オランダ生活お役立ち情報~庶民的生活~

約1000記事にも及ぶオランダ関連記事を掲載しています。詳しくは、右の列「カテゴリ」をご覧下さい♪
Top Page › 本のご紹介 › もう一人の私の誕生
2018-08-01 (Wed) 09:00

もう一人の私の誕生

8月に入りました~!
皆さん、溶けていませんか?(笑)

さて今日も、前回からご紹介し始めたあちらの本から、
印象的だった個所をご紹介したいと思います。

================================

●もう一人の私の誕生
江戸末期、風外本高禅師という方が、大阪の破れ寺に住んでおられ、
ある日、川勝太兵衛という富豪が人生相談にやってきました。
太兵衛色々と悩みを訴えている。そこへ一匹の虻が飛びこんできました。
立てつけの悪い戸の隙間から飛びこんできた虻は、
自分がここから出ようと思う方向の窓に勢いよくぶっつかり、失神して畳に落ちました。
しばらくするとモソモソと起きあがり、
また同じ窓にぶっつかっては落ちるという愚を、繰り返し始めました。
(略)
「(略)この寺は有名な破れ寺で、窓も障子も破れているし、立てつけもガタガタ。
 どこからでも出てゆくところはあるのに、ここからしか出られぬと思って、
 そこへ頭をぶっつけてはひっくり返り、ぶっつけてはひっくり返り…。
 こんなことをしていたら死んでしまうわいな。
 しかし、かわいそうなのは虻ばかりじゃないの。
 人間もよう似たことをやっておりますなあ」
(略)
この話から二つのことを学んでおきたいと思います。
一つは、虻が「ここからしか出ていけない」と頭をぶっつけつづけている。
角度を変えてごらん。
前ばかり見ていないで、右を、左を、上を、下をと、目をてんじてごらん。
姿勢を変えてごらん。どこにでも出口はあるよ、と語りかけています。
もう一つの学びは、人は悲しみ、苦しみにぶっつかることで、立ち止まり、ふり返る。
どこが悪かったのかとそれまで歩んできた自分をふり返るもう一人の私が誕生します。
虻でしかない自分に気づくためには、虻でない自分の目がそなわらなければなりません。
虻でしかない自分と、虻でない自分との対話です。
(略)

================================

私、このお話を読んだ時、
本当に「人間って、こんな感じだよね」って、笑ってしまいました。
このアブのような生き方をしている人が(私を含めて)如何に多いことか。

心の悩みを抱えて、辛い自分に埋没してしまっているときって、
自分以外が全く見えなくなってしまっっている、いわゆる「視野狭窄」状態。
辛い状況から抜け出すためには、「この一点」をクリアしなければ…、なんて、
自分で出口はひとつしかないと決めつけ、何とかしてそこから出ようと、
必死でもがき苦しむんだけれど、いつまで経っても出られない。
視点を変えて見れば、他の出口もあるのに、それがわからない。
私自身、そんな時期を過ごした経験があるので、とても共感しました。

そして、視野狭窄に陥っている自分と、もう一人の自分が、
時間をかけて、丁寧に対話を繰り返す作業をし続けた結果、
私は、自分が長年抱え込んでしまった苦しみから逃れられたのです。
「虻でしかない自分に気づくためには、
 虻でない自分の目がそなわらなければなりません」
とありましたが、まさにその通り。
私は、「虻でない自分の目」をどうやって獲得したかと言えば、
大量の本を読むことによって、もう一人の客観的に物が見られる自分と出会いました。

人が人間としての成長をする過程において、必ず悲しみや苦しみ、挫折を経験します。
でも、それがあるからこそ、これまでよりもより高次の視野を獲得でき、
心穏やかに生きる術や知恵を得ていくことができるのだと思います。
どんな辛いことであっても、決して人生にとって無駄なことはないと思います。




更新の励みになりますので、応援クリックお願い致します!
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓          
   にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ     
  オランダやヨーロッパ情報ブログのランキングです♪


関連記事
Last Modified : 2018-08-06