市会議員さんも、ダッチ式!

2010/04/22 (木)  カテゴリー/オランダらしさ

さて今日は、つい先日見かけた、
「オランダらしいな~」と感心・感激したときのお話です。

アムステルフェーンの市役所は、
ボス公園の南にあるDe Poelという池の端に建っています。
ダッチデザインの、日本ではよもや市役所とは思えない外観ですが、
P1020173a_20100421214338.jpg
こちらの建物では、もちろん市議会が行われています。
つまり、アムステルフェーン市のHPや新聞などで、
よく見かける市会議員さんたちが通って来ているわけです。

因みにこちらが、市役所正面。
P1010476a.jpg
桜が満開の時に撮影しました。
この市役所近くには、立派な自転車専用道があり、
その脇には立派な木立があります。
この道を自転車で通っていた時のこと、自転車を端に寄せ、
自転車を降りて、携帯電話で話している男性がいました。
あまり気にもせず通り過ぎようとした時…、
「あ!見たことある、あの人!」と気が付きました。

どなたかというと、
veenboer.jpg ※写真はアムステルフェーンHPより拝借
こちらの方。drs. A.G.S.M. Veenboer。
どうやらアムステルフェーン(オランダ全土?)は、
市長を中心に、6人の助役で構成されているようです。
(もちろん、他にも市会議員さんはたくさんいらっしゃいますよ)
で、こちらの方は、助役のお一人。
お顔は覚えていたのですが、実際にお見かけするのは初めてでした。

更にそのすぐ後、先ほど2枚目でご紹介した写真を撮っている時、
市役所から片手で掴んだリンゴを食べながら、(←丁度ランチタイムでした)
自転車に乗って颯爽と出てきた女性が、私の前を横切りました。
そこで、また「あれ?この人、知ってる!」と思ったんです。
その方とは…
tabak.jpg ※写真はアムステルフェーンHPより拝借
mevrouw J.E.M. Tabak。
この方はただ一人の女性助役なんです。

お天気も良く清々しかったこの日、立て続けに市会議員さん、
しかも助役さんをお2人お見かけしたわけですが、
お2人とも“チャリ通勤”!!いや~、素晴らしい!!!
日本ならきっと、「先生、先生」とはやされて、
見栄や体裁から、それなりの自家用車に乗って通勤しそうですが、
お2人とも、それほど高級そうな服装でもありませんでしたし(←私の個人的な印象)、
ごく自然に自転車に乗っていらっしゃったので、きっとほぼ毎日、
自転車通勤をしていらっしゃるのだろうと思います。
国として、国民に自転車の利用を推奨している立場上、
議員さんたちが率先して自転車を利用されるのは普通のことのように思いますが、
日本人の価値観からすると、この潔さには脱帽です!

議員だからといって、不必要な見栄は張らない…ってのが、
いかにもオランダらしくて、本当に素敵だな~♪ と思う出来事でした!




~~いつも応援、有難うございます~~
「確かに、助役さんが自転車通勤って、日本じゃあり得ないかも…」という方も、
「助役さんのランチも、オランダらしく“リンゴ”ってのが良いわね!(笑)」という方も、
この2つのバナーを1回ずつ押して下さると、更新の励みになります!
   ↓↓↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓↓↓
 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