節電サポーターに37億円!?

2011/07/29 (金)  カテゴリー/政治関連

ここのところ、ちょっとオランダネタではない記事ばかりで恐縮ですが、
お伝えしたいことが色々ありまして…。(汗)

今日は、つい先日テレビを見ていて知った事実、
「節電サポーター」なるもののお話です。
皆さんはこの存在、ご存知でしたでしょうか?

東日本大震災の復旧・復興費を盛り込んだ2011年度第1次補正予算は、
5月2日の参院本会議で全会一致で可決、成立したのですが、
実はこの予算の中に、今日のタイトルである「節電サポーター」のため、
37億円も計上されていたのです。
因みに第1次補正予算は、総額4兆153億円でという金額で、
阪神大震災後初の補正予算の約4倍。

さて、この「節電サポーター」って、一体何をするのでしょうか?
東京電力と東北電力管内で懸念されている電力不足対策として、
中小企業やビルなど、20万カ所に節電方法を助言するんですって。
経済産業省が派遣するものですが、助言するためだけに37億円って、
被災地への支援が必要な時に、あまりにも法外な金額に思えますが。(汗)
日本列島が「節電しなければ…」との意識が自然と強くなっている時に、
わざわざこういった「節電サポーター」が必要なのか、疑問です。

資源エネ庁「節電サポーター」の給料は16~27万円+成功報酬
という記事がありましたので、ご紹介します。
私は読み進めていくうちに、どんどんと苛立ちが募ってきましたが、
皆さんは、どのようにお感じになったでしょうか?




~~いつも応援、有難うございます!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ    ※どちらも別窓で開きます