オランダ生活お役立ち情報~庶民的生活~

約1000記事にも及ぶオランダ関連記事を掲載しています。詳しくは、右の列「カテゴリ」をご覧下さい♪
Top Page › 未分類 › 政治関連 › タリバンと「おしん」
2013-07-19 (Fri) 09:00

タリバンと「おしん」

昨日の記事の最後にある“続きを読む”を
クリックして下さった方にお約束したように、今日はその続きです。

今日ご紹介するお話の簡単なものは、先日お話したのですが、
もっと詳しい物を書いて下さったので、転載させて頂きます。

=========== (転載続き)

もうひとつエピソードをご紹介させていただきます。
中山先生が、ウズベキスタンの大使だったとき、
日本人の鉱山技師4人が、タリバンに拉致された、そのときのお話です。

あの、「タリバン」です。
機関銃を持って武装しているイスラム原理主義の過激派です。
人を殺す事をなんとも思わない連中だ、ということは、
みなさまもご存知のことと思います。

実は、そのタリバンの中でも、とくに過激派と言われる一味が、
過激行動をするために、その準備と訓練のために、山にこもろうとしたのです。
そしたら、たまたまそこに日本人の鉱山技師が、山の調査に来ていました。
そこでタリバンたちは、日本人4人を拉致して、キリギスに逃げ込んだのです。

当時、ウズベクとキリギスの大使を兼任していた中山恭子先生は、
情報がもたらされると、すぐに、日本の外務省に問合せをし、
指示を仰ぎました。「どうしたら良いですか?」

すると外務省の答えは、「カザフスタンで拉致されたのだから、
カザフの政府にすべてをまかせて、静観しなさい」というものでした。

もちろん中山先生は、抗議しました。
「犯人グループは、カザフで拉致し、
いまはキリギスに逃げ込んでいるのです。カザフ政府の守備外です」
外務省の答えは、
「それでもいいから、カザフにまかせなさい」というものだったそうです。

日本人の鉱山技師の4人は、いま、その瞬間も、
機関銃を持ったタリバンに囲まれているのです。
外務省流のやり方では、日本人鉱山技師4人は、
いつ命を奪われるかわからない。

そこで中山恭子先生は、夫である中山成彬先生に、
電話で相談されたそうです。成彬先生の答えは、明快でした。
彬「全力で救出しなさい。それがあなたの仕事です」
恭「でも、相手は武装しているんですよ」
彬「武装してようがどうしようが、助け出すのが私たちの仕事だよ」

下手をすれば、妻の命が失われるかもしれない、という局面です。
それでも公の職務を優先する。
それが夫である成彬先生の明快な答えだったわけです。
成彬先生は、このとき、妻に万一のことがあれば、自分も死ぬ覚悟です。

夫の強い決意に支えられて、恭子先生も決意が固まりました。
恭子先生は、スタッフらとともに、キリギスの山中に潜む
タリバンのもとに向かったのです。

途中からは、車も通れない山道です。
そこからは徒歩になります。
けれど、機関銃で狙われる恐怖に、同行した男たちは、
足がすくんでしまい、途中で動けなくなってしまいました。
結局、恭子先生と、通訳の二人だけで、山中深く入り込んだのです。
そしてタリバンの過激派グループと遭遇します。

恭子先生は、訪問の趣旨を告げ、リーダーに会いたいと話しました。
タリバンの側は、絶対に誰も来れないと思っていた山奥に、
日本人の女性がひょっこりと、しかも丸腰で尋ねてきたことに、
度肝を抜かれました。
そして、リーダーが面会に応じたのです。

恭子先生が、「日本から来ました大使です」と告げました。
すると、タリバンのリーダーは、「俺は日本を知っている」というのです。
そして、「ここに来る前、日本のテレビ番組の『おしん』を
ビデオで全部観た。とても共感できた」と言いました。
そこからは、恭子先生とタリバンのリーダーの
「おしん」談義が始まったそうです。

そしてすっかり打解けたタリバンのリーダーは、
日本人鉱山技師4人の釈放に応じたばかりか、
帰路、なにかあってはならないからと、恭子先生以下、
帰る日本人全員に、護衛までつけてくれたのです。

敵も味方も人間です。
その人間をどこまでも信じるという恭子先生のお人柄が、
ついには、氷のような警戒感のかたまりになっている
武装ゲリラの心をさえ、溶かし、
人としての心を取り戻させてしまったのです。
もちろん、身代金の支払の必要さえありませんでした。

これが人間力だと思うのです。
そして中山ご夫妻の、きびしい決断は、
本気で国を想う心のあらわれだと思うのです。

=========== (転載終わり)

2回に亘って、中山恭子さんに関するお話(詳細版)を
ご紹介いたしました。
今回の選挙活動を見ていると、とにかく自民党を蹴落としたい野党が、
安倍総理やアベノミクス批判を展開しているのを聞くたび、
本当に、嫌気がさしてしまいます。
他党のことなど放っておいて、自分が何をしたいと思っているのか、
その理想を実現するために、自分はどのような方法があると思うのか、
そういったことばかりを主張すれば良いのではないでしょうか。

今回ご紹介したお話を通して、中山恭子さん(ご夫婦)が、
どれほど真剣に日本の国益を考え、また、
国会議員として命を賭して、本気で仕事をしておられるのか、
本当によくわかりますよね。
こんなお考えの政治家さんばっかりだったら良いのですが、
大半の政治家さんたちは、私利私欲、党利党略に走ってばかりに見えてします。
(選挙運動中は、何かやってくれそうな雰囲気を醸し出しますが、
 当選後の国会は、皆さんご存知のような有様ですからね)

いよいよ明後日に迫った参議院選挙。
皆さんがお住まいの選挙区で、一体誰が真剣に日本の国益を考えているのか、
私利私欲ではなく、日本のために働く覚悟がある人は誰なのか、
きちんと見極めて、貴重な一票を投じて下さいね。




~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん!

yoyaQ.com
関連記事
Last Modified : -0001-11-30