終戦記念日

2012/08/15 (水)  カテゴリー/歴史・教育

オランダとは全く関係の無い記事にもかかわらず、
お付き合い下さった読者の皆様、有難うございます。
終戦記念日を迎えました。

海外で暮らしていると、日本で暮らしているときとは違って、
「自分は日本人なんだ!」と強く思わされる機会が多いんですよね。
そして、「何で私は、こんなに日本について知らないことだらけなの?」と、
自分の無知を思い知らされるのも、海外で生活したからこそ。
帰国後、「日本について、もっと勉強しなければ…」
と思った海外生活経験者の方も、多いのではないでしょうか?
特に日本人の知識から抜け落ちているのが、近現代史。
この部分をきちんと穴埋めしておかなければ、
海外で生活するときに、日本人としての誇りを持てないのでは…。

今日はまず、大東亜戦争(太平洋戦争)における日本の降伏を
日本国民に伝えるため放送された『終戦の詔勅』からご紹介します。
この動画は、左側に現代語訳が表示されていますので、
昭和天皇が何を国民に伝えたかったのか、大変よくわかる動画です。
日本人であれば、一生に一度は全文を聞いておくべきではないかと思います。





そして、今日是非皆様にご紹介したいのが、
『凛として愛』という、歴史ドキュメンタリー映画です。
靖国神社創立130年記念事業の一環として、2年の歳月をかけて作られた作品で、
完成前から、他国からの批判を気にした保守陣営の圧力などがあったそうです。
上映はされたものの、たった二日で上映中止に追い込まれたというこの作品を、
是非、多くの方にご覧頂ければと思っています。

明治開国から大東亜戦争まで日本が戦って来た歴史を約70分でまとめてあり、
なぜ日本は戦わなければいけなかったのか?
資料に基づいて制作された映画なので、真実の歴史を知ることの出来る作品です。
1時間ちょっとの作品ですので、お時間のあるときにでもご覧下さい。



以前こちらの記事でご紹介した動画も、是非ご覧下さい。


日本の未来を信じて、日本のために命をかけて戦われた全ての方々に、
尊敬と感謝を捧げたいと思います。





~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 ブログランキング・にほんブログ村へ ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん!