1週間で美人に魅せる女の磨き方

2018/01/17 (水)  カテゴリー/本のご紹介

さて、今日からご紹介するのは、こちらの本。
女性の方々には、興味をそそられるタイトルではないでしょうか?

1週間で美人に魅せる女(わたし)の磨き方


自己啓発本ですので、女性に限らず、
男性の方でも、結構刺激を受ける内容ではないかと思います。

それでは早速、印象的だった個所をご紹介しましょう。

==============================

●嫌われてもいいというスタンス
あなたは、人に嫌われるのが怖いタイプ? 
または、他人目線がとても気になるタイプでしょうか?
このような気持ちは、ある意味“恐れ”の感情です。
ネガティブな感情ゆえに、
自分自身に制限をかけてしまうのはもったいないこと。
バランスを保ちながら、嫌われることを恐れなくなったら、
どれだけのびのびと、楽に生きることができるでしょうか?

誰にでもいい顔をする人は、誰とでも付き合うので、
自分が苦手な人、嫌いな人もたくさん寄ってきます。
考えてみれば、嫌いな人にも好かれたい、とい考えはおかしいですよね?
その気持ちから解放されると、とても楽になります。
まずは、嫌われることのメリットをしっかり覚えておきましょう。

【嫌われるメリット】
①あなたのことを嫌いな人は寄ってこなくなるので、好きな人しか残らない
②面倒な頼まれごとが少なくなる
③周りの目を気にしなくなるので、自分の決定に迷いがない
④他の人の意見で揺れることがない
⑤余計な誘いがないので時間ができる
⑥余計な気を遣わないので心が楽になる
⑦嫌なことはキッパリ断れるようになる

ハッキリ言えば、どんなにすばらしい人格者も、
たとえ歴史に名を残した偉人であっても、
地球上のすべての人から好かれているわけではありません。
嫌われることを恐れないで、
自分の意見や気持ちを率直に相手に伝えましょう。
これには、楽になるからという以外に、もう一つ理由があります。
それは、他の人に信頼されるからです。
自分の気持ちをはっきり伝えると、自分の主張に一貫性が出てきます。
一貫性がある人というのは、一本筋が通っているので、
相手には信頼できる人に映ります。
誰にでも合わせるカメレオンのような人とは違う人に見られるわけです。

では、最後にもう一つ質問です。

「あなたを嫌いなその人は、あなたが人生を歩む上で、
 どれほど必要な人でしょうか? どれほど重要な人なのでしょうか?」

あなたが折れて、おべっかを使ってでも、
お付き合いをしたい人なのでしょうか?
他人目線が気にならなくなると、思いきった行動ができます。
誰に何を言われてもブレない、揺れない、
確固とした人生を歩んでいくことができるでしょう。

==============================

私は子どもの頃から、親に「よそはよそ、うちはうち」と言われて育ったからか、
“我が道を行く”人生を当たり前として歩んできました。
つまり、「人からどう思われようと気にしない」ということ。
私を好きな人だけが周りにいてくれれば、それで十分。
当然、私のことが嫌いの人もいるわけで、そういう人は離れてくれてOK。
好きなように生きていれば、嫌われて当然なわけです。

嫌われることを不安に思っていては、自分らしく生きることは難しい。
自分にとって必要な人は、自分を嫌う人ではないはずです。
書かれていた「嫌われるメリット」は、私も体験済み。
一番良いのは、「他の人の意見で揺れることがない」でしょうか。
大勢に流されるストレスは感じません。

自分を曲げてまで合わせなければならない相手かどうかをきちんと見極め、
無駄な関係はリストラしてしまうのも、自分の人生を生きるには必要です。
自分軸を確立し、ぶれずに生きていける1年にしたいと思います。




~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ← オランダのブログがいっぱい!
  ← ヨーロッパのブログがたくさん