ご存知ですか?脱亜論

2013/08/27 (火)  カテゴリー/歴史・教育

以前から、是非皆さんにご紹介したいと思っていたのが、
今日ご紹介する「脱亜論」。
皆さんは、この言葉を聞いたことがおありでしょうか?

Wikipediaによりますと…
『脱亜論』(だつあろん)は、新聞『時事新報』紙上に
1885年(明治18年)3月16日に掲載された無署名の社説である。
福澤諭吉が執筆したとされているが、原文は無署名の社説である。
1933年(昭和8年)に石河幹明編『続福澤全集』第2巻(岩波書店)に
収録されたため、福澤が執筆した社説と考えられるようになった。
…とあります。

明治時代に書かれたものですが、現代を生きる私たちが、
「いま」読んでおいた方が良いのでは?と思っておりましたので、
是非ご紹介したいと思います。

ただ、原文は少々読み難い上にわかり難いと思いますので、
いつものように、私が拝読している「ねずさんのひとりごと」から、
ねずさんが現代語訳をして下さったものを転載したいと思います。

まず初めに、ねずさんが書かれた「脱亜論が書かれた背景」を
少し引用してご紹介しておきます。

=========== (引用開始)

この時代、国家というのは、西欧諸国のことであり、
それ以外の世界中の有色人種国家は、単なる地域でしかありません。
主権者の定まらない、ただの地域だったからこそ、
欧米諸国は、そこを植民地として支配していったわけです。

これに対して、日本は国家としての地位を保つために
大名たちはその地位を失い(廃藩置県)、
武士も単なる失業者となってでも(四民平等)、
日本の自主独立を保とうと必死の戦いを挑んでいたわけです。
(戦いというのは武闘だけを指しません)

そしてようやく日本は明治国家として、国としての体裁を保ちます。
ただのエリアではなく、近代国家ですから、
領土主権の及ぶ範囲の特定も必要です。
憲法もつくらなきゃならない。
各国との条約はもちろん、自国の軍事力の強化も必要です。

そうやって必死の近代化を促進する日本にとって、
当時の最大の懸案事項が朝鮮半島でした。
なぜなら地勢的に、朝鮮半島が欧米列強の植民地となれば、
日本の独立がおびやかされる存在となることは明白だったからです。

ーーーーーーー

一方、朝鮮半島内にも、日本が明治維新によって急速に近代化し、
欧米列強の仲間入りできる強国となっていくことに、
圧倒的な存在感と魅力を感じる多くの開明派の若者達がいました。

そうした時代背景の中にあって、日本で最初に朝鮮人留学生を受け入れたのが、
福沢諭吉が創立した慶応義塾です。
諭吉は、朝鮮人留学生を、自宅に住まわせ、
彼らに近代化や西欧事情等についてをしっかりと学ばせています。

そんな中のひとりが、朝鮮人、金玉均(きんぎょくきん)です。
金玉均は、もともと朝鮮貴族である両班(やんばん)の出身で、
科挙試験にも合格した秀才であり、朝鮮でのはじめての新聞である
「漢城旬報」の発行者のひとりでもあります。

ちなみにいま韓国で自国の固有の文字とされているハングルも、
15世紀に楽譜の音符として発明されたハングルを、
国民教育のために用いることを金玉均らを通じて薦めたのも福沢諭吉です。

金玉均は、日本の明治維新を模範として、清朝から独立し、
朝鮮の近代化と自主独立を目指しました。
そして明治17(1884)年4月には、清国がベトナムをめぐって
フランスと清仏戦争を開始したのを好機と見て、
閔妃政権打倒のためのクーデター(甲申事変)を起こしています。

ところが事件は清国の武力介入で失敗し、
わずか3日間でクーデター政権は崩壊してしまう。
日本に亡命してきた金玉均を、諭吉は自宅にかくまうのですが、
その金玉均は清国の李鴻章(りこうしょう)と閔妃らの陰謀にひっかかり、
上海で虐殺されたうえ、五体をバラバラに引き裂かれて、韓国内に遺体を晒されました。

ーーーーーーー

時期は前後しますが、甲申事変に対する清国の介入等、
アジアが西洋列強という大火災にのまれそうになっている状況に対して、
いつまでも中世的中華冊封体制をかさにきて、周辺国はおろか西欧諸国さえも見下して
お大臣ぶって体面だけをとりつくろっている清国、その清国の属国として、
近隣国にシッポを振るしかできない朝鮮、そして自国内での若者達の
真剣な朝鮮民族独立自尊の息吹さえも、恐怖による支配で消し去ろうとする李王朝、
そうしたものに、福沢諭吉は大きな絶望と幻滅を味わうわけです。

で、もはや、清も朝鮮も、毛筋一本も相手にする必要はない。
そんなことをしなくても、わが国日本の自尊独立は十分に保てる、
と堂々と言い切る社説を時事新報にかきました。

=========== (引用終わり)

ということで、ここからいよいよ「脱亜論」を読んで頂くわけですが、
正直少し長いので、追記に書かせて頂きました。
この記事最後尾にある“続きを読む”をクリックして、ご覧下さい。




~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん!






=========== (引用開始)

《脱亜論》
 時事新報 社説
 明治18(1885)年3月16日

世界の交通はめまぐるしく進化して、
西洋文明の風はついに東アジアにもやってきました。
いまや草木さえもこの風の影響を受けています。

西洋人であっても東洋人であっても、
人間であることには、なんら変わりはありません。
けれど昨今、西洋人の影響力と行動力が著しく大きくなってきたのは、
ひとえに交通の便が発達したことによります。

西洋文明が東進してくるのに対して、
これを防ごうと思うなら、まず大切なのは「覚悟」です。
そして覚悟を定めて、世界の現実をよく見て、
世界で何が起きているのか、現実をよく確認しなければなりません。

文明というのは、いわば麻疹(はしか)のような伝染病に似ています。
いま東京で起きている伝染病は、
もともとは西国の長崎で流行ったものかもしれないけれど、
いつの間にか東進して、春のあたたかさとともに東京にまでひろがりました。

伝染病がはじまったとき、それが広がってから病を防ごうとしても、
手段はありません。
有害なだけで何のとくにもならない流行病でも、
それがひとたび始まれば、その勢いを防ぐことはできないのです。

まして西洋文明となれば、それは西欧社会に利益をもたらすものなのですから、
侵攻を止めるのは至難のわざです。
であるならば、西欧文明の侵入そのものを「防ぐ」というのではなく、
むしろ私達自身が体力をつけて、これに負けない国になるしかありません。
それが智者の選択と行うべきものです。

そもそも西洋文明がわが国にはいってきたのは、江戸時代のことです。
嘉永年間に黒船がやってきて、多くの人たちがその脅威を前に、
日本が強くならなければならぬと心に誓いました。
けれどそれをさせまいと進歩の前に横たわったのが徳川幕府でした。

日本が近代化して西欧と対等につきあえる国となるか、
それとも幕府を中心とした旧体制を維持するか。
その二者択一を迫られたときわが国は、
「国を重んじ政府を軽し」とする大義に基づいて行動し、
ご皇室という神聖かつ尊厳ある存在とともに、
もはや老害以外の何ものでもなくなった旧幕府を倒し、
新政府を打ち立てることを選択をしました。
日本は、国中、身分の別なく、
西洋文明に追いついて行こうという体制を打ち立てたのです。

そうすることでわが国は、次々と植民地支配されていく
アジア諸国の中にあって、唯一、国家として、民族として独立自尊を保ち、
生き残るための新たな基軸を打ち立て、
近代国家を形成することに成功しています。

ではその日本が行った選択とは何であったのか。
それこそが、まさに「脱亜」の二字でした。

日本は、アジアの最東端にある国です。
しかしその日本国民の精神は、すでにアジア的老害を脱して、
西洋文明にちかづきつつあります。
すなわち、日本は西欧諸国とあい並ぶ独立国家としての道を
進みはじめているわけです。

ところが、その日本には、実はたいへんな不幸があります。
なにかというと、支那、朝鮮です。

この二国も、もともとは日本と同じくアジア流の政教風俗をもっている国です。
ところが人種の違いなのか、教育の差なのか、
支那朝鮮と、日本との文化的な隔たりは、あまりにも大きいものです。

情報がこれほど速く行き来する時代なのです。
西欧的近代文明や、国際法についての知識は、
彼らにだって当然もたらされているはずです。
にもかかわらず支那朝鮮の二国は、まったく変わろうという気がありません。
変わろうとしないだけでなく、
まるっきり百千年の昔のままの姿で居続けようとしています。

文明が、まさに日進月歩で進化している現代にありながら、
この両国は教育といえば二千年も昔の儒教を言い、学校教育では仁義礼智といい、
一から十まで外見を飾りたてることだけを大事にして、
中味は、まるで空っぽの脳みそしかもちあわせていません。

アホにはアホの可愛らしさというものが、普通ならあるけれど、
この二国に関しては道徳心などかけらほどもなく、
その残酷さは破廉恥をきわめています。
それでいながら、態度だけは傲慢そのもので、
いかに他国や他人に迷惑をかけても、自省の色なんて毛ほどもありません。
私に言わせれば、この西欧文明の東進という脅威に対し、
この二国が独立を維持し続けるなどというのは、およそ不可能なことです。

もし支那朝鮮の二国に、幸いにも救国の志士が現れて、
わが国の明治維新のような政治改革を実現し、
政治をあらためて人心の一新ができれば、話は別ですが、
そうでなければ支那朝鮮の二国は、いまから数年を経ずして亡国の道をたどり、
その国土は世界の文明諸国によって分割、分断されてしまうことは、
火を見るよりあきらかなことです。

なぜなら、伝染病にも等しい西洋文明の侵攻にあいながら、
支那韓国の両国は、その伝染するという自然の摂理にそむいて、
無理にこれを避けようとして、旧来の陋習(ろうしゅう)という
一室にひきこもっているだけだからです。
そんなことをして、部屋の空気を遮断すれば、
そのうち窒息して死んでしまうのはあたりまえのことです。

「春秋左氏伝」に「唇歯輔車(しんしほしゃ)」という言葉があります。
この言葉は、「輔車」が頬骨ほおぼねと下あごの骨、
「唇歯」がくちびると歯で、隣国同志が互いに助け合うことをいいます。
けれど、いまの支那朝鮮は、日本のために毛筋一本の値打ちもありません
(一毫の援助と為らざる)。

そればかりか、ややこしいことに、この日支朝の三国が地理的に近いがゆえに、
欧米人から同一視されかねません。
つまり、支那や朝鮮の不出来な振る舞いをもって、
あたかも日本も同じだと思われてしまいかねない危険性さえも持っているのです。

たとえば、支那朝鮮が古い専制君主独裁体制で、
法治の観念を持たない国であれば、西洋人は、
日本もまた、ああ無法律の国かとみなしてしまいます。
支那人や朝鮮人が理屈にならない手前勝手な屁理屈ばかり並べ立てれば、
ああ日本人も屁理屈をこねくりまわしている、訳のわからない国だと思われます。
あるいは支那朝鮮人が、西欧の武力に恥かしげもなく屈して
卑屈な態度をとっていれば、ああ日本も同じ卑屈な習俗の国だとしか思われません。
また、朝鮮の刑罰に、およそ人に行うには酷すぎる残虐な刑罰があれば、
日本も同様に残虐非道な国だと疑われてしまう。

こんな例をあげれば、それこそ枚挙にいとまがありません
ようするにひとつの村の住人のほとんどが、愚かで無法で残忍で無情ならば、
たとえその村の中にまっとうな一家があったとしても、村の外の人々からみれば、
どっちもどっちにしか見えないというのと同じことなのです。

そしてその影響はすでに随所にあらわれていて、
わが国の外交に少なからぬ影響を与えています。
これこそ、我が日本の一大不幸というべきことです。

もはや日本に、支那や朝鮮が開明して
国際常識を身につける日を待っているような余裕はありません。
むしろ、支那や朝鮮とは早々に縁を切って、西欧諸国と進退を共にすべきです。

そして、支那朝鮮と接するときには、
いちいち「隣国だから」といって格別の配慮など、
もやはする必要などさらさらありません。
支那朝鮮に対しては、西欧諸国が両国に接するのとまったく同様に、
相手を人の住む国とさえ思わず、厳しく対処すればよろしい。

悪友と仲良くする者は、共に悪名をまぬがれないものです。
私は、心において、もはやアジア東方の悪友である支那朝鮮とは、
絶交を宣言するものです。

=========== (引用終わり)

少々、過激な表現もあるように感じますが、
明治という時代に生きた人が、このように考えていたということは、
知っていても良いように思い、今回ご紹介させて頂きました。

ただ一つ誤解して頂きたくないのは、今回この「脱亜論」をご紹介したのは、
反中・反韓の感情を煽るためではないということです。
既に経験された方も多いと思いますが、個人対個人で付き合う分には、
本当に素晴らしいと思える方も多いのです。
ただ、国対国となった場合、正直難しいことが多いというのも事実。

そこで、こちらのブログ記事をご紹介しておきたいと思います。
なかなか、中立的な立場で上手く考えを表現しておられるので、
是非ご覧頂ければと思います。

★ 福澤諭吉『脱亜論』大いに首肯すべし (※ リンク)


皆さんは、この「脱亜論」を読まれて、どのようにお感じになったでしょうか。




~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん!