに矛盾に満ちたものだったかと
世界中が気づき始め、日本人も遅ればせながらようやくそこに気づき、
本来の日本人として目覚めようとしているからです。
若い世代ほどそのスピードが速いなと感じます。
長年、日本人を洗脳し続けた自虐史観という存在は、まさに反面教師として、
日本人をあるべき方向に戻してくれる装置だったのでしょう。
これもアメリカのお役目だったのかなと思わざるを得ません。

さらに日本の救いは天皇陛下がいらっしゃることです。
天皇というお立場は「国民の幸せと国家の平和を祈る最上位の人」です。
東日本大震災から一年が経った日の式典における
天皇陛下の言葉はずしりと響きました。
有事を想定していない歪で不自然な憲法、すぐに混迷を極める政治、
享楽に走りがちな国民、周辺国からの経済圧力、どんなに行き詰った状況でも、
天皇陛下は日本国民と日本国のために日々祈って来られました。
私たちは今こそ、その御姿に真摯に学ぶべきだと思います。
自分がやるべきことをしっかりやる。迷わずに行う。
お役目を果たすということは、そういうことではないでしょうか。

==============================

これほど、多くの自然災害に見舞われる日本という国に、
今上天皇や皇后がおられることは、本当に奇跡だと思わざるを得ません。
お二人とも、自分の自由な人生を犠牲にして、日本のために、国民のためにと、
日々、一生懸命「お役目」を果たして下さっていることに、
心からの敬意を表したいと思います。

私は個人的に、東京オリンピックや大阪万博については、
正直、必要性を全く感じていません。
どうして、こういうことをやろうとするのか、理解に苦しみます。
私は、オランダの「国としてのあり方」が、とても好きです。
国民も、日本人と違って、大人の考え方がしっかりしていると感じています。
日本とオランダは、宗教も歴史も違うから、
同じ土俵で考えること自体に無理があるのはわかっています。
しかし、日本の現状を見るとき、ついつい嘆きの感情を抱くのは、
きっと私だけではないと思います。
皆さんは、どのように思われますでしょうか。




更新の励みになりますので、応援クリックお願い致します!
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓          
   にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ     
  オランダやヨーロッパ情報ブログのランキングです♪


日本の未来を考え直す

2018/03/16 (金)  カテゴリー/本のご紹介

私がこれまで「足るを知る」というキーワードで、
このブログでも何度か記事を書いたことがありますが、
今日も、そんな感じのテーマの個所をご紹介したいと思います。

=============================

○日本の未来を考え直す「分け合う」という発想
必要以上に欲しないという姿勢も重要です。
お金を払えば手に入るから、みんなが持っているから、
あるいは誰もがやっているから自分もと、
そんな貪欲で軽い思考を野放しにすると
本当に必要なものとそうではないものとの区別がつかなくなります。
つい口に出る「みんな」「誰でも」という言葉には重みがありません。
周囲にいる一部の人を世の中のすべてと単純に錯覚しているに過ぎません。
常に頭のどこかに「知足」という言葉を置いてください。
読んで字のごとく「足るを知る」ということです。
感謝、知足。このふたつはいつもセットです。
生きていることに感謝しつつ、いつも足りているのだという事実に気がつくこと。
たったそれだけで翌日からのすべての行動が変わります。
(略)
もっともっと、今以上にたくさんの金が欲しいという意識は、
おそらく大勢の人が持っていると思いますが、
お金を手にしたら何がしたいのでしょうか?
家を買いますか?海外旅行三昧ですか?高級車の購入ですか?
こういう物質的欲求で人生の本質が満たされると本気で信じているのなら、
私からその人に言うことは何もありません。
思うに、過半数の人は「おかねは欲しいけれど無理してまで欲しくない」と
感じているのではないでしょうか?
お金は便利な道具です。
まったくお金がないのは困りものですが、
だからといって多くの時間を犠牲にする、心身を削る、
誰かを裏切ったり泣かせたりするような思いをしてまで、
お金を得ようとすることはないでしょう。
いわゆる「さとり世代」と呼ばれる二十代の若い人たちの物欲の少なさに、
マスメディアは警鐘を鳴らします。
この物欲の少なさが国を崩壊させるというのですが、
その論調には賛成しかねます。
物欲に塗れた中高年層が、新しい価値観を持つ世代に対して
嫉妬している絵にしか見えないからです。
ちなみにさとり世代だって必要なものは購入します。
何も買わないわけではありません。
お金がないからという理由でさまざまな商品を友人や身内でシェアする、
よけいなものは買わないという発想はこれからの時代に必要不可欠な視点です。
カーシェアリング、シェアハウス、シェアファッション、シェアオフィス……
ここ10年くらいの間に登場した「分け合う」という発想は
物欲に走ってきた日本の未来を考え直す兆候だと感じます。

