オランダ生活お役立ち情報~庶民的生活~

約1000記事にも及ぶオランダ関連記事を掲載しています。詳しくは、右の列「カテゴリ」をご覧下さい♪
Top Page › 本のご紹介 › 大人の人間関係
2019-04-08 (Mon) 09:00

大人の人間関係

子どもたちの新学期も始まり、
お母さん方はまた新しい「普段の生活」を始めておられることと思います。
新年度は色々とお忙しいと思いますが、頑張って下さいね!

では今日も、あちらの本からご紹介しましょう。

=============================

Chapter 6 大人の人間関係を身につけるために
51 お世辞の達人は、裏で気の遠くなるような努力をしている。
(略)
経営コンサルタントとして1万人以上のビジネスパーソンたちと面談して
気づかされたのは、第一印象と人の本質は逆だということだ。
表向きはとても明るく元気に振る舞って、
何の悩みもないと思っていたような人がある日突然ポキリと折れてしまう。
意外なことに気が弱そうでやけに腰が低かった人が、
実は強情で傲慢だったという例は枚挙にいとまがない。
自分の本質を隠すために、第一印象では本来の自分とは逆を演出している。
(略)


53 コミュニケーションは、話す力より聞く力。
相手の話が終わっていないのに、あなたが話し始めないこと。
いかなる場合もこれを貫徹するだけで
コミュニケーションにおいて大きなトラブルになることはない。
長い話にムッとしてあなたが相手の話を途中で遮れば、相手もムッとする。
(略)
焦らず黙って最後まで聞いてあげることだ。
(略)
それに人の話を最後まで聞いてあげれば、
あなたのほうが主導権を握りやすい。
(略)
相手の話を最後まで聞けない人は、
周囲からバッシングされて自滅する。

~途中で話を遮るより、最後まで聞いてあげたほうが早く終わる~


59 異国の地への最高の手土産は、自国の話。
これから異国の人との付き合いがスタートする際に、
大切なのは、
異国についてよく知ることではない。
そんなのは事前にどれだけ調べても百聞は一見に如かず。
まず日本についてよく知ることである。
日本についてわかりやすく語れることである。
(略)
コミュニケーションのきっかけは
あなたが日本についてどれだけ語ることができるかである。
日本の歴史の概要や、地理、政治経済について、
わかりやすく語れるようにしておくことが
コミュニケーションのハードルを下げる最短コースなのだ。

~異国の人を喜ばせるために、もう一度日本について復習する~

=============================

最初のパートから。
ここに書かれていること、自分自身のことだったり、
身近な人のことだったりと、納得できるのではないでしょうか。
「自分の本質を隠すために、第一印象では本来の自分とは逆を演出している」
という人たちは、本当に多いのだろうと思います。

私自身について言えば、「そうではない」です。(笑)
子どもの頃から、「私は私」「嫌うなら嫌ってもらって結構」という感じで、
「周りからいい人と思われたい」とか、あまり思ったことがないんです。
もちろん、仕事上で演じなくてはいけない役割があることも多かったので、
それはあくまでも「仕事」と割り切ってやってきましたけどね。
基本は「私らしく」「自然体で」という生き方が、私の生き方。
だから、その「自然体の私」を嫌う人がいるのも自然なことですから、
「嫌ってくれて結構」と思ってきましたし、今もそう思っています。

続いてのパート。
これ、「そうそうそう!!!」と思われた方、多いのでは?
特に、「夫婦間」で起こりがちなように思います。
「妻の話を聞くのが面倒臭い」とつい思ってしまう夫が、
とりとめのない、いつまで続くともしれない妻の話を早く終わらせたいと思い、
落語で言うところの「枕」の部分しか話していない妻の話を遮り、
自分の話に持っていったり、性急に結論を出そうとしたりする。
で、とどのつまり、夫婦のコミュニケーションがうまく取れず、喧嘩になったり、
夫婦仲が悪化するという負のスパイラルに陥っていくわけです。
概して、男性よりも女性の方が聞き上手。
世の男性は、妻以外の女性には気を遣えても、
一番気を使わなければいけない妻を蔑ろにし過ぎではないでしょうか。
とにかく「妻の話を最後まで聞いてあげる」ことができる夫が、
人生の勝利者になれるのではないかと思います。

最後のパート。
これは、今、海外で生活しておられる方を初め、
私のように、海外生活経験をしたことがある方たちにとっても、
非常に納得できることですよね。

「異国の人との付き合いがスタートする際に、 大切なのは、
 異国についてよく知ることではない」
「まず日本についてよく知ること」 「日本についてわかりやすく語れること」
「日本の歴史の概要や、地理、政治経済について、
 わかりやすく語れるようにしておくことが
 コミュニケーションのハードルを下げる最短コースなのだ」
本当に、その通りだと思います。
私も、オランダ生活を始める前に、もっともっと日本について勉強しておけば、
オランダで色んなことを伝えられたのに…と、猛烈に後悔しました。
後の祭りではありましたが、帰国してからは
きちんと理解できていない近現代史についての専門書を読み漁り、
明治天皇から今上天皇に書かれた専門書、世界大戦に関する専門書、
日本の歴史について、たくさん勉強しました。
もし、これから海外生活を始める方がこの記事をご覧になっておられたら、
是非、日本を離れる前に、特に日本の近現代史や天皇の存在の意味、
日本の文化や産業について、浅く広く…というよりは、少し掘り下げて、
さらに、自分の得意ジャンルを一つ作れるくらいは勉強して頂ければと思います。
そのことが結果的に、あなた自身の価値を上げることに繋がるからです。

次回も、こちらの本からのご紹介です。




更新の励みになりますので、応援クリックお願い致します!
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓          
   にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ     
  オランダやヨーロッパ情報ブログのランキングです♪
関連記事
Last Modified : 2021-01-03