オランダ生活お役立ち情報~庶民的生活~

約1000記事にも及ぶオランダ関連記事を掲載しています。詳しくは、右の列「カテゴリ」をご覧下さい♪
Top Page › 東北関東大震災関連 › 被災地で広がる心を支える歌
2011-05-04 (Wed) 11:00

被災地で広がる心を支える歌

海外にお住まいの方はご存知ないかもしれないと思い、
今日は、今被災地で“復興シンボル曲”として広がりを見せている
「あすという日が」という曲をご紹介したいと思います。

宮城県若林区に、避難所としても利用されている八軒中学校という学校があります。
実はこの中学校の吹奏楽部・合唱部は、全国大会にも出場するほどの強豪校なのですが、
この度の東日本大震災の避難場所に学校が使われたことなどから、
全国大会への出場を断念せざるを得なくなったそうです。
残念ながら全国大会へは出場出来ませんでしたが、避難所で演奏会をしたところ、
彼らの歌声が被災者の方々の慰めとなり、今大変話題を呼んでいるんです。

昨日は、ベガルタ仙台のホームゲームでのオープニングセレモニーにおいて、
2万人の観客の前で、彼らがこの歌を熱唱してくれました。
観客の皆さんも涙を流しつつ、子供達の歌声に勇気付けられたと感動していらっしゃいました。
ご存知ない方は、是非お聞き下さい。





あすという日が
作詞 山本 瓔子  作曲 八木澤 教司


大空を 見上げて ごらん  あの 枝を 見上げて ごらん
青空に 手をのばす 細い枝  大きな 木の実を ささえてる
いま 生きて いること  いっしょうけんめい 生きること
なんて なんて すばらしい  

あすと いう日が あるかぎり  しあわせを 信じて
あすと いう日が あるかぎり  しあわせを 信じて


あの道を 見つめて ごらん  あの草を 見つめて ごらん
ふまれても なおのびる 道の草  ふまれた あとから 芽ぶいてる
いま 生きて いること  いっしょうけんめい 生きること
なんて なんて すばらしい

あすと いう日が くるかぎり  自分を 信じて
あすと いう日が くるかぎり  自分を 信じて





~~あなたのクリックが、元気の源です♪~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、励みになります!
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ   ※どちらも別窓で開きます

関連記事
Last Modified : -0001-11-30