オランダ生活お役立ち情報~庶民的生活~

約1000記事にも及ぶオランダ関連記事を掲載しています。詳しくは、右の列「カテゴリ」をご覧下さい♪
Top Page › 未分類 › その後。
2022-06-12 (Sun) 07:47

その後。

オランダの思い出を、時の経過とともに書き綴ろうと思ってから、
なかなか筆が進まない状態が続いております。(汗)
前回の記事でも少し書きましたが、実は私の脳に異常が見つかり、
CT、血液検査、MRI、MRA、その他様々な検査…を受けておりました。
大阪ではそこそこ有名な大きな病院で診てもらっているのですが、
先日、現時点での結果が出ました。

先生の予想では「良性腫瘍の可能性が高い」だったのですが、
幸い(!?)「嚢胞の可能性の方が高いかも」という結果となり、
急いで手術するのではなく、経過観察できることになりました。

先生からは
「すでに手術適用の状態ではあるから、手術するというならするよ」と言われましたが…。
とはいえ、来月頭にもう一度CTを撮らなければならず、
短期間で2回もCTを受けることによる被曝が私にとっては非常に残念。
味噌をしっかり食べなければ…。

今後は数カ月おきにMRIを受ければいいだけなのですが、
嚢胞か腫瘍かはっきりしない物がこれ以上大きくなると、
やっぱり手術しなければならなくなるので、そうなると結構厄介。

全身麻酔で8時間の手術だし、入院期間はうまくいって3週間。
しかも、脳を触るというのは、様々な合併症の怖れとともに、
最悪すぐ隣を走っている動脈を傷つければ死にます。

これ以上、それが大きくならないことを祈りつつ、
万が一の日のために、少しずつ身辺整理(終活)をしていこうと思います。


ここ数年、“一日一生”の思いで毎日を生きてきたので、
今回「死ぬかも…」という可能性を突き付けられたところで、心が全く騒ぎませんでした。
「ああ、そうですか」という感じ。淡々と受け止めました。
心は今も穏やかです。

人は生まれてきた以上、いつか必ずこの世を去ります。
病気であればある程度の猶予はありますが、
事故や災害に逢えば、その日は突然にやって来るのです。
だからいつも、人生最後の日を常に心に留め、
今を、この瞬間を、一生懸命丁寧に生き切ること。
これが、今私が実践している生き方であり、これからも続けていく生き方です。

仕事にも恵まれ、良い仲間にも恵まれ、素晴らしい友人にも恵まれ、
生活には困窮しておらず、目が見え、手が動き、歩くことができ、
耳が聞こえ、声も出るし、匂いが嗅げます。
本当に毎日が幸せです。


publicdomainq-0012545mwalwh.jpg


幸せの数を数えたら、本当にきりがありません。
「当たり前」のことなんて、何もない。
全てが恵み、天からの贈り物です。
そのことに気が付けば、毎日が幸せで満たされていることが理解でき、
感謝でいっぱいになります。
だから、いつ死んでも悔いがないのです。

私はいつかこの世を去るその日まで、毎日を幸せに満たされて生きる人生を選びます。




~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ← オランダのブログがいっぱい!

  ← ヨーロッパのブログがたくさん]


関連記事
Last Modified : 2022-06-12