心をどう保つか

2019/08/11 (日)  カテゴリー/本のご紹介

日本では昨日から、長期夏季休暇に入ったという方も多いのでしょうね。
ここ大阪は、酷暑に見舞われており、出かける気力がありません。
とはいえ、昨年の狂暑(←私の造語)に比べれば、今年はマシです。
電気料金が、昨年同月に比べて下がっていました。(笑)

さて、今日もあちらの本から印象に残った個所を。

=================================

第Ⅳ部 心をどう保つか
<運>
最善の努力を尽くしたら、あとは神の意思にゆだねなさい。
そして神の決めたことに納得しなさい。
---------------------------------ユダヤの格言

<知識>
あまり賢くない人は、自分が理解できないことについては何でもけなす。
---------------------------------ラ・ロシュフーコー

知識に投資することは、常に最大の利益をもたらす。  
---------------------------------ベンジャミン・フランクリン

<読書>
読書の習慣がある人とそうでない人とでは、
人生の充実度にだいぶ差がついてくる。
それにはふたつの理由がある。
第一は、読書は情報を得るのに最も安価で確実な技法だということだ。
あなたがロシアとの石油ビジネスを考えているとする。
そのために専門家にあって3時間話を聞けば、
コンサルタント料で数十万円を支払わなければならない。
コンサルタント料は払わず、誰かのツテで
ホテルのレストランのランチに招待し話を聞いたとしても、2~3万円はかかる(略)。
そこで得られる情報は、新書本一冊分にも満たない。
ロシアの石油関係の入門書や専門書は、
2万円もあればほぼすべて買うことができる。
インターネットの情報は無料だが、信頼度が低い。
そして信頼できるネットの情報のほとんどは、書籍か学術論文がオリジナルだ。
学術論文は素人には理解できない場合が多いので、
現実的には書籍から情報を得るのがもっとも堅実な方法なのである。
第二は、読書によって人生を代理経験することができることだ。
他人の成功だけでなく、失敗から学ぶことも重要になる。(略)

本というものは、わずか数行でも役に立てば、
それだけで十分値打ちのあるものだ。 
---------------------------------津田左右吉

<心の保ち方>
何事もゆきづまれば、まず、自分のものの見方を変えることである。
案外、人は無意識の中にも一つの見方に執して、
他の見方のあることを忘れがちである。
---------------------------------松下幸之助

<転機>
人間には、必ず人生の転機を直感し、
的確に判断できるかどうかを試される時が何度かある。
---------------------------------アントニオ猪木

現在の能力で、できる、できないを判断してしまっては、
新しいことや困難なことはいつまでたってもやり遂げられません。  
---------------------------------稲盛和夫


第Ⅴ部 人生の場面
<臨終の言葉>
人は死の間際になってはじめて、本気で生きてこなかったことに気づく。 
---------------------------------ヘンリー・デイヴィット・ソロー

=================================

さて、最初のユダヤの格言。
これは、ここ数年、私が実践している生き方と重なります。
「人事を尽くして天命を待つ」ということ。
何の努力もせず、運を天に任せるのではなく、
自分でできることは精一杯やり遂げ、その結果は天に任せるということです。
その決断をしたら、結果がどうであれ受け入れる。
この謙虚さが、人を成長させるのだと思います。

ロシュフーコーの言葉。
これも、皆さん、納得されるのでは?
身近にいませんか?こんな人。(笑)
夫だったり、親だったり。鬱陶しいですね。(苦笑)
本当に賢い人は、周りの人すべてが師であるという認識を持ち、
常に謙虚で、学ぶ意識を持っているのです。

そして、ベンジャミン・フランクリンの言葉。
これは、彼自身の生い立ちから彼が出した結論。
本当に、その通りだと思いますよね。
「所有物」にいくらお金をかけたって、所詮、「物は物」。
丸裸にされてもなお残るものは、自分自身が得た知識なのです。
そして、知識があればこそ、知恵が生まれる。
その知恵が、その人をすごい人にするのです。

「読書」に関しても、色々と書かれています。
私はここ4年半ほどで、二千数百冊の本を読んできましたが、
(今も常に、図書館の本が15冊置いてあり、
 このうちまだ読み終えていないのは、3冊のみ。
 もちろん、この3冊も途中まですでに読んでいます)
「読書は情報を得るのに最も安価で確実な技法」とあるように、
図書館で借りれば無料で相当の知識を得られるわけです。
また、「読書によって人生を代理経験することができる」のも事実。
これも、とても大切なことだと思います。

津田左右吉の言うように、
「本というものは、わずか数行でも役に立てば、
 それだけで十分値打ちのある」と思います。
1冊読んで、全ページの中でたった一言でも大切な言葉に巡り合えたら、
それで人生が変わってしまうこともあるのです。

松下幸之助、アントニオ猪木、稲盛和夫らの言葉も、
私にはとても響きました。
実際に自分が経験したからこそ、この言葉が真実であることがわかります。
人生には、生死と向き合わなばならないことも含め、
どのタイミングかは人それぞれですが、「大きな転機」が生じるのです。
これまでの人生が何かおかしかったから、
「正しい方向に歩みなおさないといけませんよ」と、「転機」が訪れます。
そのとき、自分の考え方の癖を冷静に、客観的に知ることや、
孤独に身を置き、自分を深く掘り下げる作業を繰り返すなど、
自分の人生と真剣に向き合ったとき、困難を突破できる「何か」を得られます。

そして、最後のヘンリー・デイヴィット・ソロー の言葉。
ドキッとされた方も、多いのではないでしょうか?
私は40代半ばに、幸いにも自分の人生を見直すチャンスを頂き、
大幅な軌道修正をかけることができました。
そう、「本気で生きる」ために。
誰かの犠牲になる生き方ではなく、自分が幸せでいるために生きる。
そのベースには、社会に、他人に、喜んでもらえる生き方があります。
周りからたくさんの「ありがとう」「勇気をもらった」「元気をもらった」という
言葉をかけてもらえることが、自分の幸せに直結するのです。
人に何かを与えたいなら、自分がまず、その与えたいものを持っていなければ、
与えたくても与えることができないことに、ようやく気が付いたのです。
周りを笑顔にしたければ、私を虐めることで生きがいを感じるような人とは縁を切り、
毎日、幸せと喜びを感じられる生活を取り戻し、イキイキと生きることが重要。
常に「死」を身近に置き、その「死」を見つめつつ、今を丁寧に生きる。
この生き方をし始めてから、私は本当に幸せです。
死に際に、私はきっと、「あ~、いい人生だった」と言って死ねるような気がします。

これにて、こちらの本の紹介は終了です。




更新の励みになりますので、応援クリックお願い致します!
      ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓          
   にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ     
  オランダやヨーロッパ情報ブログのランキングです♪