オランダ生活お役立ち情報~庶民的生活~

約1000記事にも及ぶオランダ関連記事を掲載しています。詳しくは、右の列「カテゴリ」をご覧下さい♪
Top Page › 未分類 › 死ぬかと思った…
2023-08-02 (Wed) 08:34

死ぬかと思った…

ヨーロッパでも熱波に襲われている国があるとか。
今年は日本も含めて、世界中でとんでもなく暑い夏になっています。
私が暮らすここ大阪でも、連日「酷暑」に襲われ、体力を奪われています。

職場でも、なんと20代の若者(男性)が次々とコロナにやられ、交代で休みがち。
フルメンバーでの仕事ができない状況が続いています。
そのうちの一人は、後遺症外来を受診せねばならないほど。
味覚・嗅覚障害はもちろんのこと、目の焦点が合わなくなっています。

私は今の職場で最高齢なのですが、今のところ、一番元気なんです♪
昨年12月から、ずっと漢方薬を飲み続けているのが、功を奏しているようです。
老化に伴い、体の痛みや視力の悪化などは当然ありますけどね。


さて、これまで夏の間、私はほとんどクーラーをつけることなく、
毎晩眠ることができていた人なんです。
そもそも、昔からあまりクーラーが好きではないから…ということに加え、
電気代節約のためにも、寝る際は扇風機を愛用してきました。
去年も一昨年も、エアコンを稼働させたのは1年で1~2日だけでした。

ところが今年は、とんでもない暑さと湿度!!
私は、暑さに耐えられないというより、湿度に耐えられないようです。
つい一昨日の夜、いつものように肩と足を冷やさないように着替え、
扇風機を回して寝ようとしたとき、いつもは感じない息苦しさに見舞われました。


「ん?? これは、危ない!!!」


大学生の頃、まだ世間には「日射病」「熱射病」という言葉しかなく、
室内で「熱中症で死亡する」という知識を皆が持っていない頃、
私はまさに「室内」で「熱中症」になり、死にかけたことがあります。
だからこそ、「無理はしない」ことを大切にしていますので、
クーラーをつけて寝ることに。

ただ、とっても贅沢な使い方をしておりまして…。
実は、我が家のクーラーは寝室にはついておらず、隣の部屋についています。
幸い襖で隔てられているだけなので、襖を開けて寝るわけです。

クーラーの羽根の向きを下にして、その先に扇風機を。
受けた冷気を私が寝ている寝室に向けて、扇風機で送るという段取り。
つまり、エアコンからの冷気を扇風機を通すことで緩和し、
少しやんわり感のある冷気を私の身体に当てているんです。
2間合わせて14畳ほどの部屋を冷やすことに加え、
扇風機も併用するので、電気代はかかってしまうのですが仕方ない。
死んでしまっては、元も子もありませんから。

一昨日から始まったこの寝方。
自分の体感で「危険」と判断した夜は、しばらく続きそうです。
もちろん、枕元にはいつでも飲めるように水をスタンバイ。
それから、2間が冷えたら設定温度は30度まで上げてセット。
クーラーのオフタイマーは、4時間後にセット。
扇風機のオフタイマーは、2時間後にセットしています。
これでなんとか、朝4時半頃までは眠れています。
あ、布団に入るのは、22~23時頃なので、5時間以上は確保できていますよ。

早く起きたら、家事をスタート。
同時に、パソコン作業もまだ何とか涼しいうちに済ませます。
(今も、扇風機の風を受けながら、首には保冷剤を巻いて作業中…笑)

オランダも暑いかもしれませんが、今の日本の暑さに比べたら随分楽だと思います。
とはいえ、日本ほどクーラーが普及していないのは辛いですよね。
どこにいても、お互い踏ん張って、この夏を乗り越えましょうね!

27332676_s.jpg

清流の中で咲く梅花藻で、涼をプレゼント♡




~~あなたのクリックが、元気の源です!~~
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります♪
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ← オランダのブログがいっぱい!

  ← ヨーロッパのブログがたくさん!


関連記事
Last Modified : 2023-08-02