=============================

「資本主義の破綻」「成長至上主義の破綻」などの言葉を、
最近ではよく見かけるようになりました。
ここ数年、いままでの経済の流れでは立ち行かなくなってきていることを、
経済学者ではない人たちも、肌感覚で感じ始めているのではないでしょうか。

「もっともっと」「いけいけどんどん」という発想では、
これから先の社会が成り立たないように思っているのは、
この本の著者や私のみならず、多くの皆さんも同じでしょう。

価値観を含め、色々なことをダウンサイジングしていくことが、
これからの社会を生き抜くためには必要なのではないかと感じています。
そんな考え方に基づいた「ミニマリスト」と呼ばれる人たちの台頭、
また、本文中にもあったように、若者たちの物欲の少なさも、
これまでのやり方が今後は適応しないことを物語っているように思います。

自分の「物欲」をコントロールし、こじんまりと暮らしていくのが、
地球のため、環境のため、ひいては人間全体のために、役に立つように思います。
皆さんは、どのように感じられたでしょうか。




~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん


読書は「知恵の宝庫」

2018/03/22 (木)  カテゴリー/本のご紹介

桜も咲き始め、いよいよ春本番!となってきました♪
花粉症は大変ですが、やはり気分が高揚する季節ですよね。

この時期は、新入学・就職と、新たな世界へ旅立つ人も多いですが、
やはり「学ぶ」ということの重要さをぜひ理解して頂きたいと思います。
そこで今日は、「向上心」「読書」に関して書かれた個所をご紹介します。

=============================

○読書は「知恵の宝庫」であり人生の基本となる
我欲が消え、物欲が減少するのは人間としてあるべき進化ですが、
自分という存在に対する探求心を持ち、
「人生、いかに生きるべきか?」という向上心までなくなるのはいけません。
世の中がどういう仕組みで動いているのか、社会とは何か、
自分がどういう立場なのか、どんなふうに生きたいのか、
そのためには何が必要なのか、生きるための処方箋を探す旅こそ人生の本質です。
そこに無関心にはならないでほしいのです。
旅行にはお金がかかる、それにインターネットで見ていれば行かなくてもわかる
という発言には探究心が感じられません。
若いうちにしかできない旅、若いうちに経験することが望ましい旅もあります。
貧乏旅行でも貴重な視点を養うことができます。
お金を使って贅沢な旅をする必要はありませんが、
好奇心を失うと向上心もなくなります。
あるいは読書。
本は自分で購入すべきだと思っていますが、そこまでの余裕がなく、
今それほど購入できなくとも図書館で読むことくらいできます。
本は知恵の森です。どんな本にも学びがあります。
だからジャンルを問わず、食わず嫌いをせず、若いうちはとにかく時間がある限り、
がむしゃらに本を読んでいただきたいと思います。
これらは自分の血となり肉となります。
人間、アウトプットはインプットからしか生まれません。
自分に何も入れなければ、自分から何も出ないのです。
特に読書は人生の基本だと思います。
(略)
本から得られる無数の知識や知恵に、
いくらお金を積んでも得難い価値があることに気づいてほしいものです。
時間や空間を超えて、世界中の様々な人が体験したものが
キュッと詰まっている本という存在は「知恵の宝庫」です。

=============================

このブログでも、「読書」の大切さについてはお話ししてきたと思いますが、
「人間、アウトプットはインプットからしか生まれません。
 自分に何も入れなければ、自分から何も出ないのです。
 特に読書は人生の基本だと思います」
というのは、本当にその通りだと思います。

まずは、自分が学び、何かを吸収しなくては、何も生み出しようがありません。
だから、まずは「学ぶ」ことが大切。
そのためには、「経験」「体験」をすることも、読書同様大切です。

自分に与えられた「人生の時間」がどのくらいあるのか、誰にもわかりません。
平均寿命まで生きられる保証なんて、どこにもありません。
だから、毎日を一生懸命生きること。
そして、自分の人生をどう生きるべきかを考え続けること。
答えが見つかれば、それに向かって努力すること。

私たち、これまでそれなりの時間、人生を歩んできた者でも、
「今からでも遅くない!」と思い、日々努力をしているんですから、
「これから、人生なんとでもなる」若い人たちは、もっともっと、
自分の人生を大切にして生きていってもらいたいと思います。




更新の励みになりますので、応援クリックお願い致します!
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓          
   にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ     
  オランダやヨーロッパ情報ブログのランキングです♪

この世で魂を磨く基本

2018/03/28 (水)  カテゴリー/本のご紹介

ご紹介してまいりましたこちらの本。

ご縁とお役目 ~臨床医が考える魂と肉体の磨き方~ (ワニブックスPLUS新書)


皆さんの心に、響くところはありましたでしょうか?
いよいよご紹介も、本日で最後となります。
今日は、「本」と「人生」について。

===========================

○人の間で生きることはこの世で魂を磨く基本
本を読む人間が絶対的に偉いと言っているわけではありません。
(略)
大切なのはバランスです。
行動力にあふれた日常生活には文句をつける余地はありませんが、
そこに読書というファクターを必ず盛り込んでほしい、ただそれだけのことなのです。
インプットがあると必ずアウトプットが生まれます。
アウトプットがあるのかないのかで、仕事も趣味も人間関係も違ったものになります。
一冊でも二冊でも本を読み始めると、
世の中のさまざまなことに興味が湧いてくると思います。
日本経済や世界経済がどう動いているのか、歴史の真実とは何か、
科学・医学とは何か、仕事とは何か、政治とは何か、文学とは何か……
このように枚挙に暇がありませんが、私たちの知らないところで激しく動いている
多彩なダイナミズム(活力)に目を向けるようになります。
これこそ、まさに社会参加です。本はその仲介をしてくれます。
私には家族も家も自家用車もありませんが、本だけは山のようにあります。
自分が他界するまえにこれらをどうするか、
そこはしっかりと決めないといけないほどの数です。
これまで人生の節目で多くの本に助けてもらいました。
どの本にも感謝してもしきれません。
本のおかげで知識が増えただけでなく自分と他者の関係を意識することができ、
そこから問題意識を自らに提起することができました。
私たちは生まれながらにして「人の間」で生きる宿命を背負っています。
そこからは何人たりとも逃れられません。
これが社会で生きていることの根本です。
「人の間」で生きるという考え方は、私たちがこの世で魂を磨く基本だと思います。
だからこそ自分に合うか合わないかは別にして、
世の中のさまざまな考え方、さまざまな事象に好奇心を持つこと。
その上で自分なりの考えを自分の中で育てること。
いつも自問自答しながら健全に考えること。
世の中の流れにたやすく流されないこと。
それがあなたの大事なお役目です。
大衆に流れることは人生を放棄することと同じです。
平穏無事な毎日が続くように見えて、私たちの人生は意外と波乱万丈です。
そしてそれが人生だと感じます。
事実は小説より奇なりと言われますが、
その言葉はまさに私たち全員に適用されます。
私たちの人生はひとつ残らず大きな舞台であり、私たち自身が主役を演じています。
誰かが主役で自分はずっと脇役ではありません。
あなたも私も人生という大舞台での主役です。

===========================

人生も長くなってくると、精神的に完全に打ちひしがれて、
人と顔を合わせることすら難しいような状況に陥ることもあります。
ほぼ、「引きこもり」とも言っていいような、そんな感じの時。
友人と会うことすらしんどくて、人と話すこともできない。
でも、「本と語らう」ことだけは、出来るんですよね。
すでに亡くなってしまった方や、異国の方が書かれている本も、
今、日本で生きておられる方が書いた本も、同じように、
自分にとっては「親友」のような存在になってくれることもあります。

私たちは、何のために生まれてきたのでしょう?
この世で生きていくうえで、どんな使命を持っているのでしょう?
ほとんどの人たちは、そんなことを1度も考えることなく人生を終えるでしょう。
しかし、たくさんの本を読めば、「人生」について真剣に考えるようになります。
そしてそれは、「如何に生きるべきか」という人生の大問題についての答えを、
自然と導きだしてくれるように思います。

自分の人生の主役は、他の誰でもありません。
親でもなければ、子供でも、配偶者でもありません。
自分の人生は、自分だけのもの。
だからこそ、自分自身を大切にしてあげなくては…ね。

これにて「ご縁とお役目」のご紹介、終了です。




~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん