オランダ生活お役立ち情報~庶民的生活~

約1000記事にも及ぶオランダ関連記事を掲載しています。詳しくは、右の列「カテゴリ」をご覧下さい♪
Top Page › 本のご紹介 › “ありがとう”があなたを美しくする
2016-10-04 (Tue) 09:00

“ありがとう”があなたを美しくする

10月に入りましたね。
今年は、本当にたくさんの本を読んでいるPOPULAですが、
多い日には、4冊ほどの本を読み終えてしまいます。
少々、読書中毒気味かも…。(汗)

それではまたしても、あちらの本の中から。

======================

○“ありがとう”があなたを美しくする

・どこにフォーカスするかで幸せ度が決まる

確かに、“不幸”の渦中にあるときは、不幸にしか目が行かなくて、
不幸に大きくフォーカスしてしまいがちになります。
生きていることだけで、いっぱいいっぱいになってしまうかもしれません。
しかし、不幸な中にも、小さな小さな幸福に焦点を当てて、
それを拡大鏡で見るが如く、ずーっとそれを見られるようになると、
自分の視野には、その幸福な事柄だけがどんどん大きく写ってくるのです。
そうです。私たちは、小さな幸せに感謝する気持ちを持ち、
心からの“ありがとう”を習慣にするだけで、いとも簡単に
自分の住んでいる世界を「幸せ」という眼鏡で見ることができるようになります。
そうすることで幸せのスパイラルに乗ることができるのです。
もちろん、苦しいことの渦中にあるときは、周りが見えなくなることもあります。
でも、その渦中にあるときこそ、その中から、
いったん、ポーンと意識だけ飛び出して、
不幸に浸っている自分を第三者目線で眺めてみることで、
必要以上に悲しむことも落ち込むことも少なくなります。

======================

私自身、結婚するまでは全く御縁のなかった心療内科に、
結婚してからは何度か通わないといけなくなりました。
独身時代には関係なかった多くのストレスを抱え、
様々なうつ症状が発症してしまい、呼吸が難しくなってしまったからです。
オランダに行く前、日本に帰って来てからも、心療内科へ行きました。

著者もおっしゃっているように、不幸の渦中にいるときは、
その不幸以外に目が向かなくなって、視野狭窄に陥っています。
毎日、なんとか“吸って、吐いて”の息をして、食事をとって、きちんと寝て、
翌朝を迎える…ということだけで、精一杯になります。
だから、そんな状況に自分があるときに、
不幸の中に幸せを見つけるということは、正直難しいと思います。

でも、そんなときだからこそ、
無理やりにでも「ありがとう」と口に出すようにすれば、
ひょっとしたら、出口が見つかるのかもしれません。
そして、自分を客観視できるようになれば、不幸から脱出し、
幸せに向かって歩めるようになるのかもしれません。

「うつ」がひどい時には、女性として美しいとは言えないでしょう。
だからこそ、日々「ありがとう」と口に出せれば良いですよね。
ちなみに私は最近、独り言のように「ありがとう」と口にするようにしています。
自転車に乗っているとき、道を歩いている時など、
声に出して「ありがとう」と言うようにしています。
なんとなく、気分が明るくなるような気もしています。
しばらく、続けてみようと思います。




更新の励みになりますので、応援クリックお願い致します!
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓          
   にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ     
  オランダやヨーロッパ情報ブログのランキングです♪


関連記事
Last Modified : 2016-10-06