オランダ生活お役立ち情報~庶民的生活~

約1000記事にも及ぶオランダ関連記事を掲載しています。詳しくは、右の列「カテゴリ」をご覧下さい♪
Top Page › ☆☆是非ご覧頂きたい記事 › 日本と日本の周辺の現状 › 「東電OL殺人事件」の裏事情
2012-11-03 (Sat) 10:30

「東電OL殺人事件」の裏事情

今年に入ってから、何度かニュースになっている「東電OL殺人事件」。
ご記憶の方も多いと思いますが、Wikipediaから引用しますと…
「1997年(平成9年)3月に東京電力の従業員だった女性が
東京都渋谷区円山町にあるアパートで殺害された事件である。
有罪判決によって服役した人物は釈放され、再審が確定している」との説明。

当時、私は東京で生活していたのですが、
このニュースを聞いても、単なる「事件」としてしか認識しておらず、
特に深く考えたこともないまま、数年が過ぎ去っていました。

犯人とされたネパール人男性のマイナリ被告は、
状況証拠のみで、2003年無期懲役の有罪判決が確定、
しかし、2005年にマイナリ氏が獄中から東京高裁に再審を請求、
2012年6月、再審の開始が認められたことから、
ようやくマイナリ氏は、祖国ネパールへ帰国されたのです。

この事件の被告とされたマイナリ氏は、完全に冤罪。
全く身に覚えのないことで15年間も犯人にされ、
限られた「人生」という貴重な時間を、ムダにさせられたのです。
日本人として、マイナリ氏に本当に申し訳なく思います。
私もオランダで生活しているときは「外国人」であったわけで、
もし「外国人だから」という理由で、私も同じような目に遭ったら…と考えると、
本当に背筋が凍る思いがするのです。
検察には、きちんと謝罪をしてもらいたいと思うのですが、
どうも雲行きが怪しそうなので、最終的には日本の外務省でもいいから、
「日本国」として、きちんとマイナリ氏に謝罪してもらいたいです。
そうでなければ、日本人として本当に恥ずかしい…。

実は、中川昭一元財務相がお亡くなりになっていたことを、帰国後に知ったことと、
昨年の大震災、そして原発事故に関する報道を見ているうち、
なんとなく、この「東電OL殺人事件」についても、疑問を持つようになっていました。
「中川昭一氏がこの若さでお亡くなりになったなんて、どうも納得がいかない。
 ひょっとして暗殺されたのでは?」という思いが強くなり、
  (参考記事あれこれ ⇒ こちら
と同時に、「東電OL殺人事件」も、その背後に何らかの大きな力の存在があるのでは?
との思いが、とても強くなってきたのです。

そこで、調べてみたところ、やはり大変興味深い事実に突き当たりました。
ご存じない方のために、興味深い記事のリンクを貼っておきますので、
是非ご覧下さい。キーワードは、「反原発」「ヤ△ザ」。

・  冤罪:反原発東電OL殺人事件
・ 反原発派だった東電OLは東電に謀殺されたのか?
・ 東電OL殺人事件の被害者は反原発の為殺され原発マフィアの深い闇が有りそうです

どこの国でもそうなのでしょうが、実際に目で見て確認出来る存在の
政治家や経済人が国を動かしているのではなく、
実は、その人たちを操る陰の存在が、国を動かしているのだな~と、
震災、原発事故後、あれこれ調べる機会が増えたこともあり、
日本人が日本を動かしていない…ということを、痛感しています。
本当に悲しい現実です。(涙)




~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん!

トロイの木馬への対策ならウイルスバスター
関連記事
Last Modified : -0001-11-30