オランダ生活お役立ち情報~庶民的生活~

約1000記事にも及ぶオランダ関連記事を掲載しています。詳しくは、右の列「カテゴリ」をご覧下さい♪
Top Page › 本のご紹介 › 夫婦というものは…
2016-03-25 (Fri) 09:00

夫婦というものは…

さて今日は、前回「長くなるから…」という理由で途中で区切ってしまった
あの本からの続きをご紹介します。

=====================

世の中には、満点を目指したために失敗することがたくさんある。
たとえば夫婦関係。
夫は妻に、妻は夫に完璧を求める。
ちょっとでも理想から外れたことをすると、許せない。
その結果、夫婦関係は破綻し、離婚するしかなくなってしまう。
恋人時代なら、ある程度完璧を求めてもいいだろう。
彼にもっとも美しい自分を見てもらいたいから、
1分のすきもなくお化粧をして、まつ毛の先まで美しく装う。
彼に気に入ってもらいたいから、嫌いな料理も一生懸命に作る。
彼のほうも、彼女を射止めたいから、見栄を張ってがんばる。
自分はランチをカップラーメンですませても、
デートの食事はフランス料理のレストランを予約する。
誕生日や記念日には、1カ月の給料を超えるような額の
有名ブランド品をプレゼントする。
しかし、夫婦関係はそれで続くわけがない。
絶世の美女や女優さんだって、自宅に帰れば化粧を落とす。
素顔を見せられるのが夫婦だろうし、
自分の欠点をさらけ出せるほどの信頼関係が築けなければ、
夫婦としてはやっていけない。
物なら完璧も可能だろうが、完璧な人間などいるはずがない。
求めるほうが愚かな話だ。
外ではかっこつけていても、家に帰ればおならもする、鼻もほじる、
そんな完璧じゃない自分だけれど好きだから受け入れて欲しい、
受け入れられる、というのが夫婦だ。
プロポーズするまではお互いに、いかに素敵かをアピールするけれど、
夫婦になった後は、いかに満点でない自分を見せられるかが肝だ。

=====================

どうでしょう?
この本を書かれたのは男性なので、「夫は妻に完璧を求める」というのは
納得できなくもないのですが、妻は夫に完璧など求めていないように思うのは、
私だけでしょうか?

私も結婚して、「この人は、どうしてこんなに夢見る夢子ちゃんなのだろう?」と、
夫について何度も悩んだことがあります。
女性は「現実的」なのに対して、男性は「夢を見続けている」ように思います。

男性は、自分自身を振り返って、自分のだらしなさやいい加減さを、
妻に受け入れてほしいと思うなら、その代わりに、夫である自分が、
妻のだらしなさやいい加減さを受け入れる覚悟をしなければならないのは当然でしょう。
相手に求めるのと同じくらい、自分も相手を受け入れる必要があるわけですから。
それが夫婦ってもんでしょう。(笑)
完璧でない自分をさらけ出せる相手だからこそ、「家族」になれるのだと思います。




更新の励みになりますので、応援クリックお願い致します!
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓          
   にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ     
  オランダやヨーロッパ情報ブログのランキングです♪


関連記事
Last Modified : 2016-03-25