「歴史認識問題」について、少し。

2013/05/16 (木)  カテゴリー/歴史・教育

先日、アメリカの米国上下両院合同会議で演説を行った、
韓国の朴槿恵大統領が「過去を誠実に認めなければ明日はない」と、
北東アジア地域での歴史認識をめぐる摩擦について発言したことが、
日本でも大きく取り上げられていることは、ご存知の通りです。

私の親も、グルッグルの左巻き思考のようで、(汗)
私が何度、「自虐史観ばかりではなく、日本に誇りを持てる史実も知り、
プラスとマイナスの歴史をどちらも理解した上で、総合的に客観的に、
日本の歴史を再認識し直さなければならない」と言っても、
「日本は中国や韓国の人たちに謝罪をしなければならない」と言い張り、
私の話を全く聞こうとしません。(涙)
きっとこの世代の洗脳されてしまった人たちは、皆こうなのでしょうね。

さて、今日は私の意見と言うよりも、
正しい「歴史認識」をするに当り、
韓国人である崔基鎬さんをご紹介したいと思います。

この方は、韓国の大学で客員教授をされている方なのですが、
日本統治時代に生まれた方で、日本語にもとても堪能な方。
反中・親日家でおられるのですが、
韓国で親日発言をすると大変なことになるので、
  ※ 韓国の法律/親日罪とは? ( ← クリック!)
  ※ 韓国で親日コミュニティを作った男子学生を捜査 ( ← クリック!)
公ではあまり発言をされていないようなのですが、
この方が書かれた、以下の内容を是非ご紹介したいと思います。

==============

"私は88才です。 もう事実を話したいと思います。"

朝鮮末期の私は1923年の生まれです。
もう韓国のためでも、日本のためでもなく
「事実」を話したいと思います。
それは相当な覚悟が必要です。
生命の危険も覚悟しています。
しかし、これは私の使命であると信じています。

私はソウルに住んでいました。
そして、時々、平壌や東京に行きました。
その当時の韓国人は「日本人以上の日本人」でした。
劇場に行けば映画の前に、戦争のニュースがありました。
例えばニューギニアで日本が勝った映像が流れ、
拍手と万歳の暴風雨でした。
私は映画が好きで、東京にも行きましたが、日本人は冷静でした。
しかし、韓国人は全員が狂ったように喜んでいました。
それが普通の姿でした。
なので「親日派」という言葉は使用できません。
その「使用できない言葉」を使って、先祖まで批判しています。
「親切でやさしい日本人」という印象を、必死に消すために
「反日」を指導者はそそのかしてきました。

韓国と日本の歴史教育を比較すると、
日本が10%の歪曲といえば、韓国は90%が歪曲です。
朝鮮末期の正常ではないで政治腐敗を教えず、
日本が関与しなければ独立ができたことのように使われています。
韓日合邦によって「教育」「医療」「工業」
「社会インフラ」が整備されました。
近代国家の基礎が出来たことは明らかな事実です。

その実績を「日本帝国主義の侵略政策の産物だ!」と
糾弾する韓国にはあきれます。
より一層「日帝が民族産業を停滞させた!」という主張には
コメントする気持ちもなくなります。

民族産業を殺したのは、朝鮮王朝です。
近代化を主張する先進的な思想家は反逆者とし、
親族までも処刑されました。
韓国人は「日帝の虐待!性奴隷!」と叫んでいますが、
私は信じることができません。
歴史の真実を知っているためです。

朝鮮末期は「地獄」でした。
それは大韓帝国時代になっても同じでした。

1904年、日本は朝鮮の惨状を救うために、財政支援を決断します。
例えば1907年度、朝鮮王朝の歳入は748万円でしたが、
歳出は3000万円以上でした。その差額は日本が負担していました。
1908年にはより一層増加し、3100万円を支出しています。

==============

先ほどのリンク先に書かれていることを読むと、
韓国では、韓国の歴史ドラマさながらの
「一族排斥」「財産没収」なんてことが、
昔の話ではなく、今現在も行われていることがわかります。(汗)

韓国人が全員、反日だなんて思いませんが、
私たちが自虐史観を刷り込まれて洗脳されてきたように、
学校で反日教育を刷り込まれて、
洗脳を受けた韓国人が多いことは理解できます。

最後に、韓国人が主張する「歴史認識」ってどういうこと?
と思った方のために、こんな物をご紹介しておきます。
 ※ 韓国人の言う「正しい歴史認識」とは?  ( ← クリック!)

自分で、様々な情報を収集しようとはせず、
テレビや新聞などのマスコミから得られる情報を鵜呑みにすることは、
大変危険なことだと思っています。




更新の励みになりますので、応援クリックお願い致します!
       ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓         
       にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ     
      オランダやヨーロッパ情報ブログのランキングです♪

◆最低価格保証バナー◆