体調悪化でダウン…

2011/08/14 (日)  カテゴリー/その他(未分類)

在蘭中は全く縁が無かった“法事”ですが、
主人の祖母(母方)の初盆に参加するため、昨日は出掛けて来ました。
我が家から快速を使っても1時間ちょっとの距離にある
兵庫県の祖母が住んでいた家まで行ったのですが、
祖母は主人の母の妹夫婦と同居していたため、こちらで法事がありました。

昨日は朝から内臓(特に胃)の調子が良くなかったので、
朝食を食べる前から、ガスター20を飲んだものの好転せず。(汗)
それでも集合時間に間に合うように行かなければならないので、
猛暑の中を頑張りましたが、またしても主人に足を引っ張られ遅刻。(涙)
幸い、親戚の集合時間に遅れただけで済みましたけどね。

実は昨日、主人の高校の30年ぶりの同窓会が午後4時からあったため、
法事には3時までしかいられなかったのですが、残念ながらお坊さんが来られる前に、
主人は叔母の家を出なければならず、我が家は私が1人残って法事に参加しました。
誰にも体調が悪いということは告白出来ないまま、嫁の1人として働き、
喉が渇いても自宅にいるようにこまめに水分補給も出来ないまま数時間を過ごし、
お坊さんが帰られた後、集まった親戚一同でコーヒーを飲みながら歓談したのですが、
これがきっかけ(多分…汗)となり、更に内蔵の具合が悪化。
私は紅茶大好き人間ですが、ホットコーヒー(ブラック)って今ひとつ身体に合わないんですよね。
そもそも水分補給が足りず、胃の調子が悪いところにコーヒーを飲んだので、
どんどん気分が悪くなりました。(私1人だけ「紅茶を…」なんて、口が裂けても言えませんから)

それでも誰にも悟られないように平静を装い、何とか最後まで持ち堪えていたのですが、
電車に乗るために駅に付いた途端、どんどん吐き気が強くなってきました。
乗換駅である大阪駅に付いた時にはもう限界で、一目散にトイレへ。
あまりにも吐き気が強く、身体の痺れも取れないし、脂汗は出てくるし…で、
結局30分以上、トイレに立てこもってました。(涙)
我が家からは相当遠い叔母宅から、
この体調で、一人ぼっちで帰ること自体結構辛かったですし、
更に色んな方からお土産もたくさん頂いたので、重い荷物も抱えており、
「誰か、助けて~!!」と叫びたいくらいでしたが、フラッフラの身体を押して、
何とか自宅に戻った時には、叔母の家を出てから2時間以上経っていました。
(1時間ちょっとで帰宅出来るはずなのに…涙)

折角、30年ぶりの同窓会に出席している主人に心配をかけたら可哀そうなので、
一切こちらからは連絡していなかったのですが、3次会が終わって、
「これから帰る」という主人からの電話で初めて、「具合が悪い」ことを告げました。
終電間際だったこともあり、そのまま寄り道せずに帰宅してくれたので、
パンッパンに凝り固まって強烈な痛みを発している背中の筋をマッサージしてもらい、
床に付きましたが、ひどい熱帯夜と身体の痛みで熟睡出来ませんでした。(涙)

明日は、主人の実家に行く予定なのですが、
今日一日寝ていたわりにはあまり体調も回復せず、微妙な感じ。(汗)
主人が主人の実家へ明日の予定を連絡するため電話をしたとき、
何故か私は「熱中症」ということにされてしまいました。
何度も主人に「昨日、法事に行く前から体調が良くなくて、帰ってくるとき、
途中の大阪駅で吐いたらしいねん」って、本当のことを言ってねと念を押すも、
そのような話は一切せず、主人の独断と偏見で「熱中症」にされてしまいました。
もし主人が本当のことをちゃんと説明してくれれば、
「体調悪い中、息子の嫁として、きちんとやってくれた」との評価を得られるでしょうに、
単なる「熱中症」って一言で片付けられてしまい、単に「体力の無い嫁」という評価に。(涙)
結婚してから在蘭中に至るまで、主人の自分勝手な言動のせいで、
色んな人から誤解されっぱなし。あぁ、本当に辛い…。

現在も内臓の痛みは治まらず、取り敢えず明日起きてみた時の体調で、
出掛けるか出掛けないかを決めようと思っています。
日本にいる限り仕方ないことですが、避けて通れぬ親戚づきあい。頑張らねば…。





~~いつも応援、有難うございます!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓↓
 ブログランキング・にほんブログ村へ    ※どちらも別窓で開きます